« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.23

1/700 アメリカ駆逐艦 アレン・M・サムナー

00allensumner04 00allensumner02 00allensumner03

アメリカ海軍駆逐艦 アレン・M・サムナー
PITROAD 1/700 modeling by OKADA

 お待たせしました。古春男さん復活の作品(オーバーでした失礼)は、米駆逐艦のフレッチャー級です。変わらず精密感の高い良作で見せてくれて感動。

 主砲などをディテールアップのほか、MK12レーダーや爆雷投下軌条をエッチングに変更。単装機銃はエッチングパーツを使用し、プラ板で防弾板を追加してあります。

00allensumner09 00allensumner11 00allensumner16
アレン・M・サムナーは、フレッチャー級の拡大改良型です。12.7mm連装砲を3基、40mm連装、4連装を備え対空能力を強化しました。1944年12月2日 オルモック湾夜戦にて日本駆逐艦(桑・竹)に攻撃を加え駆逐艦・桑を撃沈。米側も一艦を失う激戦となりました。 アレン・サムナーはその後、フィリピン方面で活躍。大戦後も朝鮮戦争、キューバ危機、ベトナム戦争と参加しています。現在は記念艦として残存。
 製作 古春男 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.19

1/16 あんこうチーム・4号戦車H型

00p1010745

TAMIYA 1/16 finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。タミヤのRCキット・4号戦車です。製品はJ型なので、あんこうチーム仕様のH型(D改修型)に改造してあります。
 主な改修は、シュルツェン、砲塔上面のディテール削り取り、予備マフラーの追加などです。
00p1010775
 フィギュアは着色済みレジンキットを組み立てました。
           製作 Pucephalas
00p1010776

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.16

思いもかけずに、

クラーケンと戦うノーチラス号。
130916d
モノトーンで塗ってドライブラシでエッジを立たせて挿絵風にするのもいいかな。など、気の向いた夜に小説を読み返しながら、のんびり進めてたノーチラス号。
 思いもかけず、
130916e
 もうイッコ追加。製作の依頼が入ってきました。ありがとうございます。
 さて、ここから難しい。
 いま製作中のものを仕事用に回すのは、自分の買ったキットに忍びない。箱を手にした時の嬉しい気持ちは大切なものだ。
 依頼品を先に作ってから、あとでのんびり自分のを・・・これは危険、一度箱を閉めると再開する可能性はかなり低い。
 ならふたつ同時に・・・できるか?やれるのか??
 火曜日は仕事休みなので、ぶらぶら散歩しながら悩むとしよう。
 そう決めて、映画「海底二万マイル」のDVDを注文。     
          puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.11

正体はイカ

ノーチラス号この模型の一番のチャームポイント?になる、クラーケンです。

130911c
原作では大ダコと訳されていますが、イカかタコかは判然とはせず巨大な頭足類とされています。
 映画「海底2万マイル」ではイカでした。「タイタンの闘い」では巨大な半魚人の姿で登場するのがクラーケンです。
 ここはやっぱり、その正体はダイオウイカということにします。いまブームだし、キットのパーツにはちゃんとイカトンビも彫刻されていますので。
     puce   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.07

蔵書1万2千冊

ノーチラス号の船体上部にある2つの窓は操舵室。そして中央に位置するのがサロンで、この部屋はキットにも再現されています。蔵書1万2千冊、数々の美術品がコレクションされ・・・という記述には少し物足りませんが、パイプオルガン、本棚、ソファー、六分儀もしっかりパーツで入っています。

130907c
本と画と、五線譜を部屋にゴチャゴチャ追加して・・・とイメージは膨らみます。が、不安なのは、組み込んだら見えなくなるんじゃないかなぁ???
       puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.06

作ろっと、

雨が続いて後、すっかり涼しくなりました。

ビール飲んで寝転がってテレビ観るよりも、軽く焼酎飲んで模型触ってるのが楽しい夜です。
さぁ、ノーチラス号を作ろっと。
130906b
パーツの合いもよいので、このカタチまですぐに辿り着きます。
見慣れたものとちょっと違う?
この模型は、小説をイメージしてペガサスホビーのオリジナルデザインなのです。
映画版や、ディズニーシーのものとは少し印象が変わっています。
でも、これカッコイイ。
一角鯨と間違われる特徴ある艦影とリベットだらけの表面にしびたところで・・・
130906c
本棚からジュール・ヴェルヌの小説を取り出して・・・さぁ、寝っ転ぼぅ。
        puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.02

Club135 ミーティング? 130831

daofuさんの呼びかけで、先週末にClub135ミーティングを開催しました。夏の終わりに集ったのは、Kさん、Y2さん、daofuさん、puceの4名。台風も消え去った日、もちろんビールで乾盃です。

 お刺身、煮込み、カニ、お肉と続いてビールも進む。鯛の骨蒸しはとても美味。松茸は天ぷらで食させていただきました。合間に模型の話しもチラホラ出て満足満足そして満腹。

 そうそう、みんなしっかり模型も夏休みで、完成品はナシです。(笑)
 
 2件目に飲んだ焼酎のおかげで、ぐっすり眠れて翌日の自分。
 雨なので仕事は休みとして、本を読みながら寝る起きる読む寝るのくり返し、もったいないぞ日曜日。
 涼しいし、せっかく盛り上がったのでプラモ作るかなぁ〜と取り出したのは最近買ったこの2点。
130902a
SASジープは2台くらいでジオラマにした方が面白いか・・・と箱をしめた。
シュコダはリベットだらけの姿でカッコイイ。ちっこい情景にしようか、草原にすると車体色も映えるよな。基本塗装まで済ませたプラガが5年くらい眠っているので、そろそろ起こすのもよいだろう。単品小作で2つ仕上げる?・・・・など考えてると日曜日は終わりました。
 そして今日。注文していた模型が手元に届いて・・・
130902b
ペガサスホビーのノーチラス号。ジュール・ヴェルヌの「海底二万マイル」に登場する潜水艦です。シュコダよりもさらにリベットいっぱいいっぱい。
130902c 130902d
さらにいま大注目されてるダイオウイカまで付いていて、素晴らしく魅惑的なプラモです。これ作ろかな。
         puce
追記
 さて今夏のClub135ミーティングは突如決まったこともあって、すぐに連絡ついたメンバーで行いました。知らせ届けられなかった方にはゴメンナサイ。
他メンバーからの声かけも楽しみに待っています!! また模型持ち寄って、お酒飲みながらやりましょう。 
 紅葉するくらいには、ダイオウイカも完成できるかも。お誘いよろしく〜〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »