フォト

« 前巷説百物語 | トップページ | スモールプラネット »

2007.06.11

魔術師ガラ

「魔術師ガラ」
 という題名の短編小説が、伊集院静の野球短編にあります。

 ほか作品のどれも良い作品なのですが、
      なかでもこの魔術師ガラは、異彩を放って、
               僕の心に残る一篇となっています。

 メジャーで連敗中のチーム、解雇も間近の老監督が、
 場末のバーで、過去のチームメイトと出会います。
 (というより、本人も知らずうちに出会いを願って
                   待っていたかのよう・・・)

 いろいろ曰く付きの選手なのですが、
 ガラの復帰によってチームが優勝の奇蹟に向って動き出す。
 という話。
 結末は書かれていないので、いろいろイメージも膨らみます。

 仕事の手が休んだちょっとした時間に、
 幾度も読み返して、物語の絵を浮かべています。

 

 その物語と、
    今日の桑田真澄のメジャーデビューと重ねて・・・ 

 ほぼ同世代で、自分には思い入れの強い選手です。
 そしてそれを呼び込むだけのことを
                 彼はしているように見えます。

 メジャーのマウンドに立ったことが終わりでなく、
    これからの奇蹟の始まりになって欲しい。
                   とファンとして願いました。

 

 そんな自分にも ちょっとした奇蹟が・・・
 先週より製作の模型が、今朝完成しました。

 僕にとっての 魔術師ガラ が現れてくれたからでしょう。
 これが始まるとなるか・・・
 それだけの事はした自信はあるのですが、

 詳しくはまた後日。

« 前巷説百物語 | トップページ | スモールプラネット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔術師ガラ:

« 前巷説百物語 | トップページ | スモールプラネット »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ