フォト

« 1/700 日本海軍駆逐艦 舞風 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 雷 »

2014.10.12

1/700 日本海軍駆逐艦 時雨

00pa090419_2 00pa090423 00pa090434
日本海軍白露型駆逐艦 時雨  (しぐれ)
FUJIMI  1/700  modeling by YAGI

 フジミの白露型キットを時雨・大戦中頃として仕上げました。手摺・ラッタル・の追加、マストの作り替え、対空機銃をファインモールド部品に交換など、それほど手のかからない工作に抑えてディテールアップしてみました。

兵装は、50口径12.7cm連装砲2基。12.7cm単装砲1基。40mm単装機銃2基。61cm4連装魚雷発射管2基。爆雷投射装置です。

00pa090438_2 00pa090429 00pa090441_2


「駆逐艦 時雨について」
駆逐艦 時雨は、白露型2番艦として1936年に竣工、横須賀鎮守府所属です。同年、お召艦「比叡」の随伴艦としての栄えある任務につきました。
1941年 第27駆逐隊「白露」「時雨」「有明」「夕暮」 
1942年 5月、珊瑚海海戦に参加。ガダルカナル島輸送任務を経て、10月、サボ島沖夜戦で沈没した「吹雪」の乗員救助にあたっています。11月、第3次ソロモン海戦に参加。
1943年 本土へ戻り改装を受けた後、南方へ戻り輸送任務に従事。8月 ベララベラ島沖「浜風」らとともに米駆逐艦隊との遭遇戦をし砲雷撃を交えました。コロンバカラ島撤収作戦を経て、ベララベラ島撤収作戦に参加。敵艦隊との海戦中に「夕雲」を失うも、「五月雨」などとともに任務を成功に導く活躍をしました。 11月、第5戦隊などとブーゲンビル島沖で夜戦を行う。
1944年 トラック島空襲を逃げ延びた時雨は、ビアク島への輸送任務。6月、マリアナ沖海戦に参加。「五月雨」を失ったこの闘いを終えた時には、白露型で編成された第27駆逐隊は「時雨」ただ一隻のみとなっていました。10月のレイテ海戦での激戦では、西村艦隊「山城」「扶桑」「最上」などの参加艦艇が次々と沈むなか唯一「時雨」だけが生還を遂げています。11月には「雲竜」「金剛」などの最期の航海に随伴しています。
1945年 1月 マレー沖で船団護衛をしていたところをアメリカ潜水艦2隻に襲撃されます。果敢に立ち向かいますが左舷後方に魚雷が命中、総員退去、沈没となりました。
           製作 Pucephalas

« 1/700 日本海軍駆逐艦 舞風 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 雷 »

Club135模型作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/700 日本海軍駆逐艦 時雨:

« 1/700 日本海軍駆逐艦 舞風 | トップページ | 1/700 日本海軍駆逐艦 雷 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ