« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

1/700 日本海軍戦艦 武 蔵

Ok_musashi2v 日本海軍戦艦 武 蔵
FUJIMI 1/700 modeling by OKADA

今年最後の完成品。
 製作者は古春男さんで、戦艦 武蔵をブログへ掲載です。
 最後の作戦となったレイテ沖海戦・ブルネイ出撃時の姿。
 夜間迷彩ともされる黒っぽい甲板に、対空機銃を増設、
機銃座周りを土嚢で囲った、猛々しい姿。
 低いシルエットに力強さを感じます。

 今年最後の一品ということで、
 いつも以上に気合入った作品となっています。
 プラ材切り出しの兵員は120名!
 防空指揮所から対空機銃座まで、それぞれ持ち場に
並びます。

 追加の画像はホームページ「幻影画廊」で、
     武蔵 追加画像

    「次、フジミ金剛やってます!」                    

                       製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もお世話になりました 08

081231a 2008年も暮れていきます。
 今年も模型を仕事・遊びに楽しませて
もらった一年。
 いろいろお世話になりました。

 ありがとうございます。

 さぁて、正月休みはどうするか?
 料理の準備もだいたい済んで、お酒も各種並んだし。

 どの模型やろうかな。候補は5つ。
 その前に復刻版の少年探偵シリーズか、

 長期連休に馴染んでいない自分なので、
 こういうのでも楽しい時間なのです。

 皆様もよいお年をお迎えください。

                      Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.30

1/35 M35A1ガントラック

P_m35guntruck03 M35A1ガントラック
AFVclub 1/35 finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
今年最後の完成品は米軍ガントラックです。

 ベトナム戦で使用された車両です。
 現地改造の増加装甲と、4連装機銃でいかつい格好と
なっています。
 ・・・が、サイケなマーキングで面白い車両でした。

                      Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

1/350 重巡洋艦 摩耶

P_350maya09_2 日本海軍  重巡洋艦 摩耶
AOSHIMA 1/350 finisded by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。
 アオシマのキットと、純正エッチングパーツ
での組み立てということでしたが、そのままだと21号電探が
プラキットのままとなり、他にエッチングを使用した部分と
つりあわないので、ここは金属メッシュとプラ材を加工して
自作しました。
 キャンバスなどを廻らせてアクセントをつけてあります。

 製作途中でフジミ製の武装パーツが発売。
 彫刻が細かく素晴らしいので、高角砲と単装機銃は交換して
使用しました。

 1944年、摩耶が最後に戦闘参加した状態です。

 模型店の棚に1/350新作が次々と並ぶ今日、
 プケファラスでも今年、3隻製作。
 たしかに飾ると見映えがします。・・・けど自分で所蔵するには
おっきいのだなぁ。 
 (部屋が狭いので・・・しかも片付かないまま年越しそうだし)

                    Pucephala

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

今年のやり残し・・・

 そうタイトルにして自分のことを書くと取り留めがなく
なるので、
 完成させられなかった模型たち。

 ああ、こう書くとさらに締まらないので、
 作り上げる希望をもって、箱に入ったままになっている
製作途中品たちです。081226c 081226d
 1/35チャーチル
 1/35ブルムベア
 1/35オペルブリッツ
 1/35馬車
 1/48キングタイガー

 おっきめの戦車つかってジオラマでバーン!って、
と考えた春・・・ (チャーチル)は、すぐにぱぁ~んと破れて

 スケールダウンさせ1/48でじっくり作り込みやってさぁ・・・
と取り組んだキングタイガーは、車体と防盾の装甲表面を
パテで再現したあとはどっぷり箱の中。

 ブルムベアは発売を心待ちにしたもの。ドラゴンの中期型、
トライスターの初期型で悩んで後者を入手。
 発売すぐに買って組立てに入った、自分にしては珍しい一品
 作業時間も長く、9・10月はよく触っていました。
 部品点数の多さにも負けず組み上げましたが、別件で
クルスク戦の情景を作ったことで、急激にトーンダウン・・・
        中期型でイタリアをやろっかな~

 馬車は今年一番のあたりキット!!
 ジオラマにするイメージがいろいろ浮びます。
オジイさんと、女の子の出来もスゴク良くて、眺めているだけで
風景が流れていきます。
  つい先日もまた買っちゃたし、
       自宅在庫がないと心配になるアイテム  

 ほか、ドラゴンとマスターボックスのフィギュアは新製品の
度に買ったかな。あとタミヤ1/48も、

 このうちどれかを正月休みに・・・
 それともいま箱を開けた、タミヤのヤクトタイガーを

 明日はClub135の忘年会。みんなは何をやっているだろうか、
             楽しみに

                       Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.21

SPICE 09年へ向けて始動

 昨夜、SPICEのミーティングは焼肉の食べ放題で。

 年越しはいつも2月のワンフェスを考えての進行で、落着か
ないまま過ごすのですが、
 この冬はイベント参加が無いので、ゆっくりしています。

 それでは新作への意欲も出てこないので、
 4月終わりにイベント参加が決定となりました。

 寒さもますます深まっていこうこの時期、
 春はだいぶ遠く感じます。
 正月はゆっくりお酒を飲んでもいいな。よい年越しとなるなぁ~

 といっても新作は決めとくべきと考え・・・

 「稲生物怪録」を続ける予定はあるものの、
         これはかなりマイナーテーマと判りました。
     (いまになって判るのもおかしいのか、)

 そこでメジャーな人の力を借りるとしましょう。

 その名は 「喜多川歌麿」
           だれでも知っている浮世絵師

 彼の描いた絵を題材に、立体化した模型。
 そうPOPに書けば、急ぎ歩く人も足を留めてしまう・・・はず。

   「これはなんなのですか?」 なんて、
 もう、展示品の前で首をかしげる人などないでしょう。

   その元絵はコレ!!
                                081221
 歌麿による画

 地面に木もあるし、
 もちろんスケールは1/35だね。

 提灯もボオッっと光らせたりして。
    ねっ。いいでしょう。

    歌麿の  妖怪 (木にすわるお化け)
          ????????

                   Pucephalas

焼肉でお腹パンパンだし、ビールもいっぱいのんじゃったし・・・
 4月? なにかあったような・・・・あっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.15

1/35 ドイツ 2号戦車

ドイツ 2号戦車 フランス1940
TAMIYA 1/35 modeling by KITANO

  まさる/Club135 さんより新作か届きました。
 タミヤ・2号戦車を使用してのジオラマ作品。

 第7戦車師団の1輌です。
 パンツァーグレイと砂塵の汚れで上手くコントラストが
ついていい作品ですね。
 あっ! アヒルもいる。

                製作 まさる/Club135Kt_pz2b_5  Kt_pz2a_3 Kt_pz2c_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

作品掲載 08.12.14

ホームページへ作品を掲載しました。

 1/72 中島九一式戦闘機    プケファラスHP 
 1/700 ロシア デルタ3型潜水艦
 1/700 ロシア オスカー2型潜水艦
 1/700 アメリカ ラファイエット級潜水艦
 1/16 フランス空挺部隊兵士
 1/35 ベトナム戦ヴィネット2作
 1/1000 N-ノーチラス号

                Pucephalas

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.12

1/1000 N-ノーチラス号

P_nnotiras02 N-ノーチラス号
J-FACTORY 1/1000
             finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
「ふしぎの海のナディア」に登場した宇宙戦艦。
のワンフェス等イベント販売のガレージキットとして販売
されているようです。
 主翼と尾翼が連動して開閉する凝ったギミックが
されていました。

 ナディアのアニメを観た事が無かったので、
 イラストやDVDパッケージ、バンダイのノーチラス号キット
などを参考にして色を作ってみました。
 それぞれのイラストで色が違うので、塗装していくにつれ
好みの色合いになっていきましたが
 仕上げてみると、以前に製作したエヴァ初号機のとき使
った色に近い感じ・・・
 ・・・これも同じ製作会社と知って、ほっと安心した仕事。

 艦を操るのもネモ艦長だそう。
 アニメ作品にも興味が湧きますが、ナディアのビデオとか
無いので、
 ひさしぶりにJ・ヴェルヌの小説でも読んでみるかな。

                     Pucephalas

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.11

1/80 乗降場 湧網線・福島

Sm_fukushima05 乗降場 湧網線・福島
original 1/80 modeling by 鉄道班S

 乗降場を撮影したワンカットより製作。
簡易ホーム、待合室、防雪林を配してみました。

 実存した駅ですが、製作はイメージを優先させています。
 建物はボール紙とヒノキ材、ホームもヒノキ材ほかを使用
して作ってあります。

              製作 SPICE鉄道班S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/6 ハーレーダビッドソン

Om_harleyblack02 ハーレーダビッドソン クラッシック
TAMIYA 1/6 modeling by Oomukai

 カーペンター/Club135さんから新作が
届きました。
 前作に続いて1/6スケールの大型バイク。
車体のブラックがキレイに磨かれているし、
デカールも曲面にうまくフィットしています。

 タミヤのデカールはなぜかマークソフターと相性がよくない
のですよね。本人は蒸しタオルを使用したそうです。

 AFVからバイク、ガンダムまで。カーペンターさんの幅広さ
に感心。
 次は、グリレHをやる?

この作品は、いま
 府中町鹿籠郵便局に飾らせてもらっています。
近所の方は年賀状の投函ついでにでも観に行ってあげて
ください。

                 製作 カーペンター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

1/72 中島 九一式戦闘機

00bl91sen日本陸軍 中島 九一式戦闘機
AZmodel 1/72 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。
 九一式戦闘機は昭和初期に生産・採用された機体です。が、実戦参加はないようです。

 そういう機体なので、メジャーメーカーからのキットはなく。預かったのは、輸入キットAZモデルのもの。
 内容は簡易インジェクションの主要パーツに、レジン製の
エンジンとコクピット。細部はエッチングという複合キット。

 写真等と見比べて、形状はよく、大きな歪みもなかったので、
製作を開始。

 布貼り表現を目指して、機体と主尾翼のモールドを消して
プラ材とパテでやり直しました。
 塗装は灰緑色のようですが、クレオス灰緑色よりも白っぽく
してあります。:
            (内容は、プケファラス製作記で)

 製作にはいろいろてこずりましたが、戦争をあまり想起させ
ない形に、愛着がわいた一作となりました。
 完成した模型はすでにお客様へ届けたので、

 ちょっといま 九三中練をくみ上げていたりして、

                     Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

1/144 海上自衛隊P-3C

P_ok_p3c02 P-3Cオライオン
MICROACE 1/144
            finished by OKADA

 続いても古春男さんの製作。
 プケファラスに依頼のあった仕事を、代行してもらい
ました。
 キットは旧LSのものに特別塗装のデカールをつけた
もの。下総基地所属の特別塗装機です。

 基本的に説明書に準じての製作ですが、パイロンなど
一部ディテールに手を入れてあります。

                      製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/700 軽巡洋艦 大淀

Ok_ooyodo02日本海軍軽巡洋艦 大淀
FUJIMI 1/700
       modeling by OKADA 

1943年2月に竣工した大淀は、当初、大型カタパルトを装備し、搭載機に紫雲を運用するも性能を発揮できず、カタパルトを呉2号5型へ変更、格納庫を指揮所へと変更し連合艦隊旗艦として、マリアナ海戦(内地での作戦指揮)、レイテ海戦(小沢機動部隊の直衛で作戦参加)、サンホセ突入作戦、北号作戦に出撃しました。その後、帰港した呉にて3月19日、大空襲により中破、続く空襲で江田島沖で大破転覆しました。同型艦はほかに無く、最後の大型軽巡となった特異なシルエットをフルハルモデルで製作しました。

                 製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.02

模型をさわらない休日

 光景 thier site/your site  池田朗子 (青幻舎

 今日は、この写真集をながめて、
               模型はまったく触らないひと日。

 ちょっと変わった写真を面白く感じたので手に取りました。
 雑誌等の風景写真から人・動物・建物・木などを切り抜いて
起こしたものを写真にとっている作品です。

 飛び出す絵本のような、といったら判りやすいでしょうか。

 切り取った人の写真だけを起こして、背景は平面のままだか
ら、立体的な・・・角度が違う平面世界が面白くみえたのか。

 ページをめくると、無造作のように置かれた数冊の本から
数体の人物が立ち上がっています。
       「ちんちん小袴 だね。これは、」

 文房具などと一緒にこのヒトタチが遊ぶ姿は、
                 「んっ?よく見る景色だ。」
 そう完成間近のフィギュアが作業机に並ぶ景色と同じ。

 動物なども加わって賑やかになった写真は、
                     ジオラマに見えます。

 終わり頃の一枚。公園のような町風景のなか、木が一本
立っている写真があります。
             「すっごいじゃん。リアルな木!」
         それはそう、本物の写真なのだから。    

 結局、そうです。ミニチュアという遊びを感じて面白かった
のだと気付きました。

      「そろそろなにか造りたくなってきたぞ!」

                        Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »