« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.29

1/700 日本戦艦 扶桑

Ok_fusou07 日本海軍戦艦 扶 桑
AOSHIMA 1/700
           modeling by OKADA

古春男さんからペースよく新作!
 アオシマキットをエッチング、プラ材でディテールアップ。
 いつものプラ板フィギュアがいないのは、
   扶桑の特異なシルエットを楽しんで欲しいからだそうです。
      (くれぐれも手抜ではないことを了解ください)

 戦艦 扶桑は、大正4年に呉で竣工し、当時は弩級戦艦
                    として世界最強を誇りました。
 何度かの改修をうけ、本格的実戦となる
                 昭和19年10月レイテ戦に参加。
 西村艦隊の一艘として同型艦・山城とともにレイテ湾を目指す
もスリガオ海峡で、米軍による多数の魚雷を受け
                      壮絶な最後をとげました。
 その最後は船体がまっ二つに割れ、爆沈。
                  一兵の生存も無かったそうです。

 特徴のある艦橋をもつシルエットの扶桑を、
                    最終時の姿で製作しました。

                           製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

製作中 イベント作品 .2

090321bそう、その前に神戸・イベント原型の
           仕上をしなければ。
ひとつめのお化け用の
   情景ベースを作って、
       なんとか間に合いそうだ。
今月中に複製までいければよし と、
 
 自分でもすっかり気にいっちゃったな~
 焼酎と、かりんとでちょい今宵は乾杯。

               Pucephalas  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

製作中 イベント用作品 .1

090320b 岡山へ向けての作品製作中。
フィギュアが組みあがったところで、
             その報告です。
マスターボックスの仏レジスタンスのものを小改造。ボーズや服装、装備品をちょちょっと変更。さて、次はベース・・・とその前に、

                                    Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.19

中国AFVの会まで、あとひと月

第9回 中国AFVの会まで あとひと月。
Club135メンバーのみんなは作品製作進んでいますか?

イベントポスターの掲示とチラシ配布を
 ホビーセンター ヒロシマ
 レオナルド広島店

 さんへお願いしてきました。

 メンバーは店員さんへ声掛けよろしくです。

 ホビータウン は、
   主催者から掲示願をしてくださいました。

 みんなの作品が集うのもひさしぶり。楽しみです。

                    幻影画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.18

1/700 軽巡洋艦 五十鈴

Ok_isuzu2a 日本海軍軽巡洋艦 五十鈴
TAMIYA 1/700 modeling by OKADA

  古春男さんのWL新作です。
 タミヤキットをプラ材、エッチング、真鍮線でディテールアップ。いつものプラ板切り出しの兵員も60名ほど並んでいます。
軽巡 五十鈴について、
 長良型2番艦として大正9年に起工し、12年に就役。
 歴代艦長として山本五十六、山口多聞などを輩出した
名鑑です。
 香港攻略からソロモン諸島での作戦に従事。
 南太平洋海戦・第3次ソロモン海戦で活躍しました。
1944年9月に防空巡洋艦へと改装され、レイテ戦 
                       小沢艦隊に参加。
(模型はこの時期の姿として製作してあります。)
1945年4月7日、米潜水艦2隻による雷撃で没した
 その日は、奇しくも大和の最後と同日でした。

                  製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.17

1/48 紫電改

P_sidenkai01 川西 紫電21型・紫電改
HASEGAWA 1/48 finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
キットはハセガワのリニューアル版。

 色を青味がかかった暗緑色との指定だったので、
「世界の傑作機」などのカラーイラストを参考に調色しました。

 機体は松山・第343海軍航空隊に所属の、杉田庄一 機。

 黄色のラインと、胴体国籍マーク(機番なし)は、コーエーの
日本海軍機集.2にあるイラストを参考にしました。

 青味がかった緑に、赤・黄色が配色された機体はとても奇麗
に見えます。退色表現と汚しを抑え目にして色のきれいさを
邪魔しないように気を配ってみました。

                        Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

1/128 シービュー号司令室

Ok_seaview15 昨日のブログで、見せられなくて残念・・・
 と書いたシービュー号の司令室。

 製作途中の画像を送ってもらっていたの
で、それを載せておきます。

 司令室とフィギュアはキットパーツを使用とのことですが、この塗り分けは古春男さん得意とする筆使いの成せる技。

 縮尺が1/128なので、人形の大きさは13~14ミリ。
 その細かさがわかってもらえると思います。

 そして、たぶん今夜は・・・・
  1/700水兵さんをプラ板より切り出しているだろう頃かと。

                  製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

1/128 原潜シービュー号 

Ok_seaview00 原子力潜水艦シービュー号
MEBIUS 1/128 finished by OKADA

古春男さんから新作を見せてもらいました。

 最近ブログへ1/700艦船模型での登場がなかったので、
どうした?と心配されていた方もいたかもしれませんね。
 実はコレを製作されていました。

 昨年発売されたメビウスモデルのプラキットです。
 全長1メートルくらいの大きな模型、
 それを電飾仕込んでの製作です。

 コクピット内部も細かく作られているのですが、写真で
見えないのが残念。
 (前方の窓からしか覗けないので、
                完成後ほとんど見えず・・・)

 いまは1/700艦船に戻ってこられたようです。

 軽巡 五十鈴を製作中。 こうご期待!!

               製作 古春男  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

どろどろ、どろん と始まります。

今週末より、広島市現代美術館で、

 どろどろ、どろん 
    異界を巡るアジアの現代美術 展

 が開催。楽しみにしているのですが、
 どうやらそこで
    「稲生物怪録絵巻」 が展示されるようなのです。

 告知ポスターの前、頭の中に三次の妖怪達が
         暴れ踊りまわりはじめたようで・・・

 どうする。どうする? (何がどうする?)

 次の休みには比熊山へ・・・
              じゃなく、比治山へ

                    Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.08

第9回「中国AFVの会」 開催のお知らせ。

毎春、岡山で開催される「中国AFVの会」
 今年も下記のとおり開催との知らせが届きました
 (前回と会場が違いますのでご注意ください)

★★第9回「中国AFVの会」開催のお知らせ★★

日時 200年4月19日(日)10時~16時

場所 岡山県岡山市奉還町1-7-7オルガビル 4F
(オルガギャラリー&スタディールーム)

     (TEL 086-256-7244)

   JR岡山駅西口より津山方面へ徒歩で約5分

今回のキャッチフレーズ(ディスカッションテーマ)は

    「これがオイラの作る道!」です。

参加費 500円 
(併設有料P有り。ただし車高2m以下。
          また、近辺にも有料P有り)

主催 中国AFVの会実行委員会/未完成チ-ム(岡山)

協賛 ルフトバッフェクラブ(岡山) クラブ135(広島)

   模型の会「轍」(島根) 土佐模型クラブ(高知)

当日は、投票方式のコンテストを実施します。
        スケ-ル自由

今回は有志による企画「装輪祭」
装輪車輌・ソフトスキン含む)のテーブルを特設予定です。

 詳しい内容、問い合わせは
     「中国AFVの会連絡ページ」まで

Club135メンバーへお願い。
 実行委員会よりポスター・チラシを預かっています。
 最寄りの模型店などに掲示をお願いできる方は、
           幻影画廊まで連絡ください。

                   幻影画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.07

1/35 3号戦車L型

P_pz3ldak02 ドイツ 3号戦車L型
TAMIYA 1/35 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。
 チュニジア戦の3号Lです。
 増加装甲代わりの土嚢、予備キャタピラを満載した
状態。
 砂漠なので、雨だれやサビ垂れなどは控えめにして、
 いつもより少し白っぽく仕上てみました。

                  Pucephalas 

 

 WBC韓国戦はまだ4回裏ですが、
 いまからちょっと出かけなければいけません。
 日本のブルペン陣とこの点差なら、
            もうだいじょうぶですよねぇ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.06

1/144 量産型ジム

P_hgucgm02 RGM-79 量産型ジム
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。

 今夜はもう1つ続けましょう。
 4機製作のラストはこれ、量産型。
 シンプルな機体は 1st世代の自分には
ホッとさせてくれます。
 キットはHGUCシリーズのもの。シリーズとしては初期の
ものですが部品点数も抑えてあって、とてもいいキットです。

 フックや装備品を追加したほか、シールドなどを簡易型
に改修しています。
 キズや塗装の剥がれ、サビなどを描きこんでミリタリー風
の仕上で完成。
                   Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ジムスナイパー

P_hgucgmsnip13 1/144 RGM-79G ジムスナイパー
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。
 ジム系MSの3機目は、ジムスナイパーです。

 陸戦ジムと同じ08小隊・HGキットですが、使用したのは
胴体と頭部。手足と腰はHGUC・陸戦型ガンダムのものへ
交換してあります。
 膝立ちのポーズでライフルを構えるためで、小改造で取り
付けられます。

 設定によると、陸戦ジムと武装以外は変わらないとあった
ので、それでは可哀相・・・
 (MSVシリーズのものはいろいろ変わっていましたよね)
というわけで、 
 カメラと発煙弾を追加。バーニアを一回り大きなものへと
変更。ライフルにはカモフラージュネットを被せました。

                   Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

1/144 ジムコマンド

P_hgucgmcom07 RGM-79G  ジムコマンド
BANDAI 1/144 finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作したジム系
つづいては、ジムコマンドです。

 ガンダム0080・ポケットの中の戦争に登場した機体。
ジムの後期生産型との設定だそうです。

 キットはHGUCシリーズのものを製作しました。

 フックなどの追加と汚し塗装で、ミリタリー風の仕上げ。

 ウェザリングは、
 エナメル塗料で重ね塗りをせずに、基本塗装の後で、
色を変化させたい部分に、薄めたラッカーを数色エアー
ブラシで細吹き。
 足回りはパステルを混ぜたアクリル塗料・サンド色を
塗ってすぐに溶剤で拭き取り。
 最後に強調したい汚れを薄めたアクリル塗料をエア
ーブラシで様子を観ながら重ねて仕上としています。

                Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.04

1/144 陸戦型ジム

P_hgucrikugm11RGM-79G 陸戦型ジム
BANDAI 1/144 finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。
ガンダム系はひさしぶりです。
 まずは先行量産型のジムを紹介。(4機やってます)

 キットは08小隊シリーズから。
 基本はキットのままとして、頭部とバックパック、
膝当などに追加工作。
 ミリタリー風ということでしたので、
 キズやサビ、雨だれ等の描きこみと、砂塵や煤などの
ウェザリングをしています。

 こういうのは戦車模型のまんまテクニックを使えるので、
安心して取り組めます。
 (まえにも書きましたが、スナップキットはエナメル塗料で
のウォッシングは厳禁です。ご注意を)

                 Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »