フォト

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014.08.10

1/700 日本海軍駆逐艦 村雨

00p8070097 00p8070100 00p8070101
1/700 日本海軍駆逐艦 村雨 (めさらむ)
FUJIMI  1/700  modeling by YAGI

 WLモデルのフジミ・白露型駆逐艦を村雨として完成させました。製作は説明書に準じたものですが、窓枠・手摺・煙突頂部雨水防止カバー枠などエッチングとプラ材で追加。マストをプラ材と真鍮線で作り替えてあります。

 兵装は、50口径12.7cm連装砲2基。12.7cm単装砲1基。40cm単装機銃2基・61cm4連装魚雷発射管2基。爆雷投射機2基です。

00p8070108 00p8070111 00p8070116

「駆逐艦 村雨について」

駆逐艦村雨は、白露型3番艦として1937年に竣工、横須賀鎮守府所属です。開戦時は第2艦隊第4水雷戦隊に編入されました。(第2駆逐隊 村雨・夕立・春雨・五月雨)
フィリピン攻略作戦・スラバヤ沖海戦・セブ島攻略作戦・ミッドウェー海戦などを戦い、鼠輸送(ガダルカナル島輸送作戦)に7度も従事し成功を納めています。同型艦夕立が奮戦轟沈した激戦の第3次ソロモン海戦にも参加し生還します。
 1943年3月、村雨・峯雲は輸送作戦中に米艦隊(軽巡3、駆逐艦3)と夜戦となりレーダー照射による砲撃を浴びて、南方の海に没しました。
       製作 Pucephalas

1/700 日本駆逐艦 浜風

00p8070154_2 00p8070157_2 00p8070159
1/700 日本海軍駆逐艦 浜風 (ぜかまは)
PITROAD  1/700  modeling by YAGI

 WLモデルの陽炎型駆逐艦を浜風として製作しました。説明書に準じて組み立てていますが、艦橋窓枠と手摺などをエッチング追加。マストはプラ材と真鍮線で作り替えました。

 艦の装備は艦橋前に対空機銃台を追加した大戦中期頃としています。
 兵装は、50口径12.7cm連装砲3基。25mm連装機銃1基。25mm三連装機銃2基。61cm4連装魚雷発射管2基。爆雷です。

00p8070172 00p8070171
「駆逐艦 浜風について」
  浜風は、陽炎型13番艦として1941年に竣工、呉鎮守府所属です。開戦時は第一水雷戦隊・第17駆逐隊に編入されました。(浜風・浦風・磯風・谷風)
1941年12月、南雲機動部隊護衛として真珠湾攻撃に作戦参加を皮切りにガダルカナル島攻略、ダーウィン空襲、ミッドウェー作戦などに参加。その後も、鼠輸送(ガダルカナル島輸送作戦3度従事)、南太平洋作戦、ガダルカナル島撤退作戦、コロンバカラ島沖夜戦、マリアナ沖海戦などの重要な作戦に参加しています。 マリアナ沖海戦では撃沈した飛鷹の乗組員を救助しました。さらに1944年11月のレイテ海戦では、戦艦武蔵の護衛を務め、武蔵撃沈の際には乗組員救助にあたりマニラへと帰還しています。その後、浦風とともに第一艦隊を護衛して本土へ帰港。途中の敵潜水艦の攻撃で沈んだ浦風の代役となり駆逐艦隊司令艦として長門とともに横須賀港に入りました。
浜風の戦歴はまだまだ続きます。信濃が敵潜水艦に撃沈された際にもその護衛に就いており、乗組員多数を救助します。船団護衛任務などを経て、その最後は1945年の天一号作戦。戦艦大和を護衛し沖縄に向かった浜風は、坊ノ岬沖でアメリカ軍機の激烈な空襲を受け、船体後部に爆撃を受けて航行不能に陥ったところ魚雷を船体中央に受けて轟沈しました。
     製作  Pucephalas

1/700 日本海軍駆逐艦 夕立

00p8070128 00p8070129 00p8070143
1/700 日本海軍駆逐艦 夕立
FUJIMI  1/700 modeling by OKADA

古春男さんの作品です。フジミの白露型駆逐艦を夕立として仕上げてあります。
 1942年頃の姿とし、艦橋窓枠をエッチングに変更、煙突頂部の雨水カバー枠を追加、マストを真鍮線で作り替えなどをしてあります。

 00p8070135 00p8070144 00p8070140

駆逐艦 夕立は、白露型4番艦として1937年に竣工、第4水雷戦隊所属となりました。フィリピン攻略・スラバヤ沖海戦・ミッドウェー海戦を経て、1942年11月第3次ソロモン海戦に参加。米重巡と駆逐艦に雷撃をし大損害を与える奮闘をみせます。自らも敵艦よりの砲撃を浴びることとなり12日に没しました。

            製作 古春男

2014.08.02

1/700 日本駆逐艦 不知火

00p1011109 00p1011111 00p1011113
日本海軍駆逐艦 不知火
TAKARA  1/700  modeling by OKADA

 古春男さんの作品です。

 タカラ世界の艦船(完成品)をディテールアップしリペイントしたものです。主砲・魚雷発射管などはピットロードほかプラキットより部品流用。マストを自作し、艦橋窓枠や手摺などをエッチングで追加しています。
00p1011115 00p1011120

「駆逐艦 不知火」

  陽炎型2番艦 不知火は1939年竣工し、18駆逐隊所属となりました。 ハワイ作戦 インド洋作戦 ミッドウエー海戦に参加した後、 1943年7月 キスカ付近で潜水艦雷撃により艦首を折る損害を受けています。 一年以上の期間をかけ修復  レイテ海戦では志摩艦隊とともにスリガオ海峡突入するも反転。 27日軽巡鬼怒救助に出動した際に米軍機の攻撃を受け没する。

           製作 古春男 


1/700 日本海軍駆逐艦 綾波

00p1011099 00p1011101 00p1011108
日本海軍駆逐艦 綾波
TAMIYA  1/700 modeling by OKADA
 古春男さんの作品です。

 特2型 1番艦 綾波 です。タミヤのプラキットを製作したものですが、艦橋ほか各所を形状修正、ディテールアップをして仕上げました。艦首楼を延長し、マストを自作しました。外舷にフレアを付け、予備魚雷格納庫をプラ材で作り追加してあります。



00p1011105 00p1011107

「駆逐艦 綾波」

駆逐艦 綾波は、1930年4月竣工 開戦時第3水雷戦隊所属しています。 マレー作戦 ミッドウエー海戦などに参加しました。最も活躍をみせたのは 1942年11月14日の第3次ソロモン海戦においてです。戦艦霧島らとヘンダーソン飛行場砲撃に向かい、サボ島西側から現れた米艦隊と遭遇。 駆逐艦2隻を撃沈する戦果を上げますが、自らも敵弾を浴び没しました。 


       製作 古春男

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ