フォト

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.28

1/80 給水塔と石炭台

Bl_kyusui 給水塔と石炭台
FULLSCRATCH 1/80 by 鉄道班S

鉄道シリーズ続いては、大がかりな情景。
蒸気機関車などの給水塔と石炭台のある風景です。

レールの敷かれた情景を撮影していると、
給水塔の背景に夕日でも置いて写真を撮りたくなりました。

景色として成立している作品だからなのでしょう。

詳しくはホームページへ掲載してあります。

2006.11.26

プラガ38t軽戦車F型

Bl_praga38t プラガ38t軽戦車F型
TRISTER 1/35 Modeling by YAGI

トライスター製のプラガを製作です。
部品の繊細な良いキットです。
ちょっと部品が多すぎかなぁ。疲れるなぁ。ちょこちょこ製作していたら、夏から冬へと季節が移っていました。
 組み上げて、塗装そして、ジオラマベース製作で、ようやく調子に乗る自分です。

蹴り飛ばされたゴミ箱に、雑誌、新聞紙とバラ撒いて遊びました。

プラガは好きな車輌なので、またまたマケット製のものを製作中。部品精度は劣るけど、大袈裟なリベットがカッコよく思えます。

 この作品はホームページへ掲載しています。

悪役1号 ふたたび

Bl_akuyaku2 夏に製作し、展示会へ出品した悪役1号。

その時は、戦車兵をドイツ兵などを使用して配置していましたが、またもとのブタさん・悪役大佐に戻してみました。
 腕などを改造してポーズを取らせています。

 製作 八木

詳しくはホームページ「幻影画廊」へ

2006.11.24

松の風景

Bl_mathu 鉄道のある情景・松の風景
1/80 自作 Modeling by YAGI

ただいま木を製作する毎日。
次の作品に要る大事な要素なのです。
広葉樹・針葉樹ではなく、なんの木か判らせたい。
日々あれこれひねっています。

まずは習作として、松の風景。

2006.11.21

海洋堂展

 現美で開催中の「海洋堂展」を観にいきました。
 これまでの作品群がズラリと並ぶ景色は壮観で、楽しめました。

 常設 「夢の話」 に展示されていた、
 夜の間 (だったかな?タイトル忘れました)
 がとても印象深く、

 薄蒼い部屋の中に、バックライトで照らされた窓のネガ、
 黒い球体が床に転がり、椅子かと思えば切り株。
 テーブルの中には、岩と亀の甲羅がコレクションされて、
 壁には旗と黒いカンバスが掛けられています。
 (薄暗いので間違っていたらスミマセン)

 なんか良い。 と、ふらりふらり。
 岩と亀の甲羅を覗きこんで、不思議な感覚になります。
 

 こういう室内で1人蓋を開けて楽しむ作品こそ、
 コレクションに相応しいのではないだろうかとも思えます。

 誰も来ないので、長い時間をこの部屋で
 夢うつつ に誘われながら過ごせました。

 

 さて、海洋堂展
 クリエイターによって産み出された造型は素晴らしいです。
 まして、美術館を使用しての巡回展は、
 とてもスゴイ事だと賞賛します。

 ただ・・・・ 
 自分のジレンマとも重なって、
 【模型】を製作して行き着くところとして、
いろいろ考え再認識する事ができたように思えます。 

 比治山の木々はまだ緑が多く、
 葉を枯らすのはもう少し先のようです。

2006.11.19

航空母艦 蒼龍

Bl_souryu01 日本海軍航空母艦 蒼 龍
AOSHIMA 1/700 Modeling by OKADA

空母 蒼 龍の、1941年12月 真珠湾第波攻撃隊
艦載機は零戦と九九艦爆。

真ん中の濃緑職の機体は、江草隊長の機体だそうです。

もの凄い製作スピードを誇る岡田さんの手でありながら、この船には3ヶ月も梃子摺らされたそうです。

「なんでリニューアルせんのじゃい??」

 となかば怒った口調となります。

 詳しくはホームページ「幻影画廊」へ掲載しています。

この作品はヤフーオークションへ出品中です。

Uボート7型

Bl_uboat01 ドイツ海軍潜水艦 Uボート7型
ANDREA 1/32 Modeling by S

最近は鉄道ストラクチュアに回帰したSさんの、
驚きの作品!
1/32スケールのUボート艦橋・デッキガン
カタログでしか観てなかったアイテムの
本物に出会って感動。スゴイ!!
カッコいい!!

 詳しくはホームページ「幻影画廊」へ掲載中です。

 この作品はヤフーオークションへ出品中です。

2006.11.17

Club135定例会 前日。

 明日は模型仲間との集まりがあるので、 久々に戦車模型を塗装中。
 (トライスター・プラガ38t)をやっています。

 やっぱりこのスケールの地上物はいろいろな色合いが重ねられて楽しいね!

 にまして、年末用に木を製作、これが楽しい。
 ハルニレの表皮と枝振りがよく判らずに、仕事中に抜け出して本屋で調べていました。
 

 木の図鑑を持ち帰って眺めていると、
 いままで名前だけで知ったつもりになっていた樹木が、
 とても興味深く思えます。

 気付けば、プラガを放っておいて、
 マツとハルニレの木を造っているのでした。

2006.11.11

タイガー1型 後期型

Blym_tiger1 タイガー1型 後期型
TAMIYA 1/35 Modeling by YAMAMITU

ツィンメリットコーティングは、エポキシパテを薄く延ばして貼り付けてから、コーティングローラーでパターンをつけたそうです。

2006.11.10

「魚石」 東京へ

 いつもお世話になっている東京・秋葉原のショップ。
 海洋堂・ホビーロビー東京 で、

 SPICE製品 「片目の魚・魚石」 を販売中です。

 お近くの方、是非立ち寄ってご覧ください。
  「きんぎょ」 「1/144情景ベース ・ 車輌」などを
 扱ってもらっています。

 ほか、刺青、京極堂などの「小説テーマの情景作品」も展示中です。

2006.11.07

タルホ・三次の景色

「ナルキッソス」のDVDを観てから、
木村カエラの可愛さに参ってしまっています。
しかも、
BIG BANG BANG! では
タルホもビックリ~♪と歌ってるのです。

タルホ と歌われるたびに、
あぁ、いつもの模型作品の製作に取りかからなければ。
と、イメージを探す毎日

一千一秒物語。 A感覚 などで知られる足穂ですが、
「稲生物怪禄」を扱った作品も書いています。
そして、作品の終章では、三次についての情景を書き記しているのです。

「山ン本五郎左衛門只今退散仕る」より、
峠を越すたびに谷が開けて、それがまた幾つも分かれて更に奥へ入り込んで果てもない処を見せる。山々に繁茂した木々と入れ替わって、早朝の山嶺から眺めた一面の霧の海も、山々の頂きだけが覗いている。次に丘陵の間の美しい池々・・・・

 

 情景の浮ぶ文章に、勢い、発泡スチロールを削りだして
 山を造ってみました。
 さて、これが 比熊山 となるかは別の話。???

 もう 一候補。山を使った情景イメージが浮んでいるのです。
 どちらもお化け話ですが、後のは妖しい物の怪。
 

 上手くまとめられれば、ワンフェスでも発表できそうです。

 

 まずは、山の景色を造ってから、考えるとしましょう。

2006.11.04

プケファラス 模型コンテスト.9

プケファラス 今年の模型コンテストのテーマは、

          「記 憶」

 心に残る模型や、情景作品。
 ジャンルを問わず、「記憶に刻む」作品を募集中!

 応募12月10日~ 締切12月28日

 ホビーショップ・プケファラスのホームページ
 

  

2006.11.02

詰所.2

Bl_tumesho2c 駅員詰所.2
1/80 FULLSCRATCH
Modeling by SPICE鉄道班S

前回の詰所より大きめで、建物の大きさ23cm。
小物もいろいろ配置して情景としても面白くなっています。

詳しくはホームページ「幻影画廊」へ

   

2006.11.01

ワンフェス抽選に受かりました。

  まずは、報告。
 ワンダーフェスティバル2007 冬 の抽選に受かりました。
 2月、東京へ行きますので、皆様よろしくお願いいたします。

 さあ、造らなきゃ!

 と、
 あらためて先月のブログを見返すと、やっぱり船ばかり・・・?
 戦車模型は? 情景は??
 もちろん、気の向くままにちょこっちょこと触っていますが、

 完成しないのですよねぇ。

 そんな時、
 衝動的に棚に手を伸ばし、模型を購入。
 バンダイ「1/35 ランバ・ラル セット」

 久しぶりにプラモデルを買ったような・・・
 (かなり問題な発言かも??)
 
 Club135というからには、必然な選択でしょう?? ねぇ。
 ザクの頭に、ランバ・ラルにゼイガンに、

 あのガンプラばかり造っていた日々に記憶が戻され、
 製作イメージがどんどん湧きあがります。 

 でもまぁ少しばかり大人になったので、
  じっくりゆっくり造りましょう。

 今日は、サディスティック・ミカ・バンドのアルバム回しながら、
 ザクの頭を撫でています。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ