フォト

« 1/35 ドイツ軍 野戦通信所 | トップページ | DOGU 瑪瑙土偶 »

2012.02.04

DOGU 仮面の女神

Kamendogu
仮面の女神
粘土原型 レジン複製品を着色 120mm サイズで製作

解説
長野県中ツ原遺跡  縄文後期
高さ 34.0cm

紀元前1000年頃の土偶と推測され、このカタチの源はハート形土偶にあるといわれている。ハート形が洗練されて逆三角形の顔に、どっしりとした足はより力強い立ち姿となり、渦文様も体全体にうねる。名前にもなっているように仮面を被っているとされ、頭部に紐のような彫刻がある。
 巫女のようなな姿、神を自身に降ろすシャーマンの土偶である。
 鉢形の土器が被らされた埋葬者の傍らにこの土偶は丁寧に埋められていた。ムラの巫女が生前に使用していたものであろうか。または彼女の安らかな死と、蘇りを願って作られ埋められたのかもしれない。
        製作・文 PUCEPHALAS

 新作DOGUが完成です。
ワンダーフェスティバル2012Winter で販売予定。
2012.02.12(日) 幕張メッセ
SPICE ONINGYOhanブース 5-29-02

« 1/35 ドイツ軍 野戦通信所 | トップページ | DOGU 瑪瑙土偶 »

SPICE模型作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DOGU 仮面の女神:

« 1/35 ドイツ軍 野戦通信所 | トップページ | DOGU 瑪瑙土偶 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ