フォト

« 作品掲載 09.10.12 | トップページ | 昨日の続き、 »

2009.10.27

空から降る石

先週中頃~週末にかけて、散歩時間をちょっと遅らせて、
 0時を回って出かけてました。
 そう、流れ星が観られるかな。と、
 
 はっきり見えたのは1つ。 流星群というほど、いっぱいは
流れないものだなぁ・・・・
 というよりも、考え事ばかりしていたからか。
 
 寒くなってきたので、そろそろ冬のイベントアイテムを考え
ないといけません。
 
 そんなことも考えながら、
 星空を見上げていると、ヒュッと一筋。
 
 もしかしたら、
  あの石もこうやって飛んできたのかもしれないな。
       あの石・・・とは、殺生石。

 岡山にそれがあると知ってから、気になっていたからでしょう。
 ふいに思い出しました。

【殺生石】
  とは、中国・インドの王。そして日本の帝を化かした狐、
                  玉藻の前 のことです。
  九尾の狐 の名前のほうが有名でしょうか。

  それが東国で退治され石に変化したものが 殺生石。

  石になってからも近づく人、獣などを殺してしまうので、
                      そう呼ばれます。
  最期は、玄翁和尚に打ち砕かれてしまいました。
       (日蓮上人という話もあり)       

その石が、となりの岡山・化生寺に飛んできて地中に刺さっ
 たのだそうで、それが奉られているのです。

   なぜ、岡山にあるのか。
 
 家の本にはそこまで書かれたものがなかったので、
 江戸期の読本を収録した
     「現代語訳 絵本玉藻の前/飛騨の匠物語」
                     (国書刊行会)
 を購入。さっそく読んでみました。

 終いの文に、
  後世の人がこの地を訪れ拾い集め、玄翁和尚にあやか
って寺に奉ったとあります。
 
 なんだこれじゃ面白くもなんともない。

 やっぱりね、退治され砕け弾けた破片が、空高く飛び散り、
  スーッと尾を引きながら、
            岡山にも落ちて来たのだろうと信じよう。

 栃木・那須ノ原より散った殺生石は、
         遠く北海道から大分まで落ちているそうです。

                    Pucephalas  

« 作品掲載 09.10.12 | トップページ | 昨日の続き、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/46601830

この記事へのトラックバック一覧です: 空から降る石:

« 作品掲載 09.10.12 | トップページ | 昨日の続き、 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ