フォト

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.30

1/700 空母 鳳翔 1941

Bl_hosho 日本海軍航空母艦 鳳翔
FULLSCRATCH 1/700
              modeling by OKADA

 初の本格的空母として誕生した鳳翔。
 大正時代に竣工した姿のはフジミから
キット発売されています。  が、
 こちらは、1941年大戦開始時の姿。
    フルスクラッチで完成させました。

 船体は長良のものを延長、幅を広げて使用。
 飛行甲板や煙突などプラ板より自作してあります。

 艦載機は、アオシマのキットより流用しディテールアップ。
 もちろん 人員はプラ板から切り出しでポーズも様々です。

 ホームページに詳しい画像を掲載しています。

                           古春男  

1/1200 宇宙巡洋艦 サラミス

Tk_saramisu10 地球連邦軍宇宙巡洋艦 サラミス
BANDAI 1/1200 modeling by TAKEMORI

 ガンダム一年戦争に登場の巡洋艦。
 製作したのはSPICEの新メンバー!

 JMCコンテストの常連の飛行機モデラー。最近は船がメイン
だそうで、フルスクラッチの海上自衛艦・計画艦なども製作され
ています。 
 ワンフェスにも興味あるそうなので、皆様、ご期待ください。

                SPICE・スケールチーム

2008.03.26

1/35 Uボート23型

Bl_35u23 ドイツ海軍 Uボート type23
  を、ホームページへ掲載しました。

 製作は、SPICE鉄道班S さん。
 以前に展示会で発表したものですが、
フィギュアや車輌を追加レイアウトして、
完成させました。

「幻影画廊」ホームページ

2008.03.20

1/12 Ninja ZX-RR

Bl_ninja カワサキ Ninja ZX-RR

カーペンターさん作の、
 ニンジャをHPへ掲載しました。

「幻影画廊」ホームページ

2008.03.18

また会いに行こう。

 来なかったな。
 でも、外に出られて良かった。 部屋に閉じ込めておく
のは力を封じ込めるようなものだ。

 嘆いて叫ぶところよりも、
 浮かれてくれる所のほうが感じ易い気もするし。

 それもいいか。とも思い。

 何より太陽の光を浴びれる場所なら、どこでも良いさ。

                Pucephalas

2008.03.17

ニンジャ

P1000706 こんなん出来ました

2008.03.15

1/35 日本歩兵・硫黄島

Blioshima 日本陸軍歩兵・硫黄島守備隊
DRAGON 1/35 finished by YAGI

 お客様の依頼で製作したものです。

 キットはストレート組み。 
 ドラゴンの初期のキットですが、
   フィギュアの顔もよいものでした。

 塗装は顔を油彩。服をエナメル塗料で塗ってあります。

                   Pucephalas

2008.03.13

掲載・大塚薬報3月号 

Otukayakuho0803_2 大塚薬報 2008年3月号 
      
以前に製作した「刺青」 が、
  挿絵として写真掲載されました。

 模型には関係なく、医療機関向けの情報誌です。
 機会があれば観てくださいね。 P44です。

                  Pucephalas

2008.03.12

作品掲載08.03.12

作品をホームページへ掲載しました。

「1/700 重巡洋艦 古鷹」  幻影画廊HP

「1/144 陸戦型ガンダム」
「1/144 ドムトローペン」
「1/144 ゲルググ陸戦型」 プケファラスHP

2008.03.11

1/700 重巡洋艦 古鷹

Bl_furutaka 重巡洋艦 古鷹 1941
HASEGAWA 1/700 modeling by OKADA

 製作したのは旧キットのほうです。
 幅広の艦橋は迫力があり作者の好みで
            こちらを選択しました。
 そのために艦橋基部や部品の精度に、
             問題は生じますが、
自作部品やパーツ流用などで改修してあります。

 手摺りや窓枠、カタパルトにはエッチングを使用しました。

 ご覧のとおり、フルハルモデルにして在ります。
 もちろん水上走行が可能!(マイクロ水中モーター)

 ぜひお風呂で走らせて遊んで欲しいなぁ。
 この模型はオークション出品しています。(3/11~)

 よろしくお願いします。

                  古春男               

2008.03.10

第8回 中国AFVの会

08afv02_2 第8回 中国AFVの会
4月20日(日) 倉敷芸文館

 そうです、Club135はなにより先にこの
イベントへ集中です。
               ・・・よね。

 思い返せば、倉敷へ辿り着くまでに
困難な事件が重なった昨年。

 いまのところみんな順調に製作作業を進めているようです。

 さて、今年はどんな作品を持ち込めるか。
           毎年、こころ躍る春なのです。

                幻影画廊 

08冬 ワンフェス打上げ!

 SPICE・Oningyohan で参加した、ワンフェスの打上げを、
先週末に開催しました。

 メンバー5人集い、久しぶりに焼肉。
 ビールと焼肉を美味しく食しながら
              祝勝と反省?会です。

 おっ、その前にひとつ事件が・・・
           まぁ、それはよいか。

 キャラクター班はもうすでに次作へと動き始めていて、
             この夏も面白いテーブルとなりそうです。

 負けずにスケール班も、としたいですが、その前に・・・

2008.03.08

HGUC ドムトローペン

Bl_domtrop ドムトローペン
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  こちらも製作依頼のものです。
ガンプラを汚せるのも面白いですね。
 1/144スケールなのであまり派手な事はできませんが、
ちょっとオーバー気味に目立つようやってみました。

 こういうのを作ると、ジオラマにしたくなります。

 それは戦車模型で、
              Pucephalas

2008.03.07

HGUC 陸戦型ガンダム

Bl_hgrx79g 陸戦型ガンダム
BANDAI 1/144 finished by YAGI

お客様よりの依頼で製作しました。
塗装の剥がれや錆などのあるミリタリー風の仕上と
なっています。バンダイの模型はエナメル溶剤に
とても弱いので、汚しには主にエアーブラシを使用
しています。

                Pucephalas

HGUC ゲルググ陸戦型

Bl_hggerugg ゲルググ陸戦型
BANDAI 1/144 finished by YAGI

お客様よりの依頼で製作したものです。
バックパックとシールドが専用のものとなっているので、
ゲルググキャノンのキットに付属のものを改造して、
それらしく形にしました。

                Pucephalas

HGUC ジムストライカー

Bl_hggmstrik ジムストライカー
BANDAI 1/144 finished by YAGI 

お客様よりの依頼で製作したものです。
カラーリングは通常タイプのジムのものに変更して、
増加装甲をオリーブドラブで塗装しています。

                 Pucephalas

                      

2008.03.06

作品掲載 08.03.06

 SPICE 鉄道班S さんの作品をまとめて掲載です。

 Club135とSPICEのみんなは知っていることですが、
Sさんは、ちょうど1年前に病気で入院されました。
 退院後、昨年夏くらいより自宅療養とリハビリを兼ねて
模型製作を再開されていました。 

 そして「1/80 幹線の駅」 情景が、その1作目として完成です。
 模型として素晴らしい作品ですし、その製作過程を見させて
いただいた自分としては、逆に励まされた思いさえあります。

 だってね、観に行くたびに建物が増えているのだから。
 (最初は、もっと小さな作品の予定だったのです。)

 みんなも負けずに、模型製作を遊んじゃいましょう。
 Club135の来月は「中国AFVの会」へ参加です!

  

 いままでにSさんが製作した鉄道作品をホームページにまとめました。
 ご覧下さい。

 「幻影画廊HP」 こちらのページより

                      幻影画廊

2008.03.05

1/80 幹線の駅

Blau_kosenkyo1 「幹線の駅」
original 1/80 鉄道班S

 電車と蒸気機関車が混在した頃の
駅風景を製作しました。

 駅舎・跨線橋・便所・倉庫・
        ポイント切替器などを
ボール紙とヒノキ材で自作。
 本線2本と、側線、貨物引込み線、ホームを配し、
 植え込みなどでアクセントをつけてあります。

 詳しい写真はホームページに掲載

 この作品はオークション出品中です。(3/3~)

                      SPICE鉄道班S

2008.03.02

玉虫厨子

玉虫厨子が復元されたと、今朝の新聞にありました。
法隆寺にある、かつては玉虫の羽で煌いていたであろう
        厨子(仏像・経典を入れる箱) のことです。

模型に関係が無い話ですが、嬉しいのでちょっと書きます。

16、7年前には自分は模型からかなり離れていました。
製作や購入どころか模型誌を立ち読みする
              ことさえしていなかった時期です。

その頃に読み耽っていたのは「澁澤龍彦」の本ですが、
 「ドラコニア綺譚集」の一篇に、
 玉虫厨子と玉虫を語ったものがあるのです。

 澁澤と、模型好きの旧友との話です。一部抜粋します。

「Kは手先がやけに器用だったから、当時、私たち中学生が
ひとしく熱中していた、飛行機や軍艦の模型を造ることに
図抜けて長じていた。といっても、当時はまだプラスチックが
実用に供せられていなかった時代だったから、したがって
プラモデルなんてものもありえず、私たちはもっぱら
ソリッドモデル、すなわち木を削って、紙やすりをかけて、
セメダインで部分品を接着して、最後にラッカーを塗って
完成させるところの木製の飛行機や軍艦をつくっていたの
である。
 しかしKが好んで手掛けるのは、それともいくらか違っていた。
彼はミニアチュール専門で、マッチ箱にはいるような
小さな戦闘機や爆撃機の模型をつくっていたのである。

 毎朝授業が始まる前に、Kはポケットから一個のマッチ箱を
大事そうにとり出す。マッチ箱をあける。そこには実物そっくりの
メッサーシュミットやスピットファイアや、ボーイングB17や
ノースアメリカンB25がはいっているのである。
 集まった級友たちのあいだから嘆声が洩れる。
 すげぇなぁ。うまいなぁ。
 マッチ箱から双発双胴のロッキードP38が出てきたときには、
彼らの嘆声はひときわ大きかったものだ。
 このマッチ箱のなかの飛行機の公開は、いつも決まって
授業の前に、級友を集めて儀式のように行われた。

(中 略)

 Kはマッチ箱を私の掌に押し付けると、そそくさと立ち去った。
私があけてみると、マッチ箱から出てきたのはヘルキャットでも
ムスタングでもなくて、一匹の死んだ玉虫だった。」 

     (以下掻いつまんで)

 戦争でそれら模型はすべて焼失し、
      ふたりとも大人になってからの噂話で、
 Kが玉虫厨子の復元に躍起になっている。それに呆れた嫁が
逃げ出したほどだ。 と澁澤は聞く。

 たまたま仕事で訪れた町がKの住む町だったので、
会って昔話を懐かしむうち、
 気になっていた玉虫厨子のことを聞くと、
                   やはり製作中だった。
 話は玉虫になった僧の話へと移り、別れ際に、
 Kは、作品を観に来るよう誘う。

 軽い誘いと断った澁澤だったが、
 数年後に友人は亡くなり、その玉虫厨子を観る事も
叶わなくなった。他の級友達の誰も観たことは無い
という。

       澁澤龍彦「ドラコニア綺譚集」
                  箱の中の虫について

 

 不思議に心に残る話となって、その数日後に自分は
久しぶりに模型屋へ入りました。
 購入したのは飛行機でなく、
         1/35 タイガー1型(旧版)でしたが、
 
 もともと好きだった遊びです。
 その後はポツポツと作るようになりました。

 まさか現在のようになるとは、
             想像もしていませんでしたが・・・・

 先日、物語を題材とした作品を造ったばかりです。
 あらためてこの話を読むと、
 ちぃっちゃな模型に惹かれるのも、知らず内にこの話に
引き込まれているからなのかもしれません。

 それもあって、今朝の記事が嬉しかったのでしょう。
 ただ、今回の玉虫厨子は、復刻とあります。

 それに対し、澁澤のエッセイにある友人Kの言葉は、
「(玉虫厨子を作っているという噂は) 否定しないが、
      復元というのは正しくないな。復元ではなくて、
  あれは俺の新作なんだ。まぁ、どっちでもよいか。」

                    だったのです。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ついでにひとつ、
 自分がタイガー1型(旧版)を作ったと書きました。
 実はその時にはもう、
        リニューアル版が発売されていたのです。
 部品点数の多さとキャタピラ組み立てに臆して、
         箱を棚に戻して旧版を手にしたのでした。

 ジャーマングレー筆塗りで仕上げた記憶があります。

 いま思い返すと笑ってしまいます。

               Pucephalas

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ