フォト

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.28

SPICE ONINGYOhan 0802wf

Img_0212ワンダーフェスティバル2008 Winter
こちらは、オニンギョハンの展示風景

多脚砲台(アップルシード)、
長門有希(涼宮ハルヒの憂鬱)、
アイギス(ペルソナ3) ほかフィギュア新作と再販が10種。

定番となった 歌川国芳「きんぎょ」 シリーズも10種と、
充実したテーブルになっています。

 来場のお客様ありがとうございました。

 

 さぁて、SPICE・スケール班は夏をどう動こうかな。
 今週末はミーティングでもするか
                    ・・・無理かな。

              Pucephalas

2008.02.27

作品掲載 08.02.27

模型作品を掲載しました。

タカラ 1/144 サンダーバード2号

タミヤ 1/16 M4シャーマン中戦車

プケファラスHP

2008.02.26

ワンダーフェスティバル08.02

Wf08w_spice ワンダーフェスティバル2008冬
   SPICE・Oningyohan

今回はフィギュアチームと合同で
          参加してきました。
スケールチームは、ご覧のように
    「囲炉裏の手」をメインアイテムに据えて出展。

お買い上げいただきましたお客様、ありがとうございます。
多くのお客様に作品をご覧いただき、
        とても嬉しい時間を過ごせました。

次もこのジャンルで出品を考えていますので、
      夏にまたお会いしましょう。

「囲炉裏の手」 ¥5,000 は3個ほど在庫がございます。
通販にも対応できますので、ご希望のお客様は、
メールにて問い合わせください。

 商品注文メール 

2008.02.22

「囲炉裏の手」

08w_irorinote 「囲炉裏の手」
SPICE 1/35 finished by YAGI

ワンフェス販売用に仕上げたものです。
この形で売り出す事になります。
WF会場販売価格 ¥5,000

 商品と一緒に、元となった作品も展示しますので、
ちょっと気になるな。というお客様は、

 B07-07 SPICE・オニンギョハン まで

 よろしくお願い致します。

 (今回、この商品に集中したので、ミリタリー関係の持込が
プラキット完成品のみ。となります。
 1/144キットや情景を楽しみにしてくれていたお客様、
 申しわけございません。

 また別の機会に、ミリタリーもの新作はお知らせいたします。)

                   Pucephalas

2008.02.21

1/700 駆逐艦 樅

Bl_momi 日本海軍駆逐艦 樅
HASEGAWA 1/700 modeling by OKADA

もういっちょ!
WL駆逐艦で最小サイズの樅(もみ)です。
大正~昭和初期の間に活躍した船。

ちぃっちゃい船体に構造物が凝縮して、
カッチョええね~ と作り上げました。

                古春男 

この作品は、Yahooオークション出品中です。
 オークション>プラモデル>艦艇>日本

1/700 駆逐艦 島風

Bl_shimakaze 日本海軍駆逐艦 島 風
TAMIYA 1/700 modeling by OKADA 

タミヤWLの島風を、1943竣工時状態に
 改造し、バルサで船底を作って
      フルハルモデルにしました。
マストを真鍮線で組み立て、船体の外板表現や、
12.7cm連装砲(PTのものを修正)などの
追加工作を行っています。

 船上作業員は40名。プラ板からの自作です。
                

                         古春男

 この作品は、Yahooオークション出品中です。
 オークション>プラモデル>艦艇>日本

2008.02.19

WF0802用新作/SPICE

080219a ワンフェス用の新作が出来ました。

SPICE新作
 化物草子より、「囲炉裏の手」 です。

 囲炉裏の火より伸びでる手を、1/35で模型作品としました。
 炎はLED発光で、ゆらめきます。

 額の表に小冊子を貼り付けて、
        本のような形にして販売となります。
         完成品販売・予価¥5,000

 ワンダーフェスティバル・08Winter
           2/24(日) 東京ビッグサイト
  SPICE・Oningyohan 卓 B07-07

 

 SPICE新作はこの一点だけですが、
 オニンギョハンの皆が、ずらりと新作を並べてくれるので、
            賑やかなテーブルとなりそうです。

 お楽しみに。

                Pucephalas

2008.02.18

1/16 シャーマン中戦車

Bl_16sharman WW2アメリカ  シャーマン中戦車
TAMIYA 1/16 finished by OKADA&YAGI

お客様よりの依頼で製作しました。
ラジコンのシャーマンです。
走行はもちろん砲塔旋回・、主砲上下
ライト点灯、に主砲発射動作に加えて、
発射音、エンジン音まで入っています。

 面白い模型でした。
 ラジコンユニットと組み立てをOKADAが、
 ディテールアップと塗装をYAGIが担当して仕上ました。

 Club135の仲間から見ると、いつもの作風と違うでしょう。

 リクエストもあって派手めの汚しにしてみました。

 といっても今までの塗装方法をベースに、しているので、
ここまでやってみても・・・の限界点まで挑戦。

 汚し塗装もリアルな表現というより、色を遊ぶ1つの手段と
捉えて模型を遊んでいる自分なので、
 いろいろ勉強になった仕事となりました。

                    Pucephalas

2008.02.17

燃えてます。

080217 囲炉裏の炎がゆらゆらと、

ようやく展示ケースに入れ込めて、
             完成も間近です。

 あとは物語を挿入して出来上がり。
 今夜は文章をゆっくり考えるとしましょう。

             Pucephalas

2008.02.16

1/144 サンダーバード2号

Bl_144tb2 サンダーバード2号
TAKARA 1/144 finishd by YAGI

お客様よりの依頼で製作しました。
タカラより発売されていた
    1/144 TB2 完成トイです。

とても良く出来た模型でしたが、
 コクピットやコンテナ屋根が取り外し等
玩具的箇所などがあり、それを改修しています。

 脱着部に生じる隙間と、全面のスジ彫りをすべて埋め
てあります。塗装をやり変え、パネルラインはスジ彫りで
なく、塗装によって表現しました。

             Pucephalas 

2008.02.15

間に合いそう。

Bl_080215 間に合いそう・・・なのは、WF用アイテム。

これも、浮世絵展でエネルギーを、
            もらったからでしょう。
その浮世絵展
 ギリギリで入った会場にも関わらず
     多くの見物人で賑わっていました。
列に並べられたのはいいけど、
           まったく前に進みません。
 皆様、熱心にご覧になられておられます。

 このまま並ぶと会いたいものに、ゆっくり対峙できそうになく、
 美人画と、武者・役者絵のコーナー
    (これが主役展示物でしょうが)は、
    列の後ろから頭越しに眺めながら行き過ぎました。

 歌川国芳の工夫絵では、さらに人が立ち止って動きません。
 ここも泣く泣く通り過ぎ、

 いざ目的の場所へ。

 あぁ良かった。ここは人が流れている。
 皆様の足は軽やかに流れていきます。 

 反して、自分の足はここに立ち止るのです。
         (ズレているのか・・・)

 らいこう様に、酒呑童子、鰐鮫、大百足に大蛇に大蜘蛛。
 こはだ小平次までも並んでいます。

 凄い凄い!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 興奮冷めやらぬまま、その夜は模型製作。
 こんなのズラリと並びました。
 

 室町時代の怪
 「古杓子の変化し女の手、火中より伸び出て、
                囲炉裏端の栗をつまむ」
 です。
 よかった、よかった。
                Pucephalas

2008.02.11

間にあった。

 間に合った! とここで書くとワンフェスのアイテム製作
のこと・・・・
 では無くて 浮世絵展 「幕末浮世絵アラカルト」
                       ひろしま美術館

 3連休など関係なく、今日は仕事。 
 明日は休みだから、楽しみにしていた浮世絵展 
             を観に行こうと、追い込み作業中。
 ちょっと手が空いたのでコーヒーを飲みながら、
               展示物などチェックしてみるか、
   などホームページを開いてみたら・・・
 2月11日(月・祝)まで、  そう今日です。

 慌て驚いて時計を見たら3時半。

 仕事ほったらかしに家を飛び出て、会場へ
 チケット売場は4時半終了で、
           なんとか間に合い会場へ入れました。

 切符握るその手には、塗料などが付いたままなことを
                      いまここで気付きます。

 「そんなこたぁ、かまやしねぇよ」

 そう作者達は言って迎えてくれるでしょうか。
 会場の様子は、また明日にでも。

 

 慌ただしい一日でしたが、
 ちゃんと帰って仕事は続けましたので心配なく。

 今夜は眠れそうに無いので、
        ワンフェス用アイテムの作業進むし、
                        良い一日です。
                   Pucephalas

2008.02.06

作品掲載 08.0206

完成作品の画像を掲載しました。

1/35 ドイツ  パンターG型 後期型
1/35 ドイツ  パンターG型 鋼製転輪

プケファラスHP

2008.02.05

ロバート・サブダ展

「ロバート・サブダ展」を観てきました。
 仕掛け絵本展です。

 恐竜などの飛び出す絵本 を作った作家といったら
         みんな知っているかと思います。

彼の作品はもちろん素晴らしいものだったのですが、
展示コーナーのひとつ、仕掛け絵本の歴史にあった、

「のぞきからくり絵本」 がとても印象に残りました。

実物を見るのは初めてです。
じゃばら状に折りたたんである本を広げると、
                 (手前から奥へ伸ばす)
 奥行きのある一枚の風景画が広がるというものです。
 数段階重ねた絵で表現してある風景なのですが、
       それを表紙の覗き窓から観る絵本なのです。

 劇場と、駅が広げて展示してあり、
 庭園は一枚一枚に分解し展示してありました。

 似た物は、切り絵遊びや手芸などで観た事がありますが、
 それらを面白いとは思っても、
            感動したというものはありませんでした。

 なら、なぜでしょう。
 違いは覗き穴が有るか無いかです。
 「覗く」というのが大事なのでしょうか。
 それだけではないような気がします。

 いろいろ考えて、
 やっぱり覗き穴が大事なものです。
 その覗き穴によって、
  そこから見える風景を占有することができた感動。

 小さな風景が自分の手の上に乗り、
 それを観れるのは、いま覗いている自分だけだという
    優越感のようなものが生じるのではないでしょうか。

 大きな風景を、小さな小箱へ閉じ込めて、
              自分だけの世界にした感動。
 
 これなのだろうね。 と書きながら答えを出してしまいました。

さて、それで自分の模型について考えると、  

僕も模型作品を作るときに、
  表現をしたい方向だけを見せるように努めます。
 ヴィネット作品でシャドウボックスをよく使うのは
                           そのためです。

 でもこれは 大きな情景 向きでは無い手法です。
 展示会場では光源などの問題も生じます。

 いま作ろうとしているのは、1/35戦車情景。
 これまでも建物や、木、公園の壁などで背景を作って、
 見せたい方向だけから、主体となる模型を正面とするように
 配置を考えてきましたが、

 展示会作品というのは、上から見下ろされるのです。
 そうすると、その効果の大部分を失ったものとなります。

 それを考えて、去年は見せたい場面だけの情景。
 5×5cmに乗る作品を作ったりもしました。

 さぁ、どうするか。
 また面白い季節がやってきました。
 Club135のみんなは、どんな新作を持ち込むことでしょう。
 

 今年の 「中国AFVの会」 は、
             4月20日(日) 倉敷芸文館 
                      で開催だそうです。

 こんなことばかり考えるのが好きで、
                なかなか手の動かない作者より。
                      Pucephalas 

         (あれこれ書きながらも・・・)
 作りたい模型を勢いのまま作り上げた人の作品が、
               いちばん良い作品だと思っています。 

2008.02.04

WF0802用のアイテム

080204d この冬、ワンフェスへ出品する模型の
              原型ができました。

 どこかで観た事がある?

 そう、年末に製作した「囲炉裏の手」を、
    WFアイテム用に再製作しているのです。
 

 「売れますかぁ?」と、周りの不安も振り払って、
        面白い世界がテーブルに広げられれば、
                   それで良いのですよ。 と、
       毎夜を片腕を撫でながら過ごしました。

 ほかにミリタリー模型と、1/144AFV車輌も持ち込みます。
 ・・・やっぱり、不安なんじゃないか・・・・

2008.02.03

1/35 USレンジャー

Bl_namrenger ベトナム戦争 USレンジャー
SOL-model 1/35 finish by YAGI

 こちらもレジンキット。依頼製作です。
 岩山を登る、米レンジャー 迷彩服。

 

 今日の休み、WF用アイテムを作業中。 
         1/35の薪ができました。??

                Pucephalas

2008.02.02

1/35 USスナイパー

Bl_namsniper ベトナム戦 USスナイパー
AFV-club 1/35 finish by YAGI

 これもレジンキット。
 米海兵隊・狙撃手です。

               Pucephalas

2008.02.01

1/35 ベトナム戦 米海兵隊

P_nammarine ベトナム戦争 アメリカ海兵隊
AFV-club 1/35 finish by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
 ビィネット風のレジンキットです。

 ノーマルのユニフォームにボディジャケット。
 M16ライフルを装備。

             Pucephalas

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ