« ほんとならこうしたかった・・ | トップページ | 広島乱流会・模型展示会2012 参加報告2 »

2012.10.16

広島乱流会・模型展示会2012 報告1

広島乱流会さんの模型展示会が開催されました。

10月13・14日 広島市東区民センター

前回より2年の間に製作された、たくさんの会員作品が並んでいます。

飛行機はよく知らない(ほんとは戦車もよく知らない?)私の書く紹介なので、こまかな解説はナシで許してください。

P1010013 P1010016_2 P1010017_2 P1010149 P1010015_2 P1010018 P1010014 P1010143

会場入りしてまず目に映えるのはこの大きな機体。シルバーの塗装が美しい。B52の翼の下には実験機がぶら下がっていて、もうどうにもカッコイイ。その隣りには寸胴、さらに寸胴な巨大な機体が並んでいました。聞いてみると、どちらもバキュームキットだそうで、それを歪みも無くきれいに作って銀塗装してあるので、もう驚愕。

P1010169 P1010186 P1010187_2  P1010189 

零戦はタミヤの1/32(21型と52型)を使って、32型に改造しておられます。カウル形状や主翼のほかにも各所に精密な工作が加えられていて凄い作品でした。

P1010060 P1010062 P1010049 P1010057 P1010175 P1010165 P1010190 P1010043

丁寧な工作と綺麗な塗装がされた作品が数多く並んでいました。

P1010065 P1010141 P1010066 P1010068 P1010137 P1010139 P1010064 P1010069 P1010053 P1010054 P1010052 P1010051

C130をズラッと揃えたのはU相談役。M会長もハリアーほかズラリ。

P1010003_2 P1010005 P1010034 P1010177 P1010048 P1010180 P1010162 P1010183

オスプレイは1/72が展示してありました。バッカニアとシュトルヒはどちらも1/72で、当ブログでもお馴染みの古春男さんの作品。

P1010056 P1010163 P1010012 P1010009 P1010164

どうしても気になるのは、ナンダコリャな格好をした機体。妖怪みたく、ほんとに居るんですか?と訊いちゃいます。いや、この飛行機も妖怪も居るんです。

今日はここまで。続きはまた。       幻影画廊 

|

« ほんとならこうしたかった・・ | トップページ | 広島乱流会・模型展示会2012 参加報告2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/55906989

この記事へのトラックバック一覧です: 広島乱流会・模型展示会2012 報告1:

« ほんとならこうしたかった・・ | トップページ | 広島乱流会・模型展示会2012 参加報告2 »