フォト

« ついで、ついでに、 | トップページ | 1/35 九七式中戦車チハ »

2009.09.25

さらについで、

鬼の真偽が確かめられず残念なまま、
帰る途中に古墳を眺めながら。ということになりました。

道中、
 「高梁市ってとこは、寅さんの弟 ひろし の実家があるん
じゃなかったっけ」 と、
 「マドンナ役の竹下景子が、寺の娘でさぁ」 
      (うろ覚えです、注意ください)
 「金田一が清音駅からこの高梁川を渡って、殺人現場へ
行くんだよ」 
 「この北に八つ墓村の鍾乳洞のモデルとなった
洞窟があるよ」
 などと喋っていたら、道から逸れたよう。

 石垣のような物がある山が見えてきた。
 これは・・・・! そう、鬼の棲家だ!!

 鬼城山の近くに出たらしい。 鬼に呼ばれたか。
   (実際は吉備津彦の鬼退治とは、
        時代が違うようです。百済滅亡の頃)
 
 しばらく眺めて、もと来た道へ。

 すると、横溝正史の疎開宅の看板が見えた。と、
 ついでに、よってみよう。
 00090920_51  

 開館は4時までで、
    もちろん門は開きませんでした。

 吉備で2番目に大きいという作山古墳を散策して、
帰路は、
 井原線の高架沿いの道へ。
 井笠鉄道が廃止後、JRのこの路線に含まれている
そうです。
 その終着・神辺駅(広島)まで出て、この旅は終わり。
   (注 これも一度聞きかじった、うろ覚えです)

 次の模型ネタは転がっていたのか、発見できたか、
           それは、またいつか。

                    Pucephalas         

« ついで、ついでに、 | トップページ | 1/35 九七式中戦車チハ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/46312275

この記事へのトラックバック一覧です: さらについで、:

« ついで、ついでに、 | トップページ | 1/35 九七式中戦車チハ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ