« 参加してきました。 | トップページ | 第13回 中四国AFVの会 参加報告2 »

2013.04.19

第13回 中四国AFVの会 参加報告1

毎春、開催されているミリタリー模型のイベントです。

Club135として参加させていただきました。
いつもたくさんの戦車模型が眺められる展示会なのですが、今年はさらに多くて会場は人でいっぱい。ゲストは、タミヤ(株)の田宮俊作会長・ファインモールドの鈴木社長。プロモデラーの土居雅博氏・金子辰也氏・山田卓司氏・柴田和久氏が来場して講演をしてくださいました。見回せば、海洋堂センムや模型誌で活躍されている方々もあちこちにおられ、大会場でのイベントと見間違うくらいの豪華さ。
 入場者は過去最高とのことです。
 イベント詳細や開催内容は、こちらの公式ページで御覧ください。
では会場の作品写真を一部紹介させていただきます。
P1019088 P1018931 P1018958
P1018959 P1019180 P1019177
P1019082 P1019099 P1019079
P1019080 P1019179 13513_2
主催の未完成チーム(岡山)と、協賛クラブのルフトバッフェ(岡山)・模型の会 轍(島根)・巌流会(山口)・高松ニッパーズ(香川)・徳島モデラーズ(徳島)・土佐模型クラブ(高知)・クラブ135(広島)より。
続いてテーマ卓 プラガ&シュコダ
P1018939 P1018944 P1018940
P1018944_2 P1018935 P1018941
小さな車輛はジオラマ向き。オープントップは密度感もあって楽しい。色を鮮やかにすると模型映えしますね。
単品部門から、
P1018976 P1019140 P1019138
シャーマンは1/48。塗装も精密感もあるいい作品です。BT系戦車は多く並んでいました。上の2作は淡い色合が綺麗で印象に残っています。
P1019136 P1019137 P1019065
ファインモールドの日本軍装甲車。このオモシロイい格好をした装甲車は、作りたい車輛のひとつ。
P1019061 P1019047 P1019021
綺麗なカーモデルと、くたびれクタクタとなった戦車。上のシャーマンと下のティランはとても重厚感のある塗装でした。
P1019020 P1019124 P1019128
P1018955 P1018956 P1019051
日本軍ものも数多く出品されていました。T28は作るの大変だったろうに、その苦労解りますお疲れ様でした。
P1019056 P1018924 P1018921
写真の1/48タイガーも綺麗な塗装でした。パラディン自走砲は独特な塗装で目を引きました。聴けば、アクリルを筆で重ねているそうです。色味も素晴らしくいい作品でした。
続いて情景作品から、
P1018972 P1018946 P1018961
日本兵と米兵の肉弾戦の情景です。モノトーンで仕上げてあるのが印象的。
P1018965 P1018970 P1019181
朽ちた車輛。密林の情景。ともに演出が細微で素晴らしい作品でした。
P1018950 P1019184 P1018974
レポートはもう一回、続きます。
            幻影画廊          

|

« 参加してきました。 | トップページ | 第13回 中四国AFVの会 参加報告2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/57203443

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 中四国AFVの会 参加報告1:

« 参加してきました。 | トップページ | 第13回 中四国AFVの会 参加報告2 »