フォト

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.20

イベントのお知らせ。

模型の会「轍」さんより、展示会の案内が届きました。

模型の会「轍」
日 時:7月12日(金)~15日(月)
   10時~18時(最終日は17時まで)
場 所:島根県立美術館 ギャラリー1
テーマ:建築物,民間機,大口径砲(150mm以上),マクロス


2013.06.11

イベント報告と告知です。

4月に福山で開催された、第13回 中四国AFVの会 の全作品が公式ページに掲載されていますので、どうぞご覧ください。

 中四国AFVの会 公式ページはコチラ


 あわせて次回、高知開催の告知もされています。

イベント報告と告知です。

4月に福山で開催された、第13回 中四国AFVの会 の全作品が公式ページに掲載されていますので、どうぞご覧ください。

 中四国AFVの会 公式ページはコチラ
 あわせて次回、高知開催の告知もされています。

2013.06.02

片山古墳の伝説

夏へ向けて、頭も手も切り替えなきゃな〜と思っていたところへ、友人が下府(島根)へ行くというので便乗させてもらいました。


 目当ては片山古墳。
 露出した石室がきれいに残っている古墳です。
00p1010076 00p1010068

 ここにはひとつ伝説があり、八百比丘尼(この地方では千年比丘尼とも呼ばれる)が住んでいたという石室なのだそうです。
 八百比丘尼とは、人魚の肉を食べた娘で、若狭を中心に各地に話しが残っています。島根では隠岐に植えた杉の木が有名で、八百年後にその地を再訪すると告げたと伝わります。

 福井には比丘尼を祀る社があって、その地で最後を迎えたとされ。その容姿老いることなく、夫や親類もことごとく没し、七世の孫もまた老いてしまったと語られています。

 娘の話すところ、人魚の肉の味は、
「一口食した時は味わい甘露のごとく覚えましたるが、食し終えるや体とろけ死して、夢のようでございました。しばし後に目覚めますると、気骨は健やかに、目は遠くまで利き、耳はよう聞こえ、胸中は明鏡のように覚えまする」
 だそう。


 片山古墳の近く、もうひとつ云われのある石があります。
00p1010080
 土に埋まった石なのですが、露出部は1メートルくらいあります。平に加工されているので石室の一部かもしれません。

 この石を、八百比丘尼が投げ捨てたと言われているのです。

 何故か? ・・が伝えられてないんですよね。想像でなにかオモシロいものが出て来そうな気もしますが・・・それにはもうちょっといろいろ探ってみないとならないようです。


 でもその前に、
 ツクモガミ・木魚から手足が生えました。
 今日ようやく炬燵も上げて、気持ちは夏へ向かいます。

 山陰まで遊びに来てくれた八百比丘尼に想いを馳せて(まだどこかで生きてるかもしれないし・・)
 寄り道してくれた友人に感謝。

         Puce

2013.06.01

54mm US.第1騎兵師団将校

00p_uscavalry14

アメリカ陸軍第1騎兵師団将校
ANDREA 54mm finished by YAGI
 お客様より依頼を頂いて製作しました。アンドレアのメタルキットです。ベトナム戦の米軍将校。というよりも、地獄の黙示録に登場したキルゴア中佐です。
      製作 Pucephalas  

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ