« 長崎の魚石 | トップページ | そして、こい »

2008.06.11

魚石の類話

柴田宵曲の本を開いてみると、
魚石にもいろいろ類話があります。

他人に求められて譲る前に、
          持ち主が石を無価値にしてしまう。
というすじは同じで、

たがね のほかに、斧で割るものと、湯をかけて
中の魚を殺してしまうものがあります。

後者は、せっかく渡すのだから奇麗にしようとの親切心から
起きた出来事でおもしろくもあります。

でも、やっぱり絵になるのは、たがね でしょうか。
水が噴出して割れた後に魚が跳ねる姿が思い浮かびます。

そんなことを想像しながら、
             ようやく手が動き始めました。

今夜は1/35スケールの鯉を削っているところです。
まずは、形出しまで。
080611c

       Pucephalas

|

« 長崎の魚石 | トップページ | そして、こい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/41505185

この記事へのトラックバック一覧です: 魚石の類話:

« 長崎の魚石 | トップページ | そして、こい »