« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.30

1/35 米海兵隊・タラワ1943

Bl_tarawa04 アメリカ海兵隊 タラワ1943
DRAGON 1/35 finished by YAGI

 続いてタラワの米海兵隊。
こちらもお客様よりの依頼で製作
したものです。

 キットはドラゴン・ジェネレーション2のもの。
 さすがに服のシワ、ポーズ、顔の表情とも、これまでの
キットよりも数段クォリティが上がっています。

 そのぶんパーツ分割が多く、基本工作に多くの時間が
取られました。
 今回はパテを使用せず、合わせ目などは
   ヒートペン 
(低温の半田コテのようなものでコテ先に
                                     バリエーションがある)
 を使用してシワに添って溶かしながら
                 ラインを消していきました。

 指の分割も、ナイフ状のコテを使って切り離し、指の関節に
筋目を入れてパーツが温かいうちにゆっくり曲げていく方法で
やってあります。

 といってもまだ馴れないこともあってうち3体はエポキシパテ
で指を作り替えとなりました。

 このGEN2のキットは、
 スペアのヘッドと、腕や手首などが付いてるほか、装備品
も多く付属し、パーツ取りにもオススメです。

 個人的にも新製品が出たら購入しています。
 ・・・が、たまにノーマル版が混ざるのでちょっと注意。

  (通常版の出来も良いものが多いのですが)

 フィギュアの塗装、とくに顔はしばらくやらないとコツを忘れ
がちです。今回はまだ5ヶ月ぶりだったので大丈夫でしたが、
 油絵具チューブの口がガチガチに固まっていました。

 道具の片付けと手入れはキチンとしなければね。
 ・・・と言うだけなのは僕でした。

 でもこの前、あるメンバーの作業場を見て、
 家の机まわりは、まだまだ奇麗じゃん。
                と安心していたりもして。
      整理整頓。 とても苦手です。         

                       Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.29

1/35 米海兵隊・硫黄島1945

Bl_iousima02 アメリカ海兵隊 硫黄島1945
DRAGON 1/35 finished by YAGI

 ドラゴンのフィギュアセット。お客様よりの
依頼で製作しました。
 以前に発売されていた「上陸作戦」のキットに、
新規の装備品、銃器、エッチングパーツなどを入れて
プレミアム版として再販されたものです。

 ポーズ、装備品などは説明書通りの組み上げですが、
ライフルなどを持つ指が銃から離れてしまうので、こここは
加工して密着させました。
 (初めてヒートペンを使ってみました)

 塗装は顔を油彩。服をラッカー塗料とエナメル塗料で
塗ってあります。

                  Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

作品掲載 08.10.25

ホームページへ作品を掲載しました。

 「幻影画廊 HP」 
 1/700WL 駆逐艦 霞     製作 古春男
 1/700WL 駆逐艦 冬月   製作 古春男

 「プケファラス HP」      製作 Pucephalas
 1/700 宇宙戦艦ヤマト 宇宙空母  
 1/500 宇宙戦艦ヤマト 主力戦艦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

1/700 駆逐艦 冬月

Ok_fuyutuki01 日本海軍駆逐艦 冬 月
PITROAD 1/700
          modeling by OKADA

 機動部隊の防空駆逐艦として建造された
秋月型8番艦として昭和19年5月に竣工。
 山名中佐のもと、天一号作戦に参加。
「大和」「矢矧」「霞」の乗員を多数救出し生還しました。

 模型はその1945年の姿で製作。
 対空機銃の増設、マストの作り替えに加え、マントレットや
応急伝声管などをプラ材で工作してあります。 

                   古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.16

稲生物怪録が展示

「稲生物怪録」は知っていますか?

 広島・三次に伝わる化物ばなしで、江戸中期の三次藩に
暮らす少年、稲生平太郎(武太夫)が体験し語った実話と
して、書物に残っています。

 切っ掛けは平太郎が友人との肝試しに百物語をしたこと
から。翌日より怪異が続出します。
 物が勝手に動く、音がするなどから、知人に化けた物ノ怪
来訪で悪さをされ、さらには妖怪が部屋を暴れまわる。
 はじめは驚きもした平太郎ですが、やがてなすがままと平然
として化物の出る屋敷に暮らしつづけます。

 化物騒動は一月続き、
       精根尽きたのは妖怪のほう。
 首領である山本五郎左衛門が正体を明かし、
         平太郎の動じぬ様を褒め称えて去っていく。

 という話。
 さらに山本五郎左衛門が平太郎に手渡したという、妖力を
持つ鎚というのが、広島・国前寺に伝わります。
 
 後日談のような妖怪退治話も伝わるほか、

 平田篤胤がその研究を熱心にしたことで江戸期にブームを
起こしたそうですし、泉鏡花や稲垣足穂など後世の作家も
それを題材にして物語を書いたりしています。
 さらに・・・・
 (続けると終わらないので、ここまでに)

そして、
 SPICEでも造形アイテムとして、これより題材を得ているの
は、ブログ読者なら知っていてくれる事でしょう。

 その絵巻物が、
  「広島歴史博物館」(福山) で展示されています。
   
 「稲生物怪録」の展示は10月17日~11月24日 まで、

 
 行かなきゃね。せったいに。
 
 三次民族資料館にあるものとは別のものだそうです。
 

そういえば、
 はきもの博物館へ行った夜。ちょっとした夢を観たので、
 もしも太郎作品と妖怪絵巻を同じ日に観たら・・・

考えると、
 震えてきます。楽しみで、

               Pucephalas  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

1/700 駆逐艦 霞

Ok_kasumi04_2 日本海軍駆逐艦 霞
PITROAD 1/700
          modeling by OKADA

駆逐艦 霞は、ハワイ作戦をはじめ各作戦を戦い抜き、
朝潮型駆逐艦最後の一隻として天一号作戦へ参加。
松本艦長の下、対空戦闘に奮戦するも直撃弾2発命中により
機関停止となり、冬月により雷撃処分となりました。
(冬月の山名艦長は、前に霞の艦長の任をしています)

 在りし日の駆逐艦 霞の姿を再現しましたのでご覧下さい。

 作品はピットロードのキットをプラ材とエッチングパーツ等で
ディテールアップしてあります。

     詳細画像は「幻影画廊」HPへ

                  製作  古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

1/500 ヤマト・主力戦艦

P_mainbattle24 宇宙戦艦ヤマト 主力戦艦
DO楽DO 1/500 finished by YAGI 

 続いてこちらもヤマト艦船のレジン
キット。宇宙空母とセットで依頼を受けたものです。
 縮尺は違って1/500  前のアンドロメダと同じスケール。

 主力戦艦はバンダイの¥100シリーズを小・中学生の
頃作ったことがあるので憶えています。
 ヤマト、アンドロメダやほかの艦船と並べて、超巨大戦艦
と対峙させて遊んでいたかな。

 主砲や対空機銃を折り曲げたり、焼き針でつついたりして
ダメージ表現?などさせたりして・・・

 んっ!? 30年経って、いまもたいして変わっていない??

               Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/700 ヤマト 宇宙空母

P_spacecarrier01 「宇宙戦艦ヤマト」 宇宙空母
SOY-YA 1/700 finished by YAGI

 イベント販売限定のレジンキットです。
お客様の依頼で製作しました。

 主力戦艦の後半が飛行甲板となっているので、
航空戦艦という感じでしょうか。
 以前に製作したアンドロメダよりもグラデーションを
きつめにかけています。

 アニメ放映当時にはプラモデルも発売されていたと
いう宇宙空母ですが、すでに僕の記憶からは消えて
しまって、
「こういうのカッコいいねぇ」 と、
 戦艦の戦闘力と空母能力を兼ねたこの船の活躍を
勝手にイメージして製作しました。

 そういえばフジミから、1/350で伊勢が出ますよね。
 ちょっと欲しくなってきた。

 子供の頃は航空戦艦といったら無敵なくらいに思えて、
ワクワクしたものです。
 「コレが一番強そう!」と、WLの伊勢を買ってもらって、
 知らない親戚の家での葬式の最中に、ずっと作ってい
た記憶は消えずに残っています。
 でも完成させた憶えが無く・・・・・

 作りかけの模型の入った箱の中で正露丸がゴロゴロ転
がっているイメージだけが強く残っていたりもして。
 たぶんいつものように車酔いしたんだろうな。

                   Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

作品掲載 08.10.09

ホームページへ模型作品を掲載しました。
 「幻影画廊」HP
  1/700 重巡洋艦 愛宕  製作 古春男
  1/700 駆逐艦 初霜    製作 古春男 
  1/700 軽巡洋艦 矢矧   製作 古春男

 「プケファラス」HP
  1/48 ハリアー2   製作 Pucephalas
  1/400 ホワイトベース
  1/144 HGUC RX-78-2 ガンダム

                     幻影画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

打ち鳴らせ!

 久しぶりに太陽の下を歩いた気がする。
 それもそう、あの森へ冒険したとき以来の日の光だ。

 あの時に観てしまった秘密、その後に感じる存在への不安。
 誰かが私を監視している・・・

 としたらミステリィのひとつも書けるでしょうが、
  (ちょっと仕事を溜めてしまったのと、本来の不精に
    よるものだからなんの格好もつきません。)

 ようやく落ち着いたので、
             今日の休みは福山のほうまで。

 いま 「はきもの博物館」で
【足あと広場から30年 岡本太郎 展】 が開催されています。

 ここを訪ねたのは小学校の時に行った遠足でのことだから、
 自分もほぼ30年ぶりということになります。

 その時の記憶がだいぶ薄れているところに、中庭が塗り直さ
れたと知ったのでまた訪ねてみることにしました。

 そして期待は良いほうに大きく裏切られます。

 まずは「午後の日」のお迎え。(広島現代美術館にもあり)
 そして「坐る事を拒否する椅子」

 さらに「梵鐘・歓喜」  打ち鳴らしてもいいと説明書きがある
ものの、それでも心配になって、
    鳴らしてもいいですか?と聞いて 小槌を振りました。

  グゴ~ン~~~~・・・

 展示室には「記念撮影」をはじめに10数点の絵画に、
 「湧き上がる」ほか立体作品も同じくらいあって、
 ほかに陶器やバネルなど、
 十分に楽しめる内容でした。

 常設展のほうも一回りして、
 やっぱりまた鳴らしたいなぁと 鐘のところへ戻って
 もう1回いいですか? そう断って
 グゴォ~~ン
 ついでにもう一度
 ガ~ン~~・・・

 岡本太郎自身が鳴らしていた映像(CMだったか)
  のようにガンガン打ち鳴らしたいけど、さすがに怒られそう。

 それでも、もう、いっぱい満足。

 しばらく中庭を眺めたり歩いたりしてから、
 また川崎の美術館へ行きたいな。アトリエ(記念館)へも、
 と想いを深めながら建物を出ると、
 そこで幼稚園の団体とすれ違いました。

 しばらくして背中から聞こえてきたのは、
 鐘の打ち鳴らされる音。 

 素晴らしい! 拍手!!

                  Pucephalas     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

1/700 軽巡洋艦 矢矧

Ok_yahagi04 日本海軍軽巡洋艦 矢矧
TAMIYA 1/700
       modeling by OKADA 

第二水雷戦隊旗艦となり、1945.4.6 
大和以下8隻の駆逐艦とともに沖縄へ向けて出撃。
古村少将座乗し原為一艦長のもと、魚雷7爆弾12発
を受けながらも奮戦した最後の軽巡洋艦
             矢 矧 の姿をお楽しみください。

 製作にはタミヤキットをプラ材と伸ばしランナー、
エッチングパーツや真鍮線などでディテールアップして
います。

 いつも通り、プラ板切り出しの兵員が仕事中!

                       古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

1/48 AV-8B ハリアー2

Bl_av8b20アメリカ海兵隊 AV-8Bハリアー2
HASEGAWA 1/48 finished by YAGI

 最近は空さらに宇宙ものの製作が
続いています。お客様よりの依頼で
製作した、ハリアーです。

 コクピットはアイリスのレジンパーツを組込んで、
フラップダウン、ステップを出した状態へ小改造し
てあります。

 ミサイルなどの武装はもちろん、現用機は細かな
突起物がいろいろあって塗装と組み上げに神経を
使います。
 AFVだと、部品が飛んでもダメージ表現すれば
OKと気楽にやれるのですが・・・・
 (もちろんプライベートなものは、ですよ)

 このハリアー展示用にベースを2点製作したので
すが、その作業が一番リラックスできた時間だった
ように感じます。
 やっぱり陸の人・・・なのか?

 そして、ようやくAFVもの、
 フェルディナント駆逐戦車の製作を開始。
 クルスク戦の情景で依頼製作を受けました。

 ついでに、自分のためにブルムベアも仮組中!!
 こっちは完成まで期待薄で見守ってください。

               Pucephalas  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »