« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.28

完成作品掲載 07.11.28

ホームページへ完成作品を掲載しました。

 1/35 ドイツ自走砲 ナースホルン
   幻影画廊HP Club135ページ

 1/350 日本海軍潜水艦 伊-400
   プケファラスHP 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.24

1/35 ナースホルン

071124bl ドイツ自走砲 ナースホルン
DRAGON 1/35 Modeling by YAMAMITU

展示会で発表した自走砲・米M40に続き、
ドイツ軍の自走砲 ナースホルンを製作です。

ドラゴンのリニューアル版を組みました。
フェンダーや装甲板の縁を薄く削っています。

ベースはウッドフォルモを使用。
フィギュアはトライスターとタミヤよりチョイスしました。

                 Ym / Club135・乱流会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

1/350 潜水艦 伊-400

Bl_350i400 日本海軍潜水艦 伊-400
TAMIYA 1/350 finish by YAGI

 製作依頼品
 タミヤらしくディテールなど細やかな
             良いキットでした。
 艦橋部分のアンテナ類は付属の
                   エッチングを使用しました。
手摺りが入っていないので、これは真鍮線などで自作。
梯子も金属線などを使って追加しています。

塗装はニュートラルグレーを基本色にして、エアーブラシ。
   エナメル塗料数色で青っぽく色を整えてあります。

                      Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

この秋、紅葉を観に、

 昨日の休み、(3突の製作も休んで) ふらりと三次まで。
     紅葉を眺めに・・・ではありません。 

 僕が三次というと、妖怪への旅・・・(今回は惑わされずに)
            古墳巡り・・・ (行きかけたけど)
            ワインでしょ・・・(ゴメンなさい飲みました)
 とか言われそうですが、

 この旅は、ちょっとバビロニアまで
                塔を訪ねて行きました。
 出会えたのは一作。
   (ブリューゲルのものではありませんが、)
   細密に描かれた素晴らしいものでした。

 いろいろ刺激されます。

 夜はいろいろと本を引っ張り出して、
                   旅の見聞を広めます。

 バベルの塔は、もちろん創世記に記されているものですが、
 今日観た絵には、塔の手前に建設を命じたとされる、
                ニムロド王も描かれてありました。 

 煉瓦で建てられた最初の建物であるとされ、
  漆喰の代わりとしてアスファルトが使われたと在ります。
 発掘された粘土板には、
 塔は7階建てで、高さは87メートルと記してあったとの事。

ダンテの神曲によれば、この塔を建てたニムロド王(巨人)は、
  第九地獄の手前で鎖につながれて
             井戸に入れられているのだそうです。

                                         Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

1/700 軽巡洋艦 球磨

Bl_kuma2 日本海軍軽巡洋艦 球磨
TAMIYA 1/700 modeling by OKADA

WL球磨をフルハルモデルで仕上ました。
船底はバルサの削り出し。
スクリューは他キットより流用しました。

ハセガワ・アオシマ・フジミと揃ってフルハルモデルを
       リリースしてます。そして、1/350シリーズも、

フルハルモデルの時代が来ますよ!
しかも、この模型は水上走行もできちゃうしね。
                     イ~ネッ!!
       (マイクロ水中モーター使用)

             以上、   古春男 でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

製作中! 3突G .4

071117a ドラゴン 3号突激砲G型の製作再開

パーツ組立てはほぼ終了。
キャタピラが切り外してあるのは、
         なんと素晴らしいことだ!

そして、インテリアの塗装まで進みました。

その間に、タミヤ3突は完成!!

                    Pucephalas          

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

ちょっとタンマ

 急ぎの仕事が入ったので、ちょっとドラゴン・3突はストップ。 

 タミヤの3突は予定通りに進めています。
 製作状況はこちら プケファラスのブログで、

            Pucephalas

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.11

製作中 3突G .3

071111a 写真右がドラゴン、左がタミヤ。

 ドラゴン・3突は何からなにまでパーツ化してあって、
そのままストレートで組んでお腹いっぱい。

 タミヤ・3突は手を掛けるとグッと良くなります。

 工具留具の製作は、細切りプラ材より。
 留金具に1㎜幅の細切りプラ材を使用。
ヒンジ部分はプラパイプを細くしたものを取り付けました。
 留具ハンドルには、エッチングを使っています。

 このパーツ、ドラゴンは工具に彫刻してあります。
 ほんと、親切。

 そういう温かみに馴れていない自分は、ひねくれながら、
留具・ハンドルもをプラ材で作ってドラゴンキットに取付け。
 (車体後部、スコップの位置)

 蝶ネジは塗装中に必ず行方不明になるので、これは
最後に取り付けます。 忘れたのではないですよ。

 明日は日曜。 模型製作も休みます。

                     Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.10

製作中! 3突G .2

071110a 左がタミヤ、右がドラゴン。
ドラゴンは戦闘室内の
       部品が入っていますが、
タミヤにはありません。

 オープントップ車輌ではないので、戦闘室天板を
取り付けると、あまり内部は見えなくなります。

  もったいないなぁ~ 

   でも、すっからかんなのも物足りないナァ~

 そういうことで、ハッチから覗いて目立つ部分だけを
タミヤのものに追加することにします。

 床と車長用椅子をプラ板から、
 砲尾を3突短砲身からりの余りパーツを流用。
    (延長したり、少しだけ改造する必要があります)
 足りない部分はプラ棒で製作。

 次は、無線機。
 ドラゴンのキットのものを参考に、
            プラ材でスクラッチしました。

 覗き込んで見える部分なので、
     力を入れすぎず それらしくチャチャっとね。

                    Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.09

製作中! 3突G .1

071109a製作中です! ひっさしぶりの1/35scaleの戦車。

取っ掛かりは、
 お客様よりの製作依頼だったのですが、
 好きな車輌だし、何より久しぶりの、
            1/35scale
   ちょっとだけ作り込んでみましょう。

せっかくなら。と、ドラゴンのキットとの作り比べもしてみるかな。

 右がドラゴン、左がタミヤです。
 車高がドラゴンのものが少し高いようで、そのぶんだけスマートに感じられます。

 外見の大きな違いは、車体後部マフラーのところにある整流版の有無。
 でも、細部となるとドラゴンは細やかなディテールをいろいろ入れてあります。そのぶん組立てに時間がかかりますが、戦車が好きでプラモデルが好き。な人だと楽しめるキットでオススメです。

 さて、自分は?

 そこまでやられると、作らされている気がしてちょっとウルサイかな。(批判じゃないですよ) インテリアはもちろん、フェンダー裏や、組むと見えなくなる部分までしっかりディテールを入れてあるドラゴン。 
 でもねぇ、そういうのは見せ場を造りたいという、模型製作者が腕を奮う余地として残っていたほうがいいような気がします。

 例えば、ダメージとしてフェンダーがめくり上がった。そしたら、そこには作者の手によるディテールが追加してあって・・・
 というほうが、「オオッ!」 ってなるでしょ。作者としても「見て観て」って、

 それがキットに最初からあると、「ああっ、ドラゴンのキットはここにもディテールが入っているのですよね」と言われれば、そうそう「いいキットですよね」 くらいの応え・・・

 まぁ、これは贅沢を言っているのは判っています。
 僕の作り方が、地面があって、戦車があって人がいて、背景があって、というのだから生じているのでしょう。早く形にして、見せたい部分だけ、チョチョっとつついてが、僕のやり方。
 
 だから、タミヤくらいがちょうどいいナァ。

 反対に、 
 工作にこだわる人にはドラゴンのキットは高水準で、そこからの作業がより楽しめる、素晴らしいキットだ。となるはずです。

 流儀はどちらにせよ、選択できる模型があるというのは良い事です。

 さて、今回は仕事なので、ちゃんと完成まで持っていかねばなりません。
 ドラゴンは? さぁ、ねぇ~

                         Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.06

作品掲載 07.11.06

「幻影画廊」ホームページ
  JSU122・JSU152重駆逐戦車 (ドラゴン1/35)
             製作・Jimny / Club135

  1/144戦車情景6点 (海洋堂WTMほか)
             製作・Pucephalas / Club135

「プケファラス」ホームページ
  1/100 プロトタイプガンダムMk2
  1/100 MG ガンダムMk2 ver2.0
             製作・Pucephalas  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.04

ロシア JSU-152

Bl_jsu152 ロシア JSU-152重駆逐戦車
DRAGON 1/35 modeling by KIMIMOTO

  あれ?ついこの前ブログに載ってたじゃん。

 違います、違います。

 前のはJSU122で、これはJSU152です。

 よ~くご覧下さい。
                    ジムニー / Club135 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

1/700 貨客船 八幡丸

Bl_yahatamaru 客船 八幡丸
AOSHIMA 1/700 modeling by OKADA

貨客船 八幡丸です。
戦前に貨客船と運行していましたが、
戦中に空母・雲鷹に改造された船です。

 ウォーターラインキットにバルサ材で船底を作りました。
 水中モーターで走行も可能としてあります。

                 古春男 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »