フォト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.26

1/700 日本駆逐艦 雪風

00ok_yukikaze01 00ok_yukikaze03 00ok_yukikaze05
日本海軍駆逐艦 雪風
AOSHIMA 1/700 modeling by OKADA
 古春男さんより新作が到着。アオシマのキットを、エッチング・プラ材などで追加工作をし対空武装強化の1945年時の状態に仕上げてあります。右舷には内火艇を配置し、艦長が乗船する様子を演出。人形はプラ板からの切り出し加工です。

00ok_yukikaze20 00ok_yukikaze16 00ok_yukikaze12
駆逐艦 雪風は昭和15年1月に竣工した後、太平洋戦争の主な作戦に参加しながら戦後まで生き残った強運艦です。対空兵装を強化した力強い姿で完成させてみました。
         製作 古春男

2012.08.24

浜松に行ってます。

といっても自分じゃなくて、模型1つ旅しています。泊めてもらったのは、
遠鉄百貨店6F・ギャラリーロゼ
【第1回 浜松ジオラマグランプリ】会場
8月20日〜26日(日)まで展示させてもらっています。

浜松ジオラマファクトリーの、
facebookページでも応募作品が観られるそうです。

巧い作品や、模型を楽しんでいるイイ作品が多く並んでいて楽しそう。そんな中に展示させてもらえているのは、とても嬉しい。自分のもお客様に覗いてもらえているだろうか?・・と想うとちょっとだけドキドキもして。

「草迷宮」の舞台は逗子なので、浜松だと気候も似ているのだろうか・・鰻も美味しいのだろうな、静岡おでん っていうのは黒いと聞いたことあるけど、味はどんなものかなぁなどと、思いめぐらします。
        Pucephalas
 

2012.08.23

Club135メンバーへ

広島乱流会さんの模型展示会が今秋開催されるそうです。
10月13日(土) 14日(日)
場所は、東区民文化センター

今回も、Club135から戦車模型などの展示をされませんか。との嬉しいお誘いをいただいています。テーマは砂漠だそう。アフリカ戦や中東などの車輛を製作されている方はもちろん、それ以外の作品もOKなので、展示協力をよろしくです。
      幻影画廊

2012.08.22

1/35 捕われたドイツ将校 ほか

00p_35ger_captured01 00p_35ger_captured09 00p_35ger_captured07
捕われたドイツ将校 ほか
ZVEZDA 1/35 finished by YAGI

模型イベントでの展示販売用に製作しました。1/35スケーールのミリタリーフィギュアです。捕われたドイツ将校はズベズタのキットより。塗装は、ラッカー塗料を基本塗装しエナメル塗料で色調整と描き込みをしています。ベースは、リキテックスのレジンサンドとナチュラルサンドを盛りつけ。ラッカーパテ、レジン粉末などを使用しています。草はラフィアを裂いたものと、ドライフラワー数種を使用。

00p_35ger_reacon01 00p_35germancoart01 00p_35panjager12
マスターボックスのキットより、ドイツ兵偵察任務。
ドラゴンのキットより、ドイツ兵コート姿と、戦車猟兵

00p_35germanstaff05 00p_35germanstaff08 00p_35germanstaff21
ICMキットより、ドイツ高級将校とスタッフ

ワンフェス会場・スパイス卓での販売と、オークションでの販売をしました。お買い上げくださったお客様、ありがとうございます。
       Pucephalas

2012.08.20

1/2 仮面ライダー1号

00rider01 00rider02
KAIYODO 1/2scale finished by YAGI
依頼をいただいて製作しました。海洋堂のソフビキット・仮面ライダーです。旧1号のカラーとしています。問い合わせもらって驚いたのはそのスケール、2分の1です。キットが届いて仮組みしてもう一度、ビックリ・・90センチくらい、子供が立っているようなものです。
 もちろん放映当時に観ていたライダーなので喜んで製作を引き受け。
 
 複眼は透明アクリル製。その下の覗き窓を塩ビ板に交換してあります。
            Pucephalas
00rider03

2012.08.18

草迷宮の行き先

先日仕上げたジオラマ「草迷宮」立体挿絵は、この企画に応募したもの。
家から気軽に搬入できる距離ではないので、宅配便を使用して作品を送りました。壊れず無事についただろうか・・考慮して製作したものの、少し心配で気を紛らわすのにビールが欲しくなります。(それは違うな・・いまピーナツを買ってきたからだ。)

 昨日今日と、「深夜には模型ヤラナイ」と決め、ひさしぶりにだらだらと過ごす夜に戻れた。そのためのナッツとビールだ。
       Pucephalas

2012.08.15

「草迷宮」立体挿絵

00kusameikyu01
KUSAMEIKYU DIORAMA 1/35scale modeling by YAGI 
「草迷宮」の一場面を、立体挿絵として製作しました。
 秋谷屋敷への道中・・主人公が手鞠を拾う川沿いの景色。と、魔モノ退散・・屋敷のなか手鞠を披露して、魔モノが退散していく場面です。(この場面は、からくり本「草迷宮」に、文机などをアレンジして使用しています)
00kusameikyu02 00kusameikyu03 00kusameikyu04
真ん中にある本は電池ボックス。春陽堂より明治40年出版の表紙を選んで貼ってあります。

00kusameikyu05 00kusameikyu07 00kusameikyu06
秋谷屋敷への道中・・この場面には、
蛇とセミ、クロアゲハチョウ、トンボ、蛙、野ウサギの小動物と、
一輪のヤマユリとアヤメを(魔の化身として)配してみました。

00kusameikyu08 00kusameikyu09
 好きな幽霊絵、鰭崎英朋の「蚊帳の前の幽霊」と、手鞠歌を書き記してあります。
            
           Pucephalas

2012.08.14

秋谷屋敷のジオラマ

120814d
小動物を配置し、シャドーボックス形として模型を額に入れこんで、ジオラマの方は完成です。
背景は、安藤広重の浮世絵「相州三浦秋屋の里」より、一部を拝借しました。

当初はワンフェスで、からくり本「草迷宮」の解説展示用に製作を始めたこのジオラマ。本来の使い方は・・
120814f
「川に手鞠が浮いているでしょう、これがこの物語の始まりです」などと言いながら、
120814e
「ほら、あそこに見えるのが、お化け屋敷と噂される、秋谷邸なのです。」
そして、そこで起きる怪異とは・・・云々と、講釈たれながら、からくり本・草迷宮の説明をする予定でした。
ちょっとした興味に気を惹かれて、別のイベント(ジオラマコンテスト)へ応募してしまった。という次第。
 さて、これから展示台の製作に移ります。
         Pucephalas

花を植える

120814a 120814b
本日よりお盆休み3連休。お墓参りはちょっと待ってもらって、秋谷邸ジオラマの仕上げといきます。
斜面と川沿いの草に花を植えました。そのなか白いヤマユリとアヤメは、物語で魔の化身として描かれている大事なもの。ドライフラワーと紙を切り出して製作してみました。
 花だけだと、動きが感じられないので、虫も登場してもらいましょう。
 1/35 で、トンボとクロアゲハ、セミをプラ材と紙で作りました。
120814c
 さて、あとはセッティングと展示台の製作。
 お腹も空いてきたので、ちょいひとヤスミ。
         Pucephalas

2012.08.12

水を流す

その匂いに懸念していた、エポキシ樹脂。
タミヤの製品は、ほぼ無臭。クサクナイのです、素晴らしい!!さすがタミヤの選択した商品。 説明書では硬化に24時間、2液を正確に計量して混合してくださいとあります。が、目分量でもOK(真似しないでください)、紙コップにチュッチュッと入れて混ぜれば、サラサラから1時間くらいでドロッとしてきます。
 今回は、一層目を流してクリアーグリーンで塗装。水草と魚、そして手鞠を配置して、もう一度流しました。硬化剤を多めにすれば、6時間くらいで硬化(保証はできませんので、真似せず説明書どおりにやってください)して、カッターとヤスリでめくれ部分等を削り取れました。
 水の流れをメディウムで表現して、川のできあがりです。
 硬化中に気泡もほとんど抜けてくれます。
120812a
 この商品はオススメ。ジオラマ製作には重宝しそうです。
 これがあれば、作りたかった「魚石」も出来るなぁ。と自分も冬を見据えて考え中。

 タミヤといえば、待望のエレファントを購入しました。これも期待に応えてくれる良キットのよう。早く作りたいけど・・先にお化け屋敷ジオラマの完成を急がないとなりません。
       Pucephalas

2012.08.09

シダの葉を生やす。

紙創りの、シダの葉が入手できたので斜面に植えました。レーザーカットされた紙製のものなので加工も簡単です。
120809c
残すは川の表現のみ。ここはタミヤから出たエポキシ樹脂を使用する予定ですが・・これたぶん臭いんだろうなぁ〜(以前に使ったモノとたぶん同じな感じ)寝れなくなると困るので、今日は早寝して早朝作業とするか。サッカーとバレーを応援しながらやるとしよう。
 オヤスミナサイ。
          Pucephalas          

2012.08.07

秋谷邸の屋根を葺きました。

バレー4強、卓球はどうだ? サッカーもあるので今夜も夜更かしで作業中。
こっちは、お化け屋敷を完成させました。屋根はグリーンマックスのプラ部品に交換し汚しをかけています。
120807b
気づけば休日に一歩も外へ出ていないぞ。冷蔵庫空ければ、ビールはないし水もお茶もカラカラ、ちょっとだけ夜風にあたってこよう。
      Pucephalas

2012.08.05

ヘビ捕獲

作業台から逃亡中のヘビ捕獲。
野うさぎ、トノサマ蛙、アオダイショウの塗装まで。スケールは1/35
120805a
       Pucephalas

2012.08.04

グッタリだ・・・

「草迷宮」のジオラマに登場させる小動物を製作中。泉鏡花は兎好きで有名、この物語にも妖怪変化のひとつとして出てきます。
 さて、そのウサギ。戦車模型でジオラマする人なら、家に何個もあるだろう、タミヤの動物セット。この中にあったはずだと箱を開けてみると、鶏、ひよこ、ガチョウはすでに使ったらしい、残った枠にウサギがいました。・・・が、グッタリ。のびてます・・兵隊の食料にどうぞと説明文。
120804b
ダメじゃん。
仕方が無いので、エポキシパテで製作。ついでに蛙も。
120804c
ヘビも作ったけど、昨夜のサッカー観てる間に行方不明。
       Pucephalas

2012.08.02

応援しながら、葉っぱを茂らせて。

ワンフェス終われば、しばらく模型(プライベートでの製作)はお休み。ボケ〜としとこ、がいつもの流れ・・なのですが、今年はもうひとつ参加させてもらうイベントがあって、そうはいかず。
 もう一度、「草迷宮」を読み直し、さぁて秋谷邸のジオラマを再開。

 道ばたの木を、紙巻ワイヤーにエポキシパテを盛って幹を。ドライフラワーで小枝、パウダーと紙製の葉っぱを生やして塗装まで。
 ちょうどいい時間にオリンピックやっているし、ガンバレ!ニッポン!!としながら、自分ももうちょっとだけ頑張ろ。
120802a
         Pucephalas

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ