« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.25

1/700 駆逐艦 睦月

00ok_mutuki06
日本海軍駆逐艦 睦月
HASEGAWA 1/700 modeling by OKADA
 古春男さんより新作が届きました。睦月を性能改善後の丸形艦橋にして1937年時の状態で仕上げてあります。手すりや艦橋窓枠などのエッチング工作ほか、上部構造物を削り取って、煙突位置の修正や通風管の追加、伝声管を這わせるなど手を加えてあります。
 船体番号と艦名は手書きだそうです。
00ok_mutuki13 00ok_mutuki14  00ok_mutuki17
 
大正15年に完成した睦月は、61㎝魚雷を初装備した艦です。 開戦後はウェーク島攻略、珊瑚海海戦に参加、第2次ソロモン海戦を経て、ガダルカナル輸送作戦中に、米軍B17の爆撃によって沈没しました。 高速駆逐艦の基礎を作った睦月型1番艦。ダブルカーブ艦首とウェルデッキの美しいシルエットの艦です。
          製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.22

作品展示

からくり本「絵本の春」
DOGU「縄文のビーナス」

 を、鹿籠郵便局に展示させてもらっています。
ご近所のかたは、用事のついでにでも観ていただければ嬉しいです。

先週末にはSPICEの打ち上げ。
友人にも作品を届けたり、観てもらって、ようやく冬のイベントも終わった気分で、さぁ次へ・・・・それは、ぼんやりしたイメージのまま頭に潜ませて、
 
 春は、戦車模型のイベント。
 CLUB135 の、皆様は製作進めているでしょうか。
 
 なにを造ろうか新製品を調べてみたら、アーチャーは出てるし、ノイバウファールツォイクが間もなく発売となっている。ここらまでプラキットになるなんて・・・・とも思うけど、この二つは欲しいなぁ。春に向けてどちらかを候補にして、
 ちょっと模型屋を覗いてこよう。

 CLUB135メンバーの新作を楽しみにしてます。
             PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.21

1/80 国鉄9600形蒸気機関車.2

009600sl2a
国鉄9600形蒸気機関車
TENSHODO 1/80 finished by YAGI

 お客様よりの依頼で製作しました。国鉄9600形蒸気機関車です。前回と同様にリペイント作業となりますが、エアータンクの位置と運転室前方窓の形状などが違う車両です。
 窓の一部分を穴埋め。薄めたラッカー塗料をエアーブラシで色を乗せ、エナメル塗料の筆塗りで退色などの表現をしました。つや消しクリアー後に少しだけパステルでの汚しを追加。アクリル塗料の埃色をごく軽くエアーブラシしして仕上げてあります。
     PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.20

1/87 オースチンヒーレースプライトMk1

110220a
オースチンヒーレースプライトMk1
    1/87 finished by YAGI
お客様よりの依頼で製作しました。HOサイズのメタルキットなので、大きさは2㎝ちょっと、そのスタイルもあって可愛い模型です。
 フロントグリルとヘッドライト、ウィンドウガラスなどを金属メッシュとプラ材などで追加しました。
  PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.16

1/700 地球防衛軍旗艦アンドロメダ

00tk_andromeda02 00tk_andromeda13
 
地球防衛軍旗艦アンドロメダ
BANDAI 1/700 modeling by TAKEMORI
 模型仲間のTさんより、新作が届きました。宇宙戦艦ヤマトより、1/700アンドロメダです。ストレート組みとのことですが、丁寧な基本工作と塗装で仕上げられていて、とても完成度の高い作品となっています。
00tk_andromeda09 00tk_andromeda11 00tk_andromeda18
 製作 Tさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.10

1/700 重巡洋艦 高雄

00ok_takao24 00ok_takao09 00ok_takao19
日本海軍 重巡洋艦 高雄
AOSHIMA 1/700 modeling by OKADA

古春男さんからの新作です。アオシマの高雄を対空兵装などを強化した1944年時の姿で製作されています。エッチングとプラ材でのディテールアップ、別売パーツへの交換など追加工作ほか、プラ板切り出しの兵員を各所に配置して、艦上のジオラマとなっています。

00ok_takao18 00ok_takao17


重巡洋艦 高雄 は、1932年に竣工後、39年に近代化改修を受けコンパクトな艦橋になりました。 開戦時はマレー作戦を支援し、42年のアリューシャン作戦に参加。もっとも活躍したのはソロモン海戦で、2次、3次と戦闘参加しました。マリアナ海戦、レイテ海戦と対空兵装を増し、栗田艦隊所属で進撃中に、米潜水艦ダーターの雷撃で中破、戦線離脱となりました。その後は終戦まで行動不能のままシンガポールで係留されていましたが、英軍により破壊処分されました。
  製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.08

SPICE 2011冬の活動報告

SPICE-Oningyohan のチーム名でイベントへ参加してきました。
ワンダーフェスティバル2011winter 千葉・幕張メッセ 2月6日(日) 
Wf110206a Wf110206b
多くのお客様に作品を観ていただける場なので、とても大切で楽しい時間を過ごせます。こんなカタチでお客様を迎えさせていただきました。
来店くださったお客様、ありがとうございます。

Wf110206c Wf110206g Wf110206d
scale_sさんと、h.s.fさんのフィギュアが並び、
きんぎょづくしが舞い踊っている様子。

 Wf110206e Wf110206f
私、Pucephalasは、からくり本と、DOGUで参加してきました。
「絵本の春」には、みんな覗き込むように観てもらえ、その幽霊の姿を見つけてくれた時の あっ! な表情は作者の心にとても嬉しく印象に残りました。悩んで造った作品でしたので、とても励まされたように感じます。そして、土偶は新作を加えて6種を展示販売できました。今回は、遮光器土偶と、縄文カエルの売れ行きがよかったです。ヨカッタ〜、これで次もシリーズを続けられるぞ。夏はどれにするか、さっそくまずは土偶の本を開いています。

 イベントスタッフと参加ディーラーみなさんもご苦労様、ありがとうございました。
 SPICEメンバーもお疲れさま、次の夏もヨロシクです。
                    PUCEPHALAS

SPICEリンク
 SPICE-Oningyohanブログ
 泉鈴さんのHP 金魚の泉
 h.s.fさんのHP selfcontent    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.04

のぞきからくり本「絵本の春」

ワンフェス販売用の新作からくり本が完成間に合いました。

泉鏡花の小説「絵本の春」より一場面。

00ehon1 00ehon2
 荒れ庭に立つ女の幽霊を、情景としました。
 写真左・表紙と物語本。 写真右・模型です。

 今作もLEDで発光させ、夕闇にくれた空と、祠にある蠟燭が光ります。下の写真は照明を落としてLED
発光、露出をあげて撮影したものです。スケールは1/35 はがき大のサイズ・奥行10㎝。
  模型製作・文 YAGI / SPICE

ワンフェス2011Winter 2月6日(土) 幕張メッセ で販売します。
 塗装済み完成品 予価 6,000円
 SPICE-Oningyohan ブース 5-3-05
00ehon3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.01

縄文のヴィーナス DOGU 120㎜サイズ

Oojyomonvenus1 Oojyomonvenus2

縄文のビーナス
縄文中期(紀元前3000~2000年頃)
長野県棚畑遺跡出土
高さ 27㎝

土偶の到達点のひとつともされるのが、この「縄文のビーナス」です。製作されたのは縄文中期の早い時期。腕を横に張ったスタイルから、十字架形の板状土偶から立像として成立した土偶のカタチとして推測できます。
 この土偶の最大の特徴である突き出たお腹。いうまでもなく妊娠した女性の姿を現しています。このラインは実に写実的です。文様は頭部に集中し、結い上げた頭頂部は螺旋となって窪んでいます。子を宿したお腹。そして下腹部は丸まった形にディフォルメされ、妊娠の神秘性をとてもうまく表しているのではないでしようか。原始信仰では懐妊は精霊の仕業とされ、出産は女性のみで、けっして男は近寄るもことも許されず行われたといいます。精霊が降りてきて宿り生命が誕生する神聖なカタチとしての土偶がここにあります。
「縄文のビーナス」は毀損されることなく、埋葬されるように埋まっていたようです。土偶は祭司や呪いなどの道具として使用されたらしいのですが、考察の一説に、死産した子の魂を沈め再生を願うために使われたとあります。この土偶もそういう意図で製作使用されたのかもしれません。妊娠出産をする女性への畏敬を偶像化したものから、シャーマニズムに発展していく後期の土偶へのターニングポイントと考えるのも難しくないと思います。そう考えれば、「縄文のビーナス」のシンプルな形と美しさはより深いものを宿しているように見えないでしょうか。
     模型製作・文 YAGI / SPICE

ワンフェス2011Winter 2月6日(土) 幕張メッセ で販売します。
 塗装済み完成品 予価¥2,000円
 SPICE-Oningyohan ブース 5-3-05

| | コメント (0) | トラックバック (1)

1/1 カエル形骨偶

Ookaeru
カエル形 骨偶
岩手県貝鳥貝塚 出土
縄文後期(紀元前2000~1000年)
高さ 4.0㎝
 このユーモラスな表情をした骨偶は、オタマジャクシからカエルへと成長変化する途中を模したものとされます。動物や果物などが石や骨角などから加工表現されているものの一例で、豊穣、収穫の祈りを込められたものとされます。
 資料本を読めば、カエル形も「再生の祈りを込めたものであろう」と説明されています。
 そうであるかもしれません・・・・・が、
 土偶や狩猟道具の製作者などが遊び半分でオモチャとして作ったと考えた方が気楽ではないでしようか。
 フィギュア原型を作っている余りの材料で、なにかの形を作って遊んでしまう。思いもかけずイイものができたりして。これは模型製作している皆さんにはよくあることで、自然なことでは ?  カワユサを楽しんでください。

 製作 YAGI / SPICE
 ワンフェス2011Winter 2月6日(土) 幕張メッセ で販売します。
 塗装済み完成品 予価¥1,000円
 SPICE-Oningyohan ブース 5-3-05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »