フォト

« DOGU ハート形土偶 | トップページ | からくり本の新作はコレ »

2010.06.30

DOGU 遮光器土偶

0p_shakoukidogu1 DOGU 遮光器土偶
  modeling by YAGI
ファンド原型 レジン複製品を着色

縄文晩期 青森県亀ヶ岡遺跡出土 「どぐう」といえば誰もがこの姿を思い浮かべるくらい、もっとも有名なものだと思います。
 名前にもなった遮光器とは、極北民族が雪から眼や顔を守るためのゴーグルで、この土偶に特徴的な眼の表現がそれに似ているために遮光器土偶と名付けられています。
 いまの研究によると、遮光器ではなくデザイン的な表現、
または仮面を被った像というのが主流です。

 また、宇宙服に似ているとの理由で、この時代に宇宙人が
飛来していたのだと論じる人たちもいたり。

 青森県を中心にもうひとつの王朝があったとされる
「東日流三郡誌」には、この土偶に似た姿の、
        アラハバキ伸が崇められています。
 
 このように土偶として有名どころか、カタチがひとり歩き
してしまうほどの強烈なインパクトをもつDOGUなのです。

 余談も交えましたが、
 土偶がカタシロとしての人形ではなく、シャーマンが神から
のお告げを受ける際の仮面を被った姿である。と推測すれば、
宇宙人だ神だとの異説も、あってしかるべしなのでしょう。

 模型にした私が凄さを感じたところは、その文様。
 縄文様がぐるりと渦を巻いている様です。
 ほかの土偶でも渦文様は多く使われているのですが、この
土偶ではさらに丁寧にデザインされて表現されています。
 
 螺旋、渦。これが生命、宇宙へとつながることは、
               言うまでも無いでしょう。
 草創期に女性の胴体を単純に模したカタチとして登場した
DOGUは、一万年の時を経て、本質を直感的に感じさせる
カタチへと至ったのです。
 それが1万2千年後の私たちを刺激して止まないパワーと
して蓄積され続けているのではないでしょうか。

 そしてこの遮土偶が完成されたすぐそばに、弥生時代とい
う変わり目が来ているのもとても興味深いことです。

                    Pucephalas

0p_shakoukidogu2 0p_shakoukidogu3 0p_shakoukidogu4

 さぁ以上で今回の土偶シリーズ4点が揃いました。
 もっともっと魅力的なカタチがあるので、この遊びはずっと
ずっと続けられるといいのですが。
 ワンフェス会場で多くの眼に留まることを願います。

 渦巻きは宇宙をイメージさせると書きましたが、
 西洋では地獄への道は螺旋とされるそうです。
 でも、どちらにせよ新しい場所を見せてくれるなら、
DOGUに執心したのも無駄にはならないでしょう。

 それでは、7月の幕張で。 SPICE

« DOGU ハート形土偶 | トップページ | からくり本の新作はコレ »

SPICE模型作品」カテゴリの記事

模型イベント」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/48762987

この記事へのトラックバック一覧です: DOGU 遮光器土偶:

« DOGU ハート形土偶 | トップページ | からくり本の新作はコレ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ