« 1/144 サンダーバード2号 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 島風 »

2014.09.07

1/700 日本海軍駆逐艦 浦風

000p9040235 000p9040237_2 000p9040249
日本海軍駆逐艦 浦風
FUJIMI  1/700 modeling by YAGI
 フジミの陽炎駆逐艦を浦風として完成させました。
 説明書に準じて製作していますが、艦橋窓と手摺など一部をエッチングで追加し、マストを金属線とプラ材で作り替えました。

 艦の装備は、艦橋前面防弾板、単装機銃を追加した大戦後期頃としています。(説明書にあった通りに単装機銃を艦橋横に2基追加していますが、雪風のようにもっと増設された可能性もあります) 兵装は、50口径12.7cm連装砲3基。12.7mm単装機銃2基。25mm連装機銃1基。25mm3連装機銃2基。61cm4連装魚雷発射管2基。九四式投射爆雷です。

「駆逐艦 浦風について」
駆逐艦 浦風は、陽炎型11番艦として1940年に竣工、呉鎮守府所属です。開戦時は第一水雷戦隊・第17駆逐隊に編入されました。(浦風・磯風・浜風・谷風) 
太平洋戦争開戦となる1941年12月の真珠湾攻撃に参加。

1942年、ウェーク島攻略作戦・ダーウィン空襲・セイロン沖海戦など作戦を経て6月・ミッドウェー海戦に参加した後、アリューシャン方面に出撃。本国へ帰投し艦隊再編成をして南方へ戻った浦風は、ガダルカナル輸送作戦などに従事。多くの兵員と物資を戦線へ送り届けています。

1943年、ガダルカナル島撤退作戦に参加。2月にはパプアニューギニアのウエワク島で行動不能となっていた「春雨」の救出に「天津風」とともに向かい、無事にトラック泊地の「明石」へ引き渡しています。

1944年、サイパン島などへの船団護衛任務、6月のマリアナ沖海戦へ参加し「翔鶴」を護衛。10月のレイテ作戦ではサマール沖海戦を闘っています。そして11月、多くの激戦を闘い抜いた浦風も、その命運が尽きます。ブルネイ港から内地へ向かう「大和」「長門」「金剛」の護衛任務に就きます。その途上、敵潜水艦の一撃(長門を狙ったといわれる)が浦風に命中。台湾海峡にて轟沈しました。

          製作 Pucephalas

000p9040240 000p9040257 000p9040252

|

« 1/144 サンダーバード2号 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 島風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/60275263

この記事へのトラックバック一覧です: 1/700 日本海軍駆逐艦 浦風:

« 1/144 サンダーバード2号 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 島風 »