« 1/700 日本海軍重雷装艦 北上 | トップページ | 展示会のお知らせ。 »

2014.09.20

1/700 日本海軍軽巡洋艦 大淀

000p9180308 00p9180311 00p9180313
日本海軍軽巡洋艦 大 淀 (おおよど)
AOSHIMA  1/700  modeling by YAGI

 アオシマのキットを製作しました。手元にフジミ製キット用のエッチングパーツがあったので、使える部品(マスト・クレーン・電探・手摺など)を替えてあります。

00p9180354 00p9180345 00p9180348
艦の装備は大型カタパルトを廃して格納庫を司令施設に改装した大戦後期の状態としてあります。 兵装は、60口径15.5三連装砲2基。65口径10cm連装高角砲4基。25mm三連装機銃12基。25mm単装機銃10基です。(アオシマ説明書に倣いました)
00p9180324 00p9180341_2 000p9180334
「軽巡洋艦 大淀について」
軽巡洋艦大淀は1943年2月に竣工。横須賀鎮守府所属です。水上偵察機・紫雲を搭載可能な大型カタパルトと通信室を備えた潜水艦隊旗艦として建造されました。
1943年 紫雲の開発失敗などもあり、潜水艦隊旗艦としての作戦任務はなく南方での輸送作戦などに就いていました。パプアニューギニア・カビエンへの輸送任務の直後に「能代」「秋月」「山雲」とともに米軍機100機あまりと戦闘しています。
1944年 本土に戻った大淀は、その通信設備の高さを買われ連合艦隊旗艦として改装を受けます。マリアナ沖海戦では、瀬戸内海にある柱島より司令部として指揮を行っています。10月のレイテ沖海戦では、第三艦隊第一機動部隊に編入され出撃。「瑞鶴」を旗艦した作戦行動でしたが、瑞鶴の被弾炎上(後に沈没)により、司令部は「大淀」へ委譲。敵航空機との戦闘を繰り広げています。12月、フィリピンの米軍を攻撃する「礼号作戦」が行われ、重巡「足柄」・駆逐艦「霞・清霜ほか」と参加。敵爆撃機と 魚雷艇の攻撃をかわし港と飛行場に砲撃を浴びせました。
1945年 航空戦艦「伊勢・日向」駆逐艦「朝霜・霞・初霜」とともに北号作戦に参加し、多くの物資を日本に持ち帰ることに成功。この際に大淀の作戦司令室は、物資輸送庫として改造されたようです。 その後は、呉にあって浮き砲台として、米軍の空襲を迎え撃ちます。7月28日の空襲で被弾、大破着底してその役目を終えました。
          製作 Pucephalas

« 1/700 日本海軍重雷装艦 北上 | トップページ | 展示会のお知らせ。 »

Club135模型作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/700 日本海軍軽巡洋艦 大淀:

« 1/700 日本海軍重雷装艦 北上 | トップページ | 展示会のお知らせ。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ