« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009.10.30

作品掲載 09.10.30

作品掲載 09.10.30

SPICE鉄道班S さんの作品を
            ホームページへ掲載しました。

幹線の駅舎と機関支区事務所

田舎の商店 電気屋

田舎の商店 種苗店

田舎の商店 万屋

田舎の商店 たばこ荒物店

           製作 SPICE鉄道班S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.29

1/80 幹線の駅舎と機関支区事務所

Bl_miharst2_49 幹線の駅舎と機関支区事務所
FULLSCRTCH 1/80
              modeling by 鉄道班S

 ひさしぶりに、SPICE鉄道班Sさんより作品が届きました。定番のサイズになってきた900㎜×450㎜サイズの鉄道情景。

 今回は、駅舎・跨線橋・ホーム・機関支区事務所
       信号テコ所・倉庫・食堂を配してあります。
 線路は本線(上下)と、貨物船、引込み線の4本。

 ボール紙とヒノキ材でスクラッチほか、エコーモデルの
パーツや、KATOのフィギュアを使用して駅と駅前の風景
を製作。

 じっくりご覧ください。
                 製作 SPICE鉄道班S
Bl_miharst2_21Bl_miharst2_18Bl_miharst2_11   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

昨日の続き、

そろそろ決めないといけないのは 
       2010WF冬での展示アイテム。

 「殺生石」でいこうか、それとも・・・・と、いまも迷いながら
ブログを書いています。
 書き終わるまでに、ビシッと定まらないものか。

 先日、模型仲間よりお酒に誘われて、いろいろ話をした
なかにヒントがなかったか。
 夜の9時から2時過ぎまで楽しく話せた、その中に・・・・。

   「 シソの焼酎は美味しいものだナァ 」

 くらいしか思い出せなかったり。
 よほど、美味しい時間を過ごしていたみたく、
           模型のことなんか話していないようだ。
      (もちろん、お化けの話なんかも) 

  SPICEのメンバーは、みんな進めているかな。

そうそう、
 来春開催の「中国AFVの会」の知らせが届いています。

 場所などが変更。
 10回という節目の開催でもあり、
    いろいろ意見も求められているので、
         近いうちに、Club135 メンバー召集です。
  
     11月の第二土曜日くらいどうかな。         

                       Pucephalas 

     ん!? なに書いていたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.27

空から降る石

先週中頃~週末にかけて、散歩時間をちょっと遅らせて、
 0時を回って出かけてました。
 そう、流れ星が観られるかな。と、
 
 はっきり見えたのは1つ。 流星群というほど、いっぱいは
流れないものだなぁ・・・・
 というよりも、考え事ばかりしていたからか。
 
 寒くなってきたので、そろそろ冬のイベントアイテムを考え
ないといけません。
 
 そんなことも考えながら、
 星空を見上げていると、ヒュッと一筋。
 
 もしかしたら、
  あの石もこうやって飛んできたのかもしれないな。
       あの石・・・とは、殺生石。

 岡山にそれがあると知ってから、気になっていたからでしょう。
 ふいに思い出しました。

【殺生石】
  とは、中国・インドの王。そして日本の帝を化かした狐、
                  玉藻の前 のことです。
  九尾の狐 の名前のほうが有名でしょうか。

  それが東国で退治され石に変化したものが 殺生石。

  石になってからも近づく人、獣などを殺してしまうので、
                      そう呼ばれます。
  最期は、玄翁和尚に打ち砕かれてしまいました。
       (日蓮上人という話もあり)       

その石が、となりの岡山・化生寺に飛んできて地中に刺さっ
 たのだそうで、それが奉られているのです。

   なぜ、岡山にあるのか。
 
 家の本にはそこまで書かれたものがなかったので、
 江戸期の読本を収録した
     「現代語訳 絵本玉藻の前/飛騨の匠物語」
                     (国書刊行会)
 を購入。さっそく読んでみました。

 終いの文に、
  後世の人がこの地を訪れ拾い集め、玄翁和尚にあやか
って寺に奉ったとあります。
 
 なんだこれじゃ面白くもなんともない。

 やっぱりね、退治され砕け弾けた破片が、空高く飛び散り、
  スーッと尾を引きながら、
            岡山にも落ちて来たのだろうと信じよう。

 栃木・那須ノ原より散った殺生石は、
         遠く北海道から大分まで落ちているそうです。

                    Pucephalas  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

作品掲載 09.10.12

完成作品をホームページへ掲載しました。

  1/35 89式12.7㎝連装高角砲 .1

 1/35 89式12.7㎝連装高角砲 .2

 1/35 九七式中戦車チハ

 1/35 九二式重機関銃

 1/35 日本陸軍歩兵

 1/500 宇宙戦艦ヤマト

            製作  Pucephalas 
  プケファラスHP 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.10

1/500 宇宙戦艦ヤマト

P_500syamato02

宇宙戦艦ヤマト
DORAKUDO 1/500 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。このヤマトはイベント販売のレジンキットです。

 メリハリの効いた塗装が好みという事で、明暗のコントラ
ストを強調してつけてあります。

 宇宙戦艦ヤマトはアニメに実車にと、これから盛り上がるよう
で、どんなものになるのか楽しみです。
 
そして、
 1/500といえば、新製品で戦艦大和がもうすぐ発売だそう。
 ちょうど手頃な大きさなので、こちらの発売も楽しみ。

                       Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.09

1/35 日本軍九二式重機関銃

P_92machingun01

日本軍 九二式重機関銃
PLUSMODEL 1/35 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。日本軍重機関銃のレジンキットです。
                    Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.08

1/35 日本陸軍歩兵

P_japansol01

日本陸軍歩兵
TAMIYA 1/35 finished by YAGI

  お客様の依頼で製作しました。タミヤMMキットの日本兵。

 子供の頃によく作っていたキットのひとつで、
       MMナンバーを見ると、90番とあります。

 (現在、このシリーズは300アイテムを超えました)

 衿や袖口などの彫刻を深く直したくらいで、特に手を
加えたものではありません。頭部もキットのまま。

 いいキットなんですね~。
 時間を経て製作してあらためて思いました。

 ポーズも、キュートンみたく決まっているし。
 

そうそう、
 小学校の頃は、一日の小遣、30円を、
        週初めに一週間ぶん貰っていました。
 すぐに近所の文房具店に飛び込んで
 買えてたキットがタミヤMMのフィギュアたち。
 それを抱えた帰りに、駄菓子をほおばると、
       また一週間、ポケットは空っぽ・・・・

 その記憶があったので、いまこのキットを買いに出かけて
「735円です」 と言われたのには驚いちゃった。
 帰りにビールを買うと、ポケットは空っぽ???

                   Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.07

1/35 九七式中戦車チハ

P_97shiki07

日本陸軍 九七式中戦車チハ
FINEMOLD 1/35 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。
チハ車 57ミリ砲搭載新車台です。

 キットはファインモールドのもの。純正エッチングパーツを
使用し、工具留め具をプラ材で製作、牽引ワイヤーを水糸
へ交換などの追加工作をしてあります。

 砲塔側面に菊水マークをつけた、
                9連隊19年サイパンの車輌。 

そういえば、
 春には神戸での用事の空き時間に、湊川神社へ参拝
してきたので、ちょっとした縁ができたのでしょうか。
 菊水は南北朝時代の武将 楠木正成の紋です。

 皇居外延にある大楠公 像も観に行きたいなぁ。
 東京で遊んでいる途中、
   ふいに思い立って観に出かけた時は、方向を違えて
 和気清麻呂 像に会ってきたもの。

 和気清麻呂は、あの道鏡を・・・・
  (話がどんどん逸れるのでやめておきます)

                   Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »