« 今年も楽しく模型を造ることが出来ました。 | トップページ | 1/80 田舎の駅舎.2 »

2007.01.01

夢応の鯉魚

Bl_rigyo 新年 あけましておめでとうございます。

「夢応の鯉魚」 上田秋成の小説より
 鯉の絵を描くことの好きな僧 興義が、
 病の床で鯉に変化し、
    水に遊ぶ夢の物語です。

天寿を全うしたあと、鯉の絵を湖水に浮かべると、
描かれた鯉は絵から抜け出して水に遊んだといわれ、
その為に彼の作品はこの世に残っていないと伝わります。

 その話からのイメージを、お猪口の中に浮かべて、
小さな情景としてみました。

 皆様の夢も現実に遊び出でる 良い年になりますように。
もちろん僕もそうあるような年にしたく 願っています。

 模型製作 八木博顕

« 今年も楽しく模型を造ることが出来ました。 | トップページ | 1/80 田舎の駅舎.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢応の鯉魚:

« 今年も楽しく模型を造ることが出来ました。 | トップページ | 1/80 田舎の駅舎.2 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ