« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013.03.30

1/35 ドイツ軍自走砲 マーダー3

P1040086 P1040100

ドイツ Sd.kfz139 マーダー3

TAMIYA 1/35 modeling by KOUNO
 Club135・Kさんより作品写真が届きました。
 プラガの車体にロシア製対戦車砲を搭載した自走砲 マーダー3です。DAKの車輛として仕上げられています。
 ジャーマングレーを下塗り後に、塗装剥がし剤を塗布。ダークイエローを上塗りしてそれを剥がして下地を露出させているそうです。
 埃っぽさも巧く表現され、アフリカ戦の車輛を演出しておられます。
 
 バケツなどの小物も効いていてカッコイイ作品です。
         製作 Club135 Kさん
P1040091

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.27

逃げ出す

今日は仕事が休み。
桜がよく咲いているという。満開の桜の下で幻惑されると怖いので、外出は控えて、模型製作をいっきに進めよう。困難から逃げ出してはいけない。
転輪・誘導輪。機動輪と足回りの細かな部品を取り付け4列。
130327a
ドラゴンならばここから恐怖の連結キャタピラ・・・いえいえそこチェックして購入済み。このキットは簡単なベルト式なのです。
130327b
???・・・なにか足りない・・・説明書を見るとセンターガイドを取り付けの図があって・・・???
130327c
逃亡しちゃいます。
いや模型材料の調達にちょっと外出ということにして、せっかく桜もある季節だしいつもと方向を変えて電車で3、40分の模型屋さんまで。
 桜は見事に咲いている。
 昼食もまだだったのでふらりと入った鉄板焼のお店。ホルモン焼き定食があったので食してみる。美味しいので、ハイボールも追加。
 今日はヤスミダ
 ぶらぶらと散歩。花も綺麗。
 行き帰りは、折口信夫の本で過ごす。
 読んだなかに日本美という一冊があった。
その一文
「さびを感じるのは、日本人が極僅かの材料で、自分だけの世界を作ることが出来る習慣があるからだと思うのです。それを他の人に見せて、他の人にもその小さな世界のよさを感じるように導くという道があるのです」
岡本太郎を読むと、侘び寂びなどに抗う気にもなりがちだが、華美があっての 侘び寂び だよね。とあらためて意識する折口信夫の文だった。
 
 なんだかジオラマを作りたくなってきたなぁ。
 今夜はウィスキーとアーモンドチョコで、いろいろ思案ちゅう。
           Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.25

1/700 アメリカ護衛空母 ナッソー

00nasso01 00nasso02 00nasso04
アメリカ海軍ボーグ級護衛空母 ナッソー
PITROAD 1/700 modeling by OKADA

 古春男さんの新作です。10年間作りかけで放置していたキットを再開、奮起して仕上げたとのこと。一度停まるとなかなか(というかほとんど)手を付けたりしませんよね。そんななか完成を遂げた魂の宿った一作です。

 このナッソーは主に輸送船として使用されたそうです。
 直衛機のヘルキャット×3 と輸送のために積載したヘルダイバーとコルセアを配してあります。

 船体は32/2A迷彩の塗装です。

00nasso18 00nasso25 00nasso27
ボーグ級5番艦ナッソーは1942年に進水。南太平洋方面で航空輸送任務に従事しました。43年にはアッツ島上陸作戦に活躍しています。その後は、マーシャル島、レイテ島などと本土を結んで輸送任務に活躍しました。戦後はヘリ空母に機種変更されて1959年に退役しています。
          製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.23

ツクッテル

桜も咲きはじめたよと聞こえる頃。

戦車を作ってる?と聞かれ、ちょっと答えに躊躇して。ツクッてるよと返事した。
戦車を作っている気がしないのだよね。
130323b 130323c
製作中のサスペンションパーツ。M4のイージーエイトと同じHVSS。めんどくさい部品に、ずいぶん前に自衛隊シャーマンの製作に挫折したことを思い出す。
 このランナー枠が8枚あるけど、のんびり組めばいいさと、初日は2つ。二日目も2つ、三日目には説明書を観なくても組めるようになって4つ。もう飽きた・・M4なら一輛作って、なお2つ余りの数じゃんか。
 でも、これで片側・・・
 10日ばかり休息して、イベントまでの残り時間にちょっと焦ってきたので再開。毎夜毎夜2つづつ組み立てて、やっと一輛ぶん。
130323d
 片側2列、16もサスペンションのある車輛をツクッテマス。
        Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.22

1/16 アメリカ軍ドアガンナー

00p_doorgunner03

アメリカ軍ドアガンナー(ベトナム)
VERLINDEN 1/16 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。バーリンデンのレジンキット。アメリカ第一騎兵師団のヘリコプター機関銃手です。
 塗装は油彩とエナメル塗料。
 ヘルメットのブームマイクやコードなどを追加してあります。
         製作 PUCEPHALAS 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.16

1/35 ドイツ軍 88mm高射砲Flak37

00p_flak37_03 00p_flak37_08 00p_flak37_42

ドイツ軍 88mm高射砲 Flak37
DRAGON 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。ハチハチです。
 ドラゴンのバリエーションキットより、Flak37としています。空軍陣地でなくゲーリングの装甲師団の対空・地上砲として活躍との設定で仕上げさせていただきました。
 砲兵はタミヤの3.7cm対空機関砲より流用。他にドラゴンの自走砲兵なども合わせました。
     製作 Pucephalas
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.15

ポスターの掲示をお願いしました。

来月に福山で開催される、「中四国AFVの会」のポスターを模型店に掲示のお願いをさせていただきました。

 
ホビータウン広島
   広島市中区紙屋町サンモール3F
大浜屋模型店
   三原市本町1丁目
ホビーセンター ヒロシマ
   広島市中区紙屋町MIDビルB1F
ボークス 広島ショールーム
   広島市中区紙屋町サンモール4F

イベントまであと一ヶ月。まだどの戦車模型を作ろうか悩んでいる方は、ぜひ上記の模型屋さんまでどうぞ。ボークスさんにはガルパンコーナーも設けられていました。
Club135メンバーは店員さんに声かけよろしくです。
Kさん、Oさん、掲示願いありがとうございました。 
             幻影画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.14

1/35 ビュシングトラック Flak37搭載自走砲

00p_bussing24 00p_bussing11 00p_bussing34

ドイツ軍用トラック Flak37搭載自走砲
AFV CLUB 1/35 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。
 「ドイツの大型トラック(製作品ではビュッシング4.5tトラック)に、88ミリ砲を搭載したものが存在していたらしい。」とのご依頼内容で仕事をさせていただきました。
 トラックはAFVクラブ。88ミリ砲はドラゴンを使用しています。
 雑具箱と、補助脚は自作。
 荷台の側板は展開できるようにしています。
 実存写真は未確認なのですが、大戦末期のドイツ軍はなにがいてもおかしくない様相。作ってみると存在感のある車輛となって、作者自身もちょっと驚いてしまいました。
 ビュッシングのトラックが角張っていてがっしりしたスタイルだからかとも思います。風変わりな迷彩パターンもこの車輛に似合っていて、お客様の選択に感嘆です。
        Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.11

1/700 アメリカ駆逐艦 サミュエル・B・ロバーツ

00p1011834 00p1011836 00p1011853

アメリカ海軍駆逐艦DD413 サミュエル・B・ロバーツ
PITROAD 1/700 modeling by OKADA

 古春男さんより作品が届きました。
 サミュエル・B・ロバーツをレイテ海戦時として製作されています。
 船体塗装はメジャー32迷彩。 


 1944年10月 サマール島沖で栗田艦隊と遭遇。タフィー3の所属艦として護衛空母を逃がすべくジョンストン、ホエールらと共に戦闘を開始しました。微弱な戦力ながらも勇敢に闘い奮戦しましたが、金剛、矢矧の砲撃を受けて沈みました。

00p1011841 00p1011848
      製作 古春男

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.06

ポスターが届きました。

来月14日・福山で開催される「中四国AFVの会」のポスターが届きました。

Pdf
中四国の模型好き、戦車ファンの方々どうぞ参加よろしくお願いします。
 
Club135のみんなツクッテマスカ。
メンバー宛にポスターほかを送付しましたので、行きつけの模型店などに掲示をお願いしていただける方は、幻影画廊まで連絡お願いします。
        幻影画廊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.04

ツクモガミ あかいの

百鬼之図シリーズの妖怪は、幕末から明治に活躍した絵師 河鍋暁斎 の絵を元にアレンジして模型としました。

前述とおりツクモガミを描いた絵巻は室町時代より、土佐派・狩野派の絵師により百鬼夜行図として描かれ伝わってきました。
この赤い、正体不明の赤いひとつ目妖怪も、それら絵巻に必ず登場するひとつです。暁斎アレンジで毛が生えちゃったようですが・・
P1011388  
百鬼之図 3
  ツクモガミ あかいの
      製作 Pucephalas
この作品はワンダーフェスティバル2013冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイスオニンギョハン)より出展・販売したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモガミ おなべ

古道具の変化した妖怪たちは、室町時代から江戸に描かれた絵巻や絵画に多く登場します。古道具の妖怪が行進する様子(百鬼夜行図)や、人間に反乱する姿(付喪神記)などなど。

 ナンダコリャな顔かたちですが、これでも立派に神様なのです。 
鍋も変化します。
P1011389 P1011390
百鬼之図 2
  ツクモガミ おなべ
 
         製作 Pucephalas
この作品はワンダーフェスティバル2013冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイスオニンギョハン)より出展・販売したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモガミ おひつ

古道具は妖怪に変化するといわれます。精霊がそこに宿るのだそうです。

服飾品に家具や楽器、仏具など・・身近にあるさまざまなものが変化します。
コイツもそのひとつ。
P1011391 P1011393
百鬼之図 1
  ツクモガミ おひつ
         製作    Pucephalas
この作品はワンダーフェスティバル2013冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイスオニンギョハン)より出展・販売したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »