« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

DOGU 遮光器土偶

0p_shakoukidogu1 DOGU 遮光器土偶
  modeling by YAGI
ファンド原型 レジン複製品を着色

縄文晩期 青森県亀ヶ岡遺跡出土 「どぐう」といえば誰もがこの姿を思い浮かべるくらい、もっとも有名なものだと思います。
 名前にもなった遮光器とは、極北民族が雪から眼や顔を守るためのゴーグルで、この土偶に特徴的な眼の表現がそれに似ているために遮光器土偶と名付けられています。
 いまの研究によると、遮光器ではなくデザイン的な表現、
または仮面を被った像というのが主流です。

 また、宇宙服に似ているとの理由で、この時代に宇宙人が
飛来していたのだと論じる人たちもいたり。

 青森県を中心にもうひとつの王朝があったとされる
「東日流三郡誌」には、この土偶に似た姿の、
        アラハバキ伸が崇められています。
 
 このように土偶として有名どころか、カタチがひとり歩き
してしまうほどの強烈なインパクトをもつDOGUなのです。

 余談も交えましたが、
 土偶がカタシロとしての人形ではなく、シャーマンが神から
のお告げを受ける際の仮面を被った姿である。と推測すれば、
宇宙人だ神だとの異説も、あってしかるべしなのでしょう。

 模型にした私が凄さを感じたところは、その文様。
 縄文様がぐるりと渦を巻いている様です。
 ほかの土偶でも渦文様は多く使われているのですが、この
土偶ではさらに丁寧にデザインされて表現されています。
 
 螺旋、渦。これが生命、宇宙へとつながることは、
               言うまでも無いでしょう。
 草創期に女性の胴体を単純に模したカタチとして登場した
DOGUは、一万年の時を経て、本質を直感的に感じさせる
カタチへと至ったのです。
 それが1万2千年後の私たちを刺激して止まないパワーと
して蓄積され続けているのではないでしょうか。

 そしてこの遮土偶が完成されたすぐそばに、弥生時代とい
う変わり目が来ているのもとても興味深いことです。

                    Pucephalas

0p_shakoukidogu2 0p_shakoukidogu3 0p_shakoukidogu4

 さぁ以上で今回の土偶シリーズ4点が揃いました。
 もっともっと魅力的なカタチがあるので、この遊びはずっと
ずっと続けられるといいのですが。
 ワンフェス会場で多くの眼に留まることを願います。

 渦巻きは宇宙をイメージさせると書きましたが、
 西洋では地獄への道は螺旋とされるそうです。
 でも、どちらにせよ新しい場所を見せてくれるなら、
DOGUに執心したのも無駄にはならないでしょう。

 それでは、7月の幕張で。 SPICE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.28

DOGU ハート形土偶

0p_hartdogu1 DOGU ハート形土偶
  modeling by YAGI
ファンド原型 レジン複製品を着色

 この土偶は、縄文時代後期に製作されたもので。群馬県前原遺跡より出土しました。
ユーモラスな形が人の心を惹きつけるのでしょう、芸術家の岡本太郎や写真家の土門拳なども、ハート形土偶の写真を撮影して残しています。
有名な遮光器土偶の次によく知られた土偶形式でしょう。

この形を見ると、
 先に製作した「DOGU 東北のヴィーナス」から受け継が
れたカタチとしてハート形があるようにも見えます。
 ところが前者と後者には数百年~千年ちかくの隔たりが
あるのです。思い出すのは、縄文土器の装飾が実用性を
はるかに超えて過剰ともいえる渦を巻いたあとに、実用的な
おとなしい形へと戻っていったことです。
 火焔式土器や人面土器は、縄文中期にあたります。

 その頃に装飾的デザインを追及し尽くしたという事でしょうか?

 たしかに資料などを読んでみると、縄文中期から後期への間
には土偶のほとんど存在していない、あるいは板状など簡素な
形状でしか作られていない時期があります。
 しかし土偶は復活をしました。
 長いながい休息期間を破り、
 彼女、ハート形土偶は突如として出現したようなのです。
 とすればそのユーモラスな様から、
     さらに笑い声まで聞こえてくるようではないですか。

 どっしりと足を踏みそろえ、
 両手を大きく開き、
 顔を天に向け、高らかと笑っている。

 この土偶製作者である縄文の作家は、エネルギーを失いかけた時代に反旗を翻してコレを出現させたのだろう。
 そう想像もできる優美でオカシナ土偶なのです。
                         Pucephalas

0p_hartdogu2 0p_hartdogu3 0p_hartdogu4

この夏WFで、SPICEより展示販売予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.27

KOTUGU ひとつ目

0p_kotuguhitotume01 KOTUGU ひとつ目
      modeling by YAGI

  このヒトガタは、板状土偶と同じ形式ですが、鹿の角または骨を加工して創られたもので、骨偶または角偶と呼ばれています。

 出土したのは北海道戸井貝塚。
 大きさは55㎜なので、そのサイズで模してみました。
 ファンド原型、レジン複製品を塗装しています。

 土偶は左右同じ立像が多いのですが、
 この「骨偶 ひとつ目」は、右足を一歩前に踏み出した、
動きのあるカタチとなっています。
 さらに頭部に大きく開いたひとつ目。
 そして一方の肩は円く張り出し、もう片方は四角い形状。

 なにかに見えてきませんか?

 「こ、これが・・・・縄文のザクか!!」 

                      Pucephalas

0p_kotuguhitotume06 0p_kotuguhitotume07 0p_kotuguhitotume09
 2010夏ワンフェス SPICEで発売予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.24

1/700 日本駆逐艦 浜風

00ok_hamakaze06_2 日本海軍駆逐艦 浜風
PITROAD 1/700
                modeling by OKADA

 古春男さんより新作が届きました。ピットロードのキットを浜風1945年時の仕様にして製作です。

 対空機銃と防弾板の増設。主砲と魚雷発射菅の
ディテールアップ。伝声管を這わせています。

 兵員はカーキ色の戦闘服姿で機銃座など各所に
配置。

 浜風は真珠湾作戦、ラバウル攻略戦、ミッドウェー作
戦などに参加したほか、ガ島輸送作戦にも従事しました。
 最後の闘いとなった天一号作戦で、船体中央部に
魚雷を受け撃沈されました。
                                                 製作 古春男
00ok_hamakaze05 0ok_hamakaze10 0ok_hamakaze15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.22

DOGU 東北のヴィーナス

0p_tohokuvenus06 DOGU 東北のヴィーナス
120mm  modeling by YAGI
ファンド原型 レジン複製品を着色

この土偶は縄文中期に製作されたもので、
山形県西ノ前遺跡で発掘されました。
西ノ前土偶形式と呼ばれる形のなかでも、もっとも洗練されたデザインとなっています。

半円を描いた頭部と三角形に張り出した胸、
 そして絞れた胴から腰へつながる曲線を描きながら、
            スラリと伸びた足で着地する。
各部位を強調するように凹状に文様が掘られているが、
 腕 、さらに目鼻などの細かな彫刻は無い。
 それらは余計なもので、
   ただ美しいカタチを追求したように思える。

(注・頭部の穴に紐で仮面を被せたとの説もあるそうです)

シュルレアリストの表現する作品にもみえ、
 背面を造形しているときには、
 マン・レイの写真「アングルのヴァイオリン」
                  を思い出しました。
十字架が人間の表現する単純でもっとも奇麗なカタチとも
 いわれるように、
 その感覚は変容することがないのかもしれません。
はじめにコレがあって、装飾する美しさを経て、抽象とな
     り本質に迫った時に、また元に戻るような感覚。

まったくの素人考えですが、そんな思いにとらわれました。

              製作者 Pucephalas

0p_tohokuvenus01 0p_tohokuvenus02 0p_tohokuvenus03

今作「東北のヴィーナス」 は、2010夏のワンフェスで
 展示販売予定です。サイズは手に乗せられる120mm
            (本物は45cm)
 塗装墨完成品と無塗装キットを用意しますので、
 土偶好きな人、カタチに惚れた人、オモシロ好きな方々、
    SPICEへお訪ねください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

土偶の原型 .2

お待たせしました~
 (待っていてくれている人がきっとどこかに・・・・)

遮光器土偶の原型が仕上がりました。
100615a_2 

先週紹介の3作とあわせ、4点をイベント展示します。
 この遮光器土偶で手の掛かった、縄目模様は、
自作ツールでスタンピングして、極小マイナスドライバー
で修正しながら仕上げました。

ツィンメリット作業と一緒で、AFV模型やっててよかった!

 土偶について作りながら思いを新たに気づく事も多かっ
たので、それはまた見本完成の報告で。
 さぁ、明日から型取り作業です。

                  Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

1/700 日本戦艦 扶桑

00ok_fuso09 日本海軍戦艦 扶桑
AOSHIMA 1/700
                finished by OKADA

 古春男さんより、もう1作届いています。WL戦艦 扶桑を、1938年時の姿にしてあります。

 しかも旧キットを製作。(リニューアル版あり) 
 ストックにあったから・・・・もですが、開戦前の状態に
するには適している(キットとしては本来、考証間違い)
各部の兵装を、上手く生かしてのことだそうです。

 艦橋部、クレーン作業台などをプラ材で追加工作ほか、
カタパルトや電探をエッチングで再現してあります。
00ok_fuso01 00ok_fuso05 00ok_fuso13
                    製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/700 日本駆逐艦 涼風

00ok_suzutuki01 日本海軍駆逐艦 涼月
AOSHIMA 1/700
                 modeling by OKADA

 古春男さんより新作が到着。WLの涼月を天一号作戦の姿で製作です。

 アオシマキットを基にピットロード、ファインモールド
の部品を流用。エッチングパーツ、プラ材、金属線など
で各所をディテールアップしてあります。

 戦闘行動時ということで、機銃座にカーキ服姿の兵員
を配置しました。

00ok_suzutuki1600ok_suzutuki12    製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.11

1/144 ガンダムキュリオス

00p_hgkyurious14 1/144 ガンダムキュリオス
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。もうひとつ ガンダム00 より。 以上4点を、説明書に準じた基本工作と、アンテナやソード類などをシャープにしています。

 機体や武器の変形ギミック、各種可動なども
1/144ながらとてもよくできています。

 久しぶりにガンプラやるとその進化速度には
驚かされます。それよりもビックリするのは模型売場
のガンダム関連品の充実ぶりだったりもします。

 1/35 ガンダムも出る?
                     Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/144 ガンダムヴァーチェ

00p_hgvarche14 1/144 ガンダムヴァーチェ
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。さらに続いも ガンダム00 より。
          Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.10

1/144 ガンダムデュナメス

00p_hgdumenas13 1/144 ガンダムデュナメス
BANDAI 1/144 finished by YAGI

  お客様よりの依頼で製作しました。続いても ガンダム00 より、HGシリーズキットの完成です。
          Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.09

1/144 ガンダムエクシア

00p_hgexia07 ガンダムエクシア
BANDAI 1/144 finised by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。HGシリーズのエクシアです。

 久しぶりにガンダムを上げました。
 塗装は基本単色で、足元と関節周りにうすく影つけを
してあります。

                  Pucephalas
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.08

土偶の原型 .1

さぁ、夏のイベントまで2ヶ月をきって、
 こっちも原型に触れている時間が増えてきた頃。

まずは土偶の3点が仕上がり。

01008dogu01 01008dogu02 01008dogu03
左から、
 東北のヴィーナス、ハート形土偶、骨偶 です。
 
大きさは土偶120mm、骨偶55㎜
それぞれの詳細は、見本を上げてから報告します。

                   Pucephalas 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »