« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.28

作品展示

からくり本「小野小町 髑髏譚」を、
  鹿籠郵便局で展示させてもらっています。

ご近所さんは利用の時にでも覗いてもらえると嬉しいです。
もちろん僕に「見せて!!」って連絡いただければ、作品持って遊びに行きます。また居酒屋に模型持ち寄って喋りたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.25

1/700 日本海軍戦艦 山城

00ok_yamashiro01 00ok_yamashiro04 00ok_yamashiro09
日本帝国海軍 戦艦 山城
AOSHIMA 1/700 modeling by OKADA
 古春男さんから久しぶりに投稿アリました。アオシマのキットをディテールアップして、開戦1941年時の状態で仕上げています。無骨な感じの艦橋背後ガーターは、キットのパーツでは一枚になっているものをくり抜いてプラ材追加で再現されています。

00ok_yamashiro13 00ok_yamashiro16 00ok_yamashiro17
扶桑型2番艦 山城 は、36センチ連装砲を6基搭載し、近代改修を受け開戦を迎えるが速力不足は否めず当初は練習艦として内海で運用されました。しかし戦局の悪化にともない19年10月 西村艦隊の旗艦としてレイテ沖海戦に参加。スリガオ海峡に突入し、敵艦と砲撃戦を行い、扶桑とともに没しました。
            製作 古春男

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.02.20

からくり本「小野小町 髑髏譚」

00komachi01 00komachi02
からくり本「小野小町 髑髏譚」
SPICE-ONINGYO han modeling by YAGI

 新作 小野小町 の紹介です。
 「秋風の 吹くたびごとに あなめあなめ」
 月夜、ススキ原が風に揺れる音の間から、歌が聴こえる。

 詠うのは小野小町、返すのは在原業平。
 そして小町の姿は、草むらに埋もれた・・・

 という話し。
 小野小町伝説より一場面を立体挿絵としました。

表紙読み物と情景模型。
月をLEDで発光させてあります。

          製作 PUCEPHALAS

00komachi03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.13

ワンフェス2012冬に参加してきました。

12日に開催されたイベントへ参加してきました。
ディーラー名 SPICE/ONINGYO han
Wf2012w01
Wf2012w05
歌川国芳のきんぎょ と、フィギュアテーブル。
そして、からくり本 と、DOGUのテーブル。
自分の製作品はこっち、
Wf2012w03 Wf2012w02

 からくり本は新作・再販と在庫再販もふくめて6アイテム。
 DOGUは8種とだいぶ充実してきたところでしょうか。
 
 今回も多くのお客様にからくり本の中を覗いていただき、DOGUを眺めてもらえました。ご購入いただいたお客様、とても嬉しく感謝しています。ご感想や問い合わせ、リクエストなどございましたら幻影画廊メールまでお願いいたします。

 皆様ありがとうございました。
        
            PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.10

からくり本の新作

表紙物語の挿入と貼付けをして、
からくり本の新作も間に合いました。

タイトルは、「小野小町 髑髏譚」

イベントでの販売は完成品¥5000です。

お客様に、手に取って眺めていただければ嬉しい。
本をめくって、購入いただければ幸いです。
00ononokomachi
        PUCEPHALAS

再販は からくり本「八岐大蛇」「殺生石」「絵本の春」
    DOGU 東北のビーナス・遮光器土偶ほか、
今回は、プラモデル製作完成品の
      ミリタリー系フィギュアも並べます。
自分以外のメンバーは、もっといろいろ作っています。
 国芳のきんぎょ作品群 や、フィギュアなどたくさん。
  
ワンダーフェスティバル2012Winter で販売予定。
2012.02.12(日) 幕張メッセ
SPICE ONINGYOhanブース 5-29-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.07

忘れてた、

イベント販売用の模型を荷造りして、ちょっと落ち着く。
土偶新作2点と、再販1点
からくり本は「八岐大蛇」を再販。
新作の「小野小町」は手荷物となるな。

これに在庫分を加えて、模型だけ先に東へ。

からくり本の物語は下書きまで、金曜日までには表紙作りもできそうで、あれ、ツツガムシを入れるの忘れた、まぁいいか。今夜はブログ報告で作業終わりとしよう。昼間撮った座頭市を観ながら一杯で眠ると・・・あぁっ!今日もポワロを見忘れた。
    PUCEPHALAS 
120207a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.04

DOGU 瑪瑙土偶

Menoudogu
粘土原型 レジン複製品を着色 63mmサイズで製作

ぞぞっときたモノが完成しました。着色してなおゾソッと迫ってくるこのカタチ。見つけて作った自分がスゴイと思うのは、睡眠不足?イベント前のハイな気分からか。 ナンダコレハ!! な、いいカタチをしていませんか。

解説
白瑪瑙をはめた土偶
縄文晩期 高さ6.3cm 北海道鮎川洞穴出土

 体の重要な部分に窪みがつくられ、白瑪瑙をはめこんだ土偶です。出土時は3個のメノウ玉がありましたが、当然ほかの窪みにも装着されていたと思われます。
 縄文時代の人も、瑪瑙や翡翠、骨や貝殻などで装飾品を作り使用していました。しかし土偶にそれが観られる例はとても少なく珍しいものです。
 胴体だけのこの形。もともとの土偶の始まりはこのようなものでした。初期の土偶は顔と手足はなく、胴体と乳房の表現のみでした。それが時ごとに移り変わりハート形から仮面土偶、そして遮光器土偶へと複雑な彫刻を持つものが作られていくのですが、晩期にこの土偶が生まれた事は、とても興味深いことです。
 人体を抽象していく果てに、もっともシンプルであった原点に戻りながらも、玉をはめ込んでより神秘的なものへと進化する。作者の反骨心に似た強い製作への執着と解放が感じられるような気がします。

        製作・文 PUCEPHALAS

新作DOGUが完成です。
ワンダーフェスティバル2012Winter で販売予定。
2012.02.12(日) 幕張メッセ
SPICE ONINGYOhanブース 5-29-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DOGU 仮面の女神

Kamendogu
仮面の女神
粘土原型 レジン複製品を着色 120mm サイズで製作

解説
長野県中ツ原遺跡  縄文後期
高さ 34.0cm

紀元前1000年頃の土偶と推測され、このカタチの源はハート形土偶にあるといわれている。ハート形が洗練されて逆三角形の顔に、どっしりとした足はより力強い立ち姿となり、渦文様も体全体にうねる。名前にもなっているように仮面を被っているとされ、頭部に紐のような彫刻がある。
 巫女のようなな姿、神を自身に降ろすシャーマンの土偶である。
 鉢形の土器が被らされた埋葬者の傍らにこの土偶は丁寧に埋められていた。ムラの巫女が生前に使用していたものであろうか。または彼女の安らかな死と、蘇りを願って作られ埋められたのかもしれない。
        製作・文 PUCEPHALAS

 新作DOGUが完成です。
ワンダーフェスティバル2012Winter で販売予定。
2012.02.12(日) 幕張メッセ
SPICE ONINGYOhanブース 5-29-02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.02

1/35 ドイツ軍 野戦通信所

120202c
ドイツ軍野戦通信所
DIORAMA 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。軍用コマンドカーを飾れるA4版サイズのジオラマベースです。車輛とフィギュア、テーブルと無線機などは固定せず自由に配置できるようにしてあります。
 ジオラマ用小物としてプラスモデルの無線機と暗号機エニグマを製作しています。写真の机はプラ材などで自作しました。
120202d
   製作 PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.01

1/35 アインハインツディーゼルトラック

01p1013230
ドイツ軍 アインハインツディーゼルトラック
IBG 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。IBGの統制型トラックのキットに、バーリンデンのパーツ(伸縮式アンテナ支柱と無線機)を組み込んで、コマンドカーとして仕上げてあります。
 無線司令室とするために床をプラ材で作り、アンテナ固定具などを追加しています。フィギュアはドラゴンの野戦通信兵を使用しました。
01p1013234 01p1013253
      製作 PUCEPHALAS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »