フォト

« あちこち行く1日 | トップページ | ゼロ戦パイロット.2 »

2007.03.30

輪違屋糸里

「輪違屋 糸里」 浅田次郎 が文庫化されました。 

 上下2巻ですが、上巻を読み終えた後に仕事が忙しくなり、
なかなか読み進められません。
 家にいると、模型を触ってしまうので (それは良いこと?)

 用事にかこつけて、バスを使って移動。
 ポケットに下巻を押し込んで、
 車中でゆっくりと読む魂胆。

 ただ心配は、同じ新撰組を題材にした 「壬生義士伝」
 のように、ボロボロ泣いてしまわないか ということ。

 けれど、その心配は外れて、泣けません。
 (作品への批判ではないですよ)

 視点が、女性達のほうから書かれているからです。
 島原の天神、壬生村で新撰組の世話をする家人、

 新撰組に翻弄されたかの 島原の天神 糸里は、
 土方にズバリと男の本音を指摘して言います。

 その場面、泣く子が黙るように、
 男は涙も流せません。

 建前で生きる事と本音。
 そうならば、自分も本音を願いつつも建前ばかりで
 生きているのかもしれません。

 それがカッコウをつける事と思っているだけなのかも・・・。
 好きにしているつもりが、
 そうでもなかった事が 物語のなか  糸里の言葉に
          ビックリした原因なのでしょうか・・・

 またまた浅田次郎にヤラレました。 悔しい。

 

 仕事を サボリ ついでに、
 立ち寄った本屋の棚、
 「亀石」が表紙の雑誌を見つけて、さらに ドキッ とします。
 そう、そういうことなのでしょう。

 亀石を手にして、忙しくもサボリの一日は終わりました。

 同じ日に、ワンフェス参加申し込み書類も提出しました。
 SPICEに 夏はどの味を加えるか、自分でも楽しみです。

« あちこち行く1日 | トップページ | ゼロ戦パイロット.2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪違屋糸里:

« あちこち行く1日 | トップページ | ゼロ戦パイロット.2 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ