2017.09.21

1/35 陸自 99式155mm自走りゅう弾砲

00p7273022_2

PITROAD  1/35  finished by YAGI
依頼をいただいて製作しました。99HSPは3度目、キットストレート組み汚し控えめ、マーキングは車体番号のみとの内容です。
00p7273024 00p7273029 00p7273034
00p7273027
          製作  Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/35 陸上自衛隊  10式戦車

00p7273021

TAMIYA  1/35  finished by YAGI
お客様より依頼をいただいて製作しました。タミヤの10式戦車は2度目の製作。キットストレート組み、汚しは控えめに。との内容です。ご希望で部隊マークなどは省いてあります。
00p7273006 00p7273011 00p7273018
                製作 Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.14

本日より 「猫の用心棒」 始まりです。

Nekomatapop02

中区袋町の 「 ギャラリー 茜 (AKANE)」で、猫又ジオラマの作品展をさせていただくことになりました。
本日 14日(木)から、10月30日(月)まで。
【ギャラリー 茜】
広島市中区袋町6−17   3F
(袋町小学校近く ・ 広島テレビ斜め前です。)
車と飛行機などの完成ミニチュアが並ぶお店のなか、ギャラリースペースでの展示ですので気軽にどうぞ。営業 11:00 から 18:30  (火・水は定休日)
00p9113069 この看板を目印に、
今回はネコマタに絞っての展示として、江戸時代の怪談集「耳袋」にある猫の怪異を元に製作したジオラマと、物語を添えてみました。
旧鼠に狙われた娘を救う、ブチ猫とトラ猫の物語。
ジオラマ新作「ブチ猫又・底抜け桶の決闘 」
                   「ろっく猫又・苔むす森を歩く」
                   「猫又と蝙蝠」
                   「猫又とホオズキ人間」
春に展示した
  「猫又、枕元で踊る」 「猫又の誕生」も飾っています。
 ゆっくり眺めて、読んでいただけると嬉しいです。
00p9113065
新作の「ろっく猫又」「ノリノリこうもり」「巾着」の単品展示と、販売もされています。
00p9113062_3
単品のろっく猫又は、イベントとは着物の色を変えてあります。
ご興味いただけましたら、猫又たちの活躍をどうぞ観てやってください。
                                         Yagi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.05

たまには物を書いてみる。

 猫又のジオラマ4作が仕上がって、今日の休みは模型に触らない、妖怪関係の本も開かないと決めた。といっても、ジオラマ展示に添える物語を書かないといけないので、下書きを推敲する。

 猫の怪異話しで創作してみた。

 家で猫を飼っていないので、猫を知るためには、友人にその様子を聞いたり、テレビのネコ番組を観たりしてほんの少しだけ可愛さが解った気になる。     散歩ちゅうに見かけた野良猫に近づくもすぐ逃げられる・・離れたところから眺めて、なんとなく面白がる。

 家の本棚から引っ張り出した猫に関してのもの、内田百閒の「ノラや」は何度読んでも切ない。行方知れずとなった飼い猫を、いつまでも待つ実小説だ。

柳田国男の「猫の島」は、怪異話しが生まれる元として楽しめる。

井伏鱒二の「庭前」は、飼い猫と一緒に作者がマムシ退治をする話し。前段では庭にいる小さな虫たちの行動が細かく描かれ、

 (この人がジオラマ作ったりしたら、巧いのだろうなぁ。作家の観察眼に感心させらる・・まてまて、だから小説家になれるのじゃぁないか)

 猫が蛇と闘う様が丁寧に書かれている。

 谷崎潤一郎?だったかな・・・猫の尻尾が自分についていれば、面倒な応対は寝転んだまま尻尾で応えることができるのに。そんなことを、書いていたのは。

 ほとんど部屋で寝っ転がってPC作業したり、本を読んでいたので、なんとも自分らしい一日。夕方に窓から入る風が涼しい。

 ニンニクを効かせたタレに鶏肉を漬け込んでいたのを取り出して、食事の支度。休日だ、早めのお酒でいい、氷を入れて焼酎を注ぐ。つけ合わせにオクラをバター炒めして、チーズを入れる。少し焦がして醤油で香ばしく仕上げ。

 もう湯割りでいいかとお酒を注いで、オクラの味見。わさび入チーズにしたのがよかったのか、いつもと味が違ってちょっと美味い。食卓に行く前に、3分の1は台所で酒の肴になってしまう。

 さぁて、あとは書類を印刷して今回の遊びは完了だ。

 

 こんなジオラマを作りました。

170905a

                       Puce

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.29

情景百鬼之図 「猫又誕生」

00p8283111

【 禿の猫又、誕生を祝う】
Fullscratch  Non scale   製作 八木一文 /SPICE
  桜の木のなか、白猫がネコマタへと変化しているところ。
  飼い猫は3年で化けられると云われます。
  禿姿の猫又は、三味線でその化け様を祝います。
00p8283119 00p8283124_2 00p8283115_2
丸まった白猫の尻尾が二股に、
梅花柄の着物、薄と女郎花柄の着物の禿猫が弾く三味線の律動も激しくなって、
00p8283129_2 00p8283131
山桜の花は揺れ、メジロも謡う。
00p8283137
猫又誕生
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ベースは葉書サイズ。
フィギュアは粘土パテで原型を作り、レジン複製したものを組立て着色しています。
ジオラマにはバルサ、スチレンボード、半紙、プラ材などを使用しました。
                   2017.04  製作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情景百鬼之図 「猫又、枕元で踊る」

P3143075_2
ツクモガミ 【 踊る猫又 】
Fullscratch  Non scale  製作・八木一文 / SPICE
猫は化ける。
  踊っている姿は、ナニかに化けようとしているのかもしれない。
美女に化けるし、美少年にも、巨人に変化することもあれば、愛らしい子猫に化けて人を騙した老猫又もいます。ただ、ほとんどの猫は下手くそなので、なかなかうまく化けられないから、ただ踊っているようにみえるのです。
  手拭を被っていたら間違いなく、それは狐に術を教わった猫又だ。
P3143080 P3143084 P3143089
月夜、そろりそろりそろり
屋敷に忍び込んできたネコマタ、家主の枕元で踊る。
P3143090 P3143088
ベースは葉書サイズ。
フィギュアは粘土パテで原型を作り、複製品を組立て着色したものです。
大きさは6cmくらい 。ツクモガミ 「踊る猫又」解説
ジオラマは、スチレンボード、プラ材、バルサ、紙などを使用。
P3143093_2 P3143094        
                              2017.03  製作         
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.24

夏のツクモガミたち、

夏も終わりころ

170824e 170824f 170824g
朝顔咲いて、鬼灯の実がなって、キノコが生えました。
そろそろ猫又たちの登場です。
 ツクモガミ新作 3点と、いま製作中のジオラマ4点を、コレクターズショップ茜(広島市中区袋町)さんで展示させていただけることになりました。詳細は近日中に、お知らせします。
                Puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.19

金魚と付喪神で、

お盆休みは、ツクモガミのジオラマに、レジンを流し、

170817f
深堀隆介の金魚作品展を観に行って、
170815
ホオズキ作って、
170816b
朝顔の蔓を撒いたり・・・
170817d_231018
枯れた紫陽花を作ったり
170817e
でした。            Puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

夏の終わり・・・

  先週末にSPICEメンバー3人集ってイベント打ち上げを焼鳥で、美味しいお店だったので気分もお腹も満足に。2件目はお酒と甘いモノで、まったりと。・・・そしたら僕の夏はもう終わり。

  ・・・・といっても部屋でゴロゴロするにもスペースが無いので、仕事休みの本日は部屋の片付けから。
170808a_2
そうそうイベント翌日は、デルボーの絵が観れるというので渋谷まで。
入り口すぐのボスとプリューゲルには人だかり。仕方がないので後ろから頭越しに観る。それを過ぎれば、骸骨と美女が増えてきて、フェリシアン・ロップスの画で足が留まる。
ダンスする骸骨(死神)に、悪魔と美女。脇に描かれるオブジェが妙なカタチ。妖しくて美しくてちょっとだけ滑稽な画ばかりで楽しい。
 ポール・デルボーは「海は近い」ほか3点と、骸骨のスケッチなどあった。
 遠い昔の廃墟なのか近代の街なのか、明るい月夜、ぼんやりした色の中に居る女性達は生きているのか幽霊さんなのか・・・
 マグリットの絵などを過ぎてシュールレアリズムの造形物に笑ってお終い。(逆さ吊りの骸骨が太鼓に打ち付けられていたりする)
 
 もうお腹いっぱい。
 時間つぶしに本屋に入れば、
170808b
  澁澤龍彦のコーナーが広く設けてあって驚いた。なんと没後30年とある・・・帯封と無料配布の冊子欲しさに文庫を買ったけど、こんな表紙になるなんて・・・でも作家さんは、それもいいさと面白がるのだろう、きっと。
  ツクモガミなんて作って遊んでいる僕は、昔も今もその世界を楽しんで読んでいるのが可笑しい。
  んっ、昔? たかだか数十年、古道具は百年経たないと化けられない。
 さて、鞄の中身を出して本棚に入れ、イベント会場から戻ってきた荷物も片付けた。さぁ、一日じゅうダラダラとするのだ・・・ともいかず、
170808c
猫又がもう少し遊びたがっている。
広島市内のミニチュアショップで展示と販売してもらえるそうなので、「ろっく猫又」を製作。着物の色は赤に変えてみました。
170808d 170808f 170808g
猫の怪異話しと絡めたジオラマを製作中です。
170808e
ちょっと出かけて、
あぁ、夜もいい時間。お酒を注いでゴロゴロとしてもいいだろう。
                   Puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

ツクモガミ 「 ろっく猫又 」

00p7253332

【ツクモガミ 「ろっく猫又」】
粘土パテで原型   レジン複製品を組立て着色
大きさ 6cmくらい。   製作 八木一文
  河鍋暁斎が明治初めに描いた画にいた猫です。手拭被って、三味線を抱えダンスする姿はロックなさま。きっと化けるに長けた凄い猫又に違いない。
  その絵を元に、模型にして遊んでみました。
00p7253325
  江戸の怪異話しに、少女を救うために用心棒として雇われた虎猫の物語があるので、それを絡めて、着物をダークな色にしてみました。(元絵は赤です)
00p7253327 00p7253328 00p7253329
                Pucephalas

__________________________
この模型は、
ワンダーフェスティバル2017 夏 のSPICE-Oningyohanブースで展示販売させていただいたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ツクモガミ「ノリノリこうもり」