« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

1/144 P-3Cオライオン

Bl_p3c P-3Cオライオン
1/144 LS finish by YAGI

製作依頼として作りました。
上総基地所属の機体で、
市販デカールを使って製作しました。

詳しくはホームページに、

1/80 田舎の駅前食堂

Bl_shokudo 駅前食堂 (田舎駅前の風景)
1/80 フルスクラッチ SPICE鉄道班S

昭和30~40年代の食堂をイメージして製作。
建物の中も細かく作られていますが、
今回の目玉は、
ウィンドゥにある食品メニューサンプルで、
うどんにカレーに徳利と並んでいます。

1/700戦艦 長 門

Bl_nagato 日本戦艦 長 門
1/700 AOSHIMA  Modeling by YAMAMITU

Club135・山光さんによる艦船5作目。

アオシマのキットをエッチングパーツと、金属線や
プラ材を使用してディテールアップしています。

特に艦橋周りは精密感ギッシリで、
見ごたえが在ります。

2007.01.25

1/144 ハリケーン

Bl_typoon イギリス空軍 ハリケーン
1/144 SWEET Modeling by OKADA

いまは艦船模型に忙しい、岡田さんの作品です。
以前に製作したハリケーンを
コンテスト応募用に ひとアレンジ。

手の平に乗る ちぃっちゃな情景に
1/144ディンゴ(英・装甲車)も添えてみました。

1/35 スコープドック

Au_scopedog スコープドック
1/35 TAKARA Modeling by KIMIMOTO

もういっちょ、君本さんの作品。
スコープドックとファッティー
ともに サンサ戦 仕様です。

ボトムズでジオラマやりたいなぁ。と
自分の腕もうずうずしてきます。
 その前に・・・アレモコレモ

2007.01.24

SU-100自走砲

Bl_su100 ロシア SU100自走砲
1/35 DRAGON Modeling by KIMIMOTO

Club135 1月定例会での新作。
君本さんの作品です。

模型誌のコンテストの参加締切りへも
間に合うので、写真を撮ってみました。

2007.01.21

人形の髪結い

昨日はちょっと変わった模型の仕事をしていました。
インテリアなど部屋の小物や置物を
修理する仕事が入るのはたまにあるのですが、
今回は人形ケースの台座修理、そして、雛人形の補修。

ケースは使い慣れたパテと、剥がれた塗料のリタッチ。
これはプラモデルを造るのと大差無いいつもの感じです。

さて、お雛様

顔にできた小さなキズを治します。
油分の強いパステルを練ってキズに入れ込み、
その上をもう一度、粉状のものを薄く重ねて仕上てみました。
化粧ですよね。

そのあとに後ろ髪を結います。
櫛で髪を解かしてから和紙で髪を留めて、毛先を揃えます。
ほつれた髪を切って仕上です。

大事にされているだろう人形に、
慣れない作業も加わって、より慎重で気疲れした
仕事でした。

その後の話・・・

御伽噺だと、
綺麗な女性がふらりと訪ねてきて、
氏素性も知らないまま・・・

:幻想文学だと、
その人形の美しさが忘れられずに・・・

と、続くのでしょうが、その日の夜はそんな夢も観ず、
今宵は日本酒でちょっと酔っ払いの ひとりふらふらな男でした。

あっ、桃の節句は3月だから、
その頃かなぁ・・・

2007.01.19

WF用 情景ベース新作

144bridge ワンフェス冬まで、もうそろそう1ヶ月というこの時期。
ようやく情景ベース用のアイテムが一つ・・・
「石造りの橋」

いままでより一風変わった作品にする予定です。
SPICE Yagi

バス車庫

Bl_busstop バス車庫(田舎駅前の風景)
1/80 フルスクラッチ 
製作 SPICE鉄道班S

昭和の中頃、ボンネットバスの似合う車庫です。
田舎のほうでは昭和50年代までは観られたでしょうか。

詳しくは、ホームページ「幻影画廊」へ掲載中

2007.01.09

夢の宇宙

念願の本を購入し、半日ほどただ眺める。
茫洋とした本の海 (または宇宙) に漂よう気分を
少し味わったようで嬉しい。

模型とは直接は関係ないけど、
自分が模型を遊ぶ遠因である源を透き見した今日。

明日からまた模型を造ります。

2007.01.04

1/80 田舎の駅舎.2

Bl_smstation2 田舎の駅舎.2
1/80 製作 SPICE/鉄道班S

SPICE スケールモデルチーム2007年
完成の一番乗りは鉄道Sさん。
幅が70cmも大きな建築模型で、
駅舎の2作目です。

前作よりも小物が多く配置されて、
見るポイントが増えています。
駅舎は屋根が取り外せ室内もしっかり作りこまれていますので、

詳しくはホームページ「幻影画廊」で公開しています。

 

2007.01.01

夢応の鯉魚

Bl_rigyo 新年 あけましておめでとうございます。

「夢応の鯉魚」 上田秋成の小説より
 鯉の絵を描くことの好きな僧 興義が、
 病の床で鯉に変化し、
    水に遊ぶ夢の物語です。

天寿を全うしたあと、鯉の絵を湖水に浮かべると、
描かれた鯉は絵から抜け出して水に遊んだといわれ、
その為に彼の作品はこの世に残っていないと伝わります。

 その話からのイメージを、お猪口の中に浮かべて、
小さな情景としてみました。

 皆様の夢も現実に遊び出でる 良い年になりますように。
もちろん僕もそうあるような年にしたく 願っています。

 模型製作 八木博顕

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ