フォト

2018.04.16

イベントへ参加してきました。

昨日はClub135で、「中四国AFVの会」に参加をしに、福山まで。
ミリタリー作品に混じって、妖怪達もこそっと登場したクラブ展示卓の様子。

00p4151465
(会場風景と作品は後日、ブログにアップさせていただきます。)

イベントに来場くださったお客様。主催の岡山未完成の皆様と協賛クラブの方々、ゲストの金子さん土居さん山田さん鈴木社長に感謝いたします。
 
戦車模型でガヤガヤしながら気分はのんびり遊んだ一日でした。

                Club135  幻影画廊

2018.04.07

Club135メンバーへ

いよいよ迫ったイベント。

「中四国AFVの会」は、今月15日(日)福山の開催です。
受付はクラブでまとめてしますので、会場へはは挨拶だけでそのまま入ってください。
今回は11時開場となっています。
よろしくお願いします。
                 Club135

2018.03.30

ごそごそ蠢く

 妖怪ジオラマ製作ちゅう。

イモリ、キノコと雀、カラス、金魚と小物を登場させてみました。
風景ができたので、さぁて、いよいよ妖怪を作るとしますか。
180318c P3211301
P3291369 P3291373
あ、プラガもやんなきゃ。
                    Puce

2018.03.20

ジオラマ製作ちゅう。。妖怪で・・・

ツクモガミは古いモノに精霊が宿ることで化けます。古道具に、動植物などさまざま。

古道具「巾着」と「傘」
猫が変じた「火車」そして、古道具に感応した猫「ごとく猫」の物語を書きながら、ジオラマつくり。
180320a_2
                   puce

2018.03.11

イベントのお知らせ。

0018

イベントのお知らせです。
毎春開催されている 「中四国AFVの会」
今年は、4月15日(日)
広島県福山市の福山市市民参画センターで開催です。
戦車模型が趣味のひと、ジオラマ好き、がるぱん好き、プラモを楽しく遊んでいる方も興味いただけましたら、参加くださいませ。
_______________________
Club135のKさんに、
三原市「大浜屋模型店」へポスター掲示のお願いをしていただきました。
広島市内
「ボークス広島ショールーム」
「コレクターズショップ 茜(AKANE)」
に、ポスター掲示のお願いをしてきました。
135メンバーの皆様、よろしくです。                          

2018.03.10

模型しようか

先月は東京でドールハウス展を見てから、前原冬樹の木彫作品を観てきました。一木彫りに着色した作品のどれもが精巧で、くすんで汚れている。凄いモケイに会ってしまった ・・・
180227c
イベント打ち上げを鶏と馬で美味しく食べて喋って冬もお仕舞い。しばらくのんびりと・・・・と考えていたら、どうやらもう季節が変わったらしい。
  菜の花を食材売り場で見かけると、つい買って食べてしまう。春だ。
180304a
  戦車プラモを箱から出してみた。
                          Puce

2018.03.03

1/1000 宇宙戦艦ヤマト 2202版

00pb150519

【宇宙戦艦ヤマト 2202】
BANDAI  1/1000scale finished by YAGI
 お客様より依頼いただいて製作しました。バンダイのプラキットです。
00pb150504 00pb150508 00pb150510
 LEDはキット付属のものとは替えて、スイッチは展示台に移してあります。
00pb150522 00pb150524 00pb150532
船体側面と、艦橋後ろの展望室も発光可としました。
00pb150534 00pb150506 00pb150542
                       製作 Pucephalas
                      プケファラスHP▶▶▶

2018.02.25

ツクモガミ 「 ごとく猫 」

00p2161107
百鬼之図.25  【 ツクモガミ ごとく猫 】
粘土パテ原型  レジン複製品を着色  製作 八木一文
大きさ 5cmくらい
00p2161103 00p2161104 00p2161105

五徳は囲炉裏や火鉢で使われる道具だが、これを頭に被って松明を灯し呪詛に使うことがある。深夜、藁人形に釘を刺して相手を呪う。丑の刻参りは、恋敵を呪い殺す儀式である。遊郭でもそのような怨みごとが数々あったに違いない。

 遊女に飼われていたネコが、呪詛に使われた五徳に感応して妖怪変化したのが、「ごとく猫」である

 品川宿の伊勢屋には、猫が化けた遊女がいたらしい。夜中にこっそり起きて、客の食べ残した魚や海老をガリガリ食べるそうだ。その姿は猫に戻っている。

00p2161102  Pucephalas

鳥山石燕の画「ごとく猫」と河鍋暁斎の煙管を吸う猫の画を参考に、立体化してみました。

___________________________

この模型は、ワンダーフェスティバル2018冬の、SPICE-Oningyohanブースで展示販売させていただいたものです。

ツクモガミ 「傘」

00p2161092_2

百鬼之図.24  【ツクモガミ 傘 】
粘土パテ原型  レジン複製品を着色  製作 八木一文
大きさ 12cmくらい
00p2161088 00p2161091 00p2161090

古道具が百年を経て化けたの付喪神。それがつらなり京の町を歩く百鬼夜行。その様子を描いた百鬼夜行絵巻に「傘」が登場する。

  傘にはこんな話もある。和歌山の寺に吊らされていた傘が風に舞い上がり、吹かれるままに肥前国まで飛んで行った。舞い降りたのは山奥の集落。村人は傘を見たことがなかったので、天より下ったこのモノを神と間違えた。拝み奉られるうち、傘に精霊が宿ったらしい。

 社殿を揺らし喋った。ツクモガミに変じたのである。

 『油虫(ゴキブリ)が我が内に入ってきた、お前らが台所の掃除をサボるから虫が湧くのだ。今後一切、村に油虫を出してはならぬ。それと、もうひとつ望みがある、斎女(神に仕える未婚の女性)を置け。約束を破れば、村を滅ぼす』

 しかしひとりの女によって、あっさりと退治された。傘にたいした力はないのである。     (井原西鶴「西鶴諸国話」より)

01p2161087  Pucephalas

河鍋暁斎の描いた傘の付喪神の画を参考に、立体化してみました。

_____________________________

この模型は、ワンダーフェスティバル2018 冬の、SPICE-Oningyohanブースで展示販売させていただいたものです。

ツクモガミ 「きゅうそ」

00p2161093_2

百鬼之図 .26  【ツクモガミ 旧鼠(きゅうそ)】
粘土パテ原型  レジン複製品を着色  製作 八木一文
大きさ  3.5cmくらい。
00p2161099 00p2161097

平安時代の中頃、頼豪という高僧が憤死し怨霊に変じた。古鼠に宿った怨霊は、鉄の牙をもって延暦寺の仏像・教典を喰い散らかした。これは鉄鼠という妖怪だ。怨霊は祀られて静まったが、この時に家来となって暴れた鼠たちが、後の世にも同じような悪さをする。

 旧鼠(きゅうそ)という。

 鼠を退治するために唐土より連れて来られたのがイエネコだ。猫のなかにはネコマタに成って、旧鼠退治をする、猫の用心棒がいるらしい。 (猫の用心棒▶▶

00p2161094     Pucephalas

月岡芳年の画「頼豪阿闍梨・鉄鼠」を参考に、立体化してみました。

______________________

この模型は、ワンダーフェスティバル2018 冬の、SPICE-Oningyohanブースで展示販売させていただいたものです。

«ワンフェスに参加してきました。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ