フォト

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.24

キマイラ・ドイツ1号自走砲

00012_cimera16 00012_cimera19 00012_cimera38
【キマイラ】 ドイツ1号自走砲
ZVEADA 1/35scale modeling by YAGI
 今年の「中四国AFVの会」での展示用に製作しました。終戦間近に登場したらしい??な自走砲。一号戦車の車体へ無理矢理に3号突撃砲の75ミリ砲を載せてあります。この模型も、ズベズダの車体にドラゴンの3突から砲を取ってきて載せました。防盾とトラベリングロックはプラ材製作で追加。(キットがサイバーホビーから出ているらしい・・・観たことないけど)

00012_cimera21 00012_cimera23 00012_cimera28
 取ってつけたような戦車なので、情景タイトルを「キマイラ」としました。山羊と獅子と蛇を合成した獣の名ですが、「妄想」を意味する言葉でもあります。終末のベルリン戦をイメージできそうかとも考えました。急造自走砲なので、操る兵士も寄せ集めです。

00012_cimera12 00012_cimera08 00012_cimera27
 情景小物は螺旋階段を主役にグルグルとプラ板とプラ棒で製作。高過ぎるとバランスが悪くなるので途中でちょん切り。端っこをクネラセて遊んでみました。目立つ色が欲しいので、消火栓を自作。マンホールや排水溝はミニアート社のプラキットより。ついでにレジスターもごろりと。
      製作 Pucephalas      

(螺旋となると、澁澤龍彦ファンならば魅惑されるイメージ。ちょっと妖しく、扉とランプを添えてみました。もうすでに夏への幻想に入っていたり。・・・新作「からくり本」も螺旋で想起されるもので・・)

1/35 ドイツ兵 & ロンメル将軍

00012_rommel08 00012_rommel02 00012_germansoldier07
ドイツ・ロンメル将軍 & 国防軍歩兵
TAMIYA・DRAGON 1/35scale modeling by YAGI

 タミヤのロンメル将軍と、野戦指揮官セットより1体を合わせて製作。ちょこっと地面を作って前線視察中な感じで、カモメを飛ばして大西洋の壁な感じで。
 もうひとつはドラゴンのフィギュアセットより。
        製作 Pucephalas

2012.04.23

1/700 重巡洋艦 衣笠

00ok_kinugasa02 00ok_kinugasa04
日本海軍重巡洋艦 衣笠
HASEGAWA 1/700 modeling by OKADA
 古春男さんより新作が到着。久しぶりのフルハルモデルは、ハセガワ旧版キットですが、艦橋基部の作り替え、武装は別キットよりクレーンとカタパルトはエッチングに交換などをしてあります。船底をバルサ材の削り出しで製作して、フルハルモデルとして旧キットを蘇らせています。
00ok_kinugasa07 00ok_kinugasa11 00ok_kinugasa18
 重巡洋艦 衣笠 は、1927年に竣工し昭和15年に近代改装をし開戦を迎えました。第1艦隊・第6
戦隊に属しグアム島攻略、ラバウル攻略、珊瑚海海戦に参加。第1次ソロモン海戦、第2次ソロモン海戦で活躍しましたが、第3次ソロモン海戦で米空母エンタープライズより出撃した艦載機による攻撃を受け、サボ島沖に沈みました。
       製作 古春男

2012.04.20

1/35 ドイツ高官

120420b 120420c
ドイツ高官
JAGUAR 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。ジャガーモデルのレジンキット「総統とヒトラーユーゲント」です。瓦礫のベースも付属し、そのままヴィネットで製作できるようになっていました。原型は平野義高だそうです。もう1体は、シュペーア軍需相として、ミニアートの民間人を改造で製作。塗装はアクリル塗料を下地にして、エナメル塗料の筆塗りで色を調整、影とハイライトを描きいれてあります。
   Pucephalas

2012.04.19

1/35 ドイツ 12.8cm対戦車砲

00p1013549 00p1013567
ドイツ 12.8cm対戦車砲・クルップ社
TRUMPETER 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。トランぺッターの対戦車砲プラキットです。クルップ製のタイプで、固定脚に備え付けの車輪が上下し、移動・固定の選択ができるようになっています。
   製作 Pucephalas      

2012.04.18

第12回 中四国AFVの会 参加報告.3

今回は、コンテストとクラブ展示の作品を紹介させていただきます。掲載作は撮影者の趣味で選んでいますので、ご容赦ください。(全作品は後日に公式サイトで報告されます、詳しくはそちらにお任せして)

2012afv047 2012afv045 2012afv025 2012afv027 2012afv74 2012afv75 2012afv77 2012afv85 2012afv100 2012afv81 2012afv112 2012afv120 2012afv124 2012afv133 2012afv137 2012afv138 2012afv61 2012afv142 2012afv048 2012afv144 2012afv146 2012afv147 2012afv153 2012afv154 2012afv175 2012afv113 2012afv160 2012afv171
色の鮮やかな作品やカタチの面白いものに目が留まってしまいます。ジオラマでフィギュアの存在感のあるものや小物で遊ばれている作品は覗き込むほどに楽しい。今年もイイ作品がいろいろあって、楽しい時間を遊べました。
 それではまた来春に。
        幻影画廊

2012.04.17

第12回 中四国AFVの会 参加報告.2

今回は、Club135からの参加作品を取り上げます。
それでは、Kさんの作品から

2012afv029 2012afv032
イタリア軍装甲車 AS42 サハリアーナ
ITALERI 1/35scale

2012afv034 2012afv035 2012afv038
ロシア快速戦車 BT-7
TAMIYA 1/35scale
装甲車はコントラストの強い塗りで、存在感を出しています。装甲車に乗っているイタリア兵の面々もカッコいい!!
BT戦車は明るいグリーンに褪色表現、足回りのサンド色が合っていて軽快に走りそうな姿をイメージさせます。


続いては、Y2さんの作品
2012afv040 2012afv041 2012afv042
ロシア歩兵
TAMIYA 1/35scale
Y2さんゴメン、タイトルは何でしたっけ?
タミヤのフィギュアをポーズと表情に手を加えて製作してあります。躍動感のあるポーズが一気に駆け下る構図でさらに動きを増して見えます。そこに止まった動きを入れているので、さっすが巧いな。塗装は使い慣れたハンブロールに替えて、ファレホアクリルを使用したそうです。発色というよりも、こっちの方が色の取り出しがやり易いのだそう。(ハンブロール使ったことある人には納得?!)


次は、Pucephalsの展示品。
2012afv043
題は「キマイラ」としました。
ベルリン戦で使用されたという、急造の1号自走砲を製作。ズベズダの1号戦車車台にドラゴンの3突の砲を載せてあります。螺旋グルグルな情景作でした。


2012afv010
 クラブ展示の、陸自90式戦車は、Fさん(乱流会から来てくださったYさんの友人)が一緒に並べてくださいました。ありがとう。・・・それまでココに戦車ナシだったので、格好つきました。助かったぁ。

          幻影画廊

2012.04.16

第12回 中四国AFVの会 参加報告.1

昨日、福山で開催された第12回中四国AFVの会へ参加してきました。
桜もまだ残っていて、暖かくよい日。中四国の模型クラブと一般参加者によるいい作品が、今年もズラリと並んでます。(写真はゲスト講演中に撮影。来場者のほとんどは別室におられます)
2012afv001 2012afv002
コンテスト参加作品・情景部門と単品部門のテーブル。
2012afv003 2012afv004 2012afv005
クラブ作品テーブル。左より主催の 未完成チーム(岡山)さん。ルフトバッフェさん(岡山)。模型の会「轍」さん(島根)。
2012afv007 2012afv009 2012afv006
土佐模型クラブ(高知)さん。下関模型クラブ巌流会(山口)さん。徳島モデラーズ倶楽部(徳島)さん。
2012afv008 2012afv010
高松ニッパーズ(香川)さん。
そして、CLUB135(広島)・・・省スペースで OK !!  ゴメンなさい。次こそは・・・
クラブからは、Kさん、Y2さん、Pucephalasが作品展示。カーペンターさんと、Uさんが観に来られていました。親しくさせていただいている乱流会さんの Tさん、Yさんとも会場でお会いできました。

2012afv011 2012afv019 2012afv023
プロモデラーの 土居雅博 氏 の作品も展示されています。
左より、1/48 3号突撃砲 1/35 パンター 1/35 ヴィッカース軽戦車です。こういう素晴らしい作品を近くで観られるのは、とても参考になります。

続きは明日また、
           幻影画廊

2012.04.14

今回の主役は・・

かんせい!!
ジオラマはこんな感じに、今回の主役は螺旋階段??グルグルぐるぐる、ああなんと螺旋は美しい(ふざけ過ぎゴメンナサイ) 作品は明日の福山で飾らさせてもらお。
120414b
ちぃっちゃなのも2点。
120414c
カモメはここに登場。
今夜はこれまで、いつもよりだいぶ早く眠るとします。オヤスミナサイ、よい夢を。
   PUCEPHALAS

2012.04.13

そろそろ仕上げに

そろそろ仕上げなので今夜は気付けに缶ビールをいっぱい・・・げあっ、やり直し・・落ち着け・・チョンチョン・・あれあれダメじゃん・・瞳入れるのに失敗。リタッチして誤摩かしてヘルメット被せて隠そう。こういうのはしらふでやらないといけん、絶対に。
120413c
ベースはここまで出来てます。明日に車輛と兵士、小物を配置して完成としよう。
120413b
        PUCEPHALAS


将門伝説と聴こえて、テレビに振り向いたけど・・・・・・・
滝夜叉姫の物語を作りたいな。春がくれば夏も来る。

2012.04.11

ちょっと休憩

蕎麦カリントウというのをあてに焼酎を一杯。甘みのあとにちょっと蕎麦味が残っていけるなコレ。
・・・「こいつ、諦めたな」と口悪い人は呟いたか?
ヘヘッ、役者が揃ったから、ほっとして一杯なんだよ。
120411c
 ジオラマ用の3体に、カモメと元帥も。
 勢い、もう1体追加することに。(こっちはサフ吹きまで)
120411e
 偉そうな格好なので、主役交代もあるか。そろそろ残り時間が気になってきて、今夜はもうちょいベースを進めるとしよう。
       Pucephalas

イベント参加メンバーへお知らせ。

今週末、いよいよ中四国AFVの会が開催されます。
参加メンバーはいま製作中? それとも完成品させて本番待ちなところでしょうか。

135からの参加者は例年どおり、クラブ協賛費と参加料をまとめて払いますので、当日は受付でクラブ名を告げてそのまま入場してください。参加される方は、イベント前日までに幻影画廊あてにメールを入れておいてください。よろしくお願いします。では、製作つづきガンバッテ!!
   幻影画廊


第12回 中四国AFVの会
■開催日 2012年4月15日(日) 10:00~16:30
■場 所 福山市市民参画センター4F
■参加料 700円
■特設テーマ卓 「赤軍祭(ソビエト・ロシア軍車輌)」
ゲストなどの情報は、イベント専用掲示板

2012.04.09

ちょっとだけ進める。

今日は納品で街中へ。上着もいらないくらい暖かいので、花見で賑わう公園を川沿いにぶらりと少し。昼間のお酒はいいなぁ〜と眺めるだけにして戻ります。返って仕事しなきゃな。

 今夜はあまり時間とれず、模型作業はここまで。フィギュアの基本塗装だけ済ませました。
   Pucephalas
120409c

寒いから、模型やっとこ。

桜満開な頃、散歩してこよと外に出てみれば、なんだぁ寒いじゃんか。
なので今夜は、鳥団子と油揚げ、酒粕で鍋を作ってお腹もココロも良い気分。

ここまでは進めとくかと、フィギュアのサフ吹きまで。
ついでに、タミヤ・戦車兵セット付属のカラスを使って、カモメに改造。ゆとり出てきたので、もう一個ちぃっさいジオラマ製作中。
120408e
    Pucephals

2012.04.08

汚し塗装まで、

外は暖かいのか、寒いのか・・・家の中はちょい暑い。
車輛は、装備品と足回り等の細部塗り分け、塗装の剥がれと錆や雨だれの描き込み、足回りを中心にアクリル塗料とパステルで汚しまで。単品としては間に合うまで進めたので安心してひと息。
120408b
 集中力が減衰すると、腹が減る。柿ピーがある・・・しかしお酒が無い。ちょっと外へ出て来よ。
      Pucephalas

塗装開始

MLBの放送、今日はレンジャースか。実況を聴きながら、こっちも作業開始。ストーブ点火しドライヤーも取り出して、本日は車輛の塗装ちゅう。まずエアーブラシでの基本塗装。1号車体と3突砲身部・防盾の迷彩パターンを替えてみました。
 放送途中で、ヤンキース黒田が打たれたとの報せ。残念。
 
 ストーブ前で車輛を乾かして、エナメル塗料を用意。続いて、筆で薄く色を重ねながら色の調整とスミ入れまで。車体は色褪したダークイエローをイメージして白っぽく、防盾と砲はグリーンが強い色味にしてみました。
120408a

 マリナーズ川崎が初ヒット初打点したそう。いいぞガンバレ!!
 ああ、レンジャーズは抑えが打たれた・・・

 こっちは塗装乾くまで、ちょっと休憩。
        Pucephalas

2012.04.06

寄せ集め

車輛が急造自走砲なので、兵も寄せ集め。車長は前に作ってあった戦車兵にやってもらおう。1号戦車だから、運転は歩兵でもできるだろう。撃ったら放棄してズラかるしかない戦車だ。歩いている二人は、ミニアートのドイツ兵捕虜キットから。見つかったのが運の尽き、呼び止められた。腕を怪我しているのは、砲兵だったことにして砲手に・・片手でハンドル回せるか? 装填手は頭を怪我しているが、我慢してもらおう。さぁ、週末は塗装だ。
      PUCEPHALAS
120406d

2012.04.05

気になってしまうので、

エジプト説が気になって模型に集中欠きそうなので、ちょっと調べてみると。
明治〜昭和初期の学者さん。日本民族紀元説を提唱されている。時代を考えると、穏やかでなくややこしい話しになってきそうなので、深くは入らないようにしよう。
 今夜の作業は、1号自走砲のサフ吹き。フィギュアの選択と組み立てまで。
      PUCEPHALAS

2012.04.04

驚いた!!

今日は休みなので、一気に車輛を組み上げます。
 工具留具などの細かな部品を取り付け。昼過ぎに組み上げ終了、雨も上がって晴れ間が、気分転換にちょい出かけたら電車が停まってしまった・・・外は強風。

 そのまま作業を続けていればよかったか、でも本屋で時間つぶし・・・???邪馬台国がエジプトであるとの説があって驚けたのは、いい収穫???。 地中海から東アジアまでが支配権だったという。以前に読んだ、当時は日本が南北逆(ひっくり返っていた)だった説に匹敵する考えだ。まだまだイメージが解放された楽しい人達がいるみたいでオモシロイ。

 夜から作業再開。またいつもながらの小さなベース。路面を彫って、マンホールと排水溝を接着。こんなのが、プラキットになっててよかった。ついでに、階段も製作中。
120403a
        PUCEPHALAS

2012.04.01

製作開始

さぁて、製作開始だ!! イベントまで2週間。
先日に寄った模型店でキットは購入済み。

120401a

 ドラゴンの3突後期型に、ミニアートの街路アクセサリー。これを使って今回はいきます。とはいっても、ドラゴンのキットは部品多くて時間がかかる・・・そこは策があって・・

120401b

 ずっと投げてあった1号自走砲があったのです。イタレリのキットをほぼ組み上げてあったもの。許せゴメンと、砲と防盾をニッパーで切り飛ばし。そしてこの車体を使った急造自走砲は、代わりに3突の大砲部分が載るのです。本日の作業は、大砲の組み上げと、欠けている部分の追加、防盾をプラ板で作ったところまで。
 車輛を楽して、時間節約できたので、今回はベースで遊べそうだ。
          PUCEPHALAS

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ