フォト

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.31

2007年最後の一作

071231a 2007年最後の一作は、「1/35 囲炉裏」

まだ製作途中の写真ですが、
 このブログを書いている時には完成しています。

 いろいろ仕掛けもあるので、それは新年の挨拶で。

 今年も「幻影画廊」をご覧いただき、ありがとうございました。
 Club135、SPICEのみんなも、この一年ご苦労様でした。

 では、良いお年をお迎えください。

                       Pucephalas

作品掲載071230

「日本陸軍 一式砲戦車」    タミヤ 1/35
「ボトムズ スコープドック」   ウェーブ 1/24

の作品をホームページに掲載しました。
プケファラスHP

2007.12.30

1/24 スコープドック

071230a スコープドック・ターボカスタム
WAVE 1/24 finish by YAGI 

 お客様の依頼で製作したものです。 

 アニメ放映当時から、何度も製作した
好きな機体です。
 仕事ですが、かなりプライベートな気持ちが
入って自由に作らさせて頂きました。

 戦車模型での作風ままに、サビや塗装の剥がれ
などを描きこんでいます。

今年もいろいろ製作させて頂きました。
                  ありがとうございます。

 あっと、もう1品やらなければ・・・

2007.12.29

どうやら、ここまで・・・

071229c いつものネタを夜中に作業中。
その合間に、3突も塗装し始めました。

今夜はClub135の忘年会なので、
              見せたいなぁ。
と急いだけど、完成には至らず。
もうちょい、あと1日あれば・・・・

 じゃなくて、もう少し早く始めていれば・・・ということ。
 年の瀬になっても反省なのでした。

 来年は真面目にね。と心にもなく、

 あっ、もう時間だ。行って来ます。

                Pucephalas  

2007.12.26

いつものネタで、

Bl071226 毎年の年賀状ネタ。ようやく開始しました。
 今日は26日? パテは乾くの、塗装はできるの、
      手だけじゃん・・・・

 ほんとうはですねぇ、立体にこだわらずに、
写真と模型とを合わせてコラージュのようにして・・・と、
                         考えていたのです。

 でも先日、SPICEスケール班で家に集まって、
    キムチ鍋で日本酒を楽しみながら話していたら、

 やっぱり立体で ヤラナキャイカン! と思い直したわけです。

 もう遅いだろうと葛藤の昨夜から、
                  ようやく手が形になった今日。
 なんとかなるさ。  なる なる。 言い聞かせ、 

 横のテレビで、「年賀状は25日まで」と言っているし・・・

 手の開いた時に少しでも進めとけばよかった。
 なんて絶対思ってもいず、イメージは転回ばかり。

 手始めに、まずはここから。

                       Pucephalas

2007.12.21

1/35 日本陸軍 一式砲戦車 

Bl_1shiki 日本陸軍 一式砲戦車
TAMIYA 1/35 finish by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
 キットとしては古いものですが、
ディテール等もよく、スムーズに組み立てられました。

 参考までにファインモールドの九七式中戦車のキット
も一緒に購入しましたが、ライト部分とジャッキ、牽引フック
を作り直したくらいで、パーツ流用すること無しに済みました。

 キャタピラは塗装ができるFMのものをパーツ取寄せ。

 ほかに溶接跡と工具ラックなどを追加しています。 

 戦車兵はFM・日本戦車兵セット2のものを改修して使用。

                   Pucephalas

2007.12.13

作品掲載

作品をホームページに掲載しました。

【ドイツ 3号戦車L型】  幻影画廊HP

【ドイツ 3号突撃砲G型】【ドイツ 4号突撃砲】
            プケファラスHP

2007.12.09

1/35 ドイツ 4号突撃砲

Bl_stug4 ドイツ 4号突撃砲 後期型
DRAGON 1/35 finish by YAGI

こちらも同じお客様よりの依頼で
            製作したものです。

 3号突撃砲と4号突撃砲ともに、
   オストケッテ履帯を装着しています。

 その装備時期が1944春~と、
 アハトゥンクパンター(大日本絵画)に記載してあったので、

 3号突撃砲は使い古された車体、こちらの4号突撃砲は、
  配備されて間もない車体という感じで作り分けてみました。

 あまり資料に目を配るほうではありませんが、
 そういう読む楽しみも、模型遊びにはあるのだと思います。

 でも、捕われると「完成しない」の始まりなのですよね。
 模型をカッコよくするためのウソなら、
                   少しくらいはよいのでは?
    そう自分のものを作るときには考えています。

 いい加減も、度を越さなければ 好い加減なのです。

                    Pucephalas

1/35 ドイツ 3号突撃砲G型

Bl_stug3_2 ドイツ 3号突撃砲G型・初期
TAMIYA 1/35 finish by YAGI

 製作依頼で完成させたものです。
 迷彩を含めてかなり自由に作らさせて
いただけたので、ほぼ自分の作風ままに
製作しました。
 

 3号突撃砲は好きな車輌なので、
各型とも製作または手をつけた物が棚にあります。

  真面目に造れば、ちゃんと完成するんだなぁ。
    それ、不思議なところ・・・

 先のドラゴンといい、プライベートなものはどれも
喰い散らかした状態で箱に入っています。
 情景イメージが頭に完成すると、もうダメなのでしょうね。

 作った気になって。

 ま、これみんな同じような悩みじゃないか。と、 
      そういうのも楽しい遊びではないのかなぁ。
 そんな、言い訳をして終わるとします。

                    Pucephalas

1/35 ドイツ・3号戦車L型

Bl_pzldio ドイツ 3号戦車L型
TAMIYA 1/35 modeling by KUKUDA

 3号戦車はへルマンゲーリング師団の所属。
 1942年ドイツ国内 の想定で情景にしました。

 大戦初期~中期。まだ他国へ進撃中のドイツ軍
なので、イメージとしてもゆったりしています。
 ニワトリをそんなアクセントとして配置しました。

                             daofu

 

2007.12.04

ドイツ戦車兵・大戦初期

071204 ドイツ戦車兵・大戦初期
ALPINE 1/35 modeling by YAGI

 アルパインのフィギュアを
              購入してみました。
 服のシワやディテールは
           細かく入れられていて、
    顔の彫刻も深めで塗装し易いです。
 なによりポーズが決まっています。

 顔は油彩、服はエナメル塗料で塗ってみました。
 これに合う車輌を製作しなければいけませんね。プラガか、
2号戦車かやってみるかな。

 エッ?  3突は?って  ・・・・・??

                Pucephalas

2007.12.01

1/700 重巡洋艦 衣笠

Bl_kinugasa 重巡洋艦 衣笠
HASEGAWA 1/700 Modeling by OKADA

 サヴォ島沖夜戦で戦果を挙げた衣笠。
 その活躍と、小振りな船体に
          ギッシリ詰まった構造物、
 低いシルエット、力強い艦橋。
     好きっすねぇ~

 ハセガワ旧キットにバルサ船底付けて
                   フルハルで登場です。

 風呂に浸かってブクブク、潜望鏡目線で眺めれば、
           カッチョいいねぇ~

 もちろん、こいつも走りますゼィ!

                    古春男

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ