« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.30

顔アリ?ナシ?

顔をつけようか、つけまいか・・・

虚無僧のような格好とみて、中に顔を入れるとか・・・
ひとつ目にしてみるか、三つ目にしてみるかと鉛筆で描いみると、その形状からして宇宙人のような姿になる。なんか違う。

 これは、ツクモガミ羽釜の製作記である。

 どんな顔かを妄想しているうちに、頭のなかでスコンと抜けた・・・

 顔が顔である必要もないのだ!!

 それで、こうしてみました。
150630a

 受け入れられるか、どうだか?
 ちょっとばかり不安なところもあるけれど、自分では気に入っている。


 これで今夏の新作は揃ったとしよう。
150630b
 コルクくん(オオサンショウウオ)
 ツクモガミ 迦陵頻伽
       羽釜
 この4点が新作です。
 そして、販売リクエストいただいた、三本足の蝦蟇を、(オマケ専用から)アイテムとして少し整形し直しました。ベースを変えて商品として並べる予定です。
 明日から7月。量産に入るとします。

・・・・・はがま・・・あれでよかったかなぁ・・・
             puce   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.29

みょうが

あまり好みではないのだ、茗荷は・・・

薬味以外で食べるとしたら、甘酢漬けくらいだ。当然、自分で料理するのに買うこともない野菜だった。
でも、どうしても薬味に欲しかったから1パックを買った・・・当然余る。
捨てるのも勿体ないし、オリーブオイルで炒めてみた、軽く塩こしょう。
あれ、意外に食べれる。
おろし生姜と、冷蔵庫に余っていた合鴨の薫製を刻んで放り込む。
あらら、美味しいじゃないか。
甘みがあって、最後にほんのり苦みがくる。それもいい感じ。
試してみるものだ。



6月も終わり、ちょっと余裕も・・・・出てくるはずもない。
ツクモガミ羽釜を製作中である。
150629f
釜の表面にテクスチャーを入れました。
手足も仕上げサフ吹きまで。
明日には振り向かすことができるか?
           puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.28

どんな色にするか、

夏の模型イベントへ向けての、アイテム原型が仕上がりました。

ツクモガミ・カリョウビンガ
鳥兜の妖怪変化です。
150628a
もとは極楽浄土に舞う鳥なのだから、綺麗で派手な色がよさそう。
舞楽が2人舞なので、2種作るか・・・もっとたくさんもいい?
鳥の写真をいろいろ眺めながら、今夜は一杯飲むとしよう。
        puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.25

模型展示会のご案内

「中四国AFVの会」でお世話になっている、

島根・模型の会「轍」 より、展示会の案内をいただきました。
【模型の会「轍」第10回展示会】
日時 7月24日(金)〜26日(日)
   10:00 〜 18:00
場所 島根県松江市袖師町1-5
   島根県立美術ギャラリー1
      地図はこちら→
展示テーマ : レーサー
AFVテーマ : 装輪装甲車
飛行機   : 水上機
キャラ   : 宮崎駿ワールド
観覧無料
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.22

妙なの

部屋に散乱した本や雑誌をめくったり・・・

ブリューゲルは変なものいっぱいで面白い、ここにも作りたいものたくさん居るのだ。
古い雑誌にあったマグリットの挿絵や、ルドンのものなど観ていると化け物いっぱいで楽しく時間も忘れる。
・・・いけない、いけない。模型をツクラネバ

ヒントは無いかと、本屋へ寄れば、
乱歩の幽霊塔がハードカバーで復刊されているし、
澁澤の本がペーパーバックで出ていたりもして。
さらに、ボルヘスが文庫本になっていて、ちょっと驚く。
どれも既に読んでいるし、家の本棚にもあったろう・・・と思いながらも、帰りには手にしていたりする。
 それらを読み耽っていたら、もう6月も下旬となってしまっていた。


なので日曜深夜も、羽釜を作っている。ツクモガミの新作である。
150622
顔はまだない。
             puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.19

1/1000 地球防衛軍旗艦 アンドロメダ

00p6102050 00p6102052 00p6011995

地球防衛軍旗艦 アンドロメダ
ELSTED  1/1000  finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。イベント限定のレジンキットです。一般ディーラー製品?のようですが、密度精度ともメーカー品を凌駕する素晴らしいキットでした。
 依頼者様のご希望で、艦橋下船舷にパルスレーザー砲を増設しています。
00p6102056 00p6102061
   製作  Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.17

1/100 アイゼンボーグ号

00p5271913 00p5271926 00p5271923

MRD  1/100  finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。イベント限定のレジンキットで、アイゼンボーグ号です。
 主翼・尾翼ほかをプラ板で作り替え。主翼は展開状態としています。エンジンノズルは市販パーツのものを追加しました。
         製作 Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.14

丸めて伸ばしてクネらせて・・

粘土を丸めて伸ばしてクネらせて適当に盛り付けていく作業は好きだ。

150614a
丸に渦文様を描いていると楽しくなる。(またドグウを作ろっかな・・・)
 いま作っているのは雲なのだ。
だいたいのカタチになったので、ここから彫り込んでいくとしよう。

そして、この雲の上を舞うのが、
150614b
カリョウビンガ
鳥兜の妖怪変化したもの。

いままでさして気にもしていなかったのだが、鳥兜を作るにあたって舞楽の動画をよく観ている。
 鳥兜を被って舞うのは「青海波」と呼ばれる二人舞。
 迦陵頻伽が舞う童子四人舞の「迦陵頻」というのもあって、これらの動画を観ながらする真夜中の製作は静かでのんびりとして気持ちよい。

 そしてついついそのまま眠ってしまうのである。
           puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.09

見つけた

かわらず羽釜は顔ナシのまま進めているのである。

ネットで検索してもどうにも見当たらずで諦めかけていたのだが、昨夜に思い立ってもう一度、家の本棚からいろいろ引っ張り出して見返してみた・・・・また部屋がグチャグチャになっている。
 その甲斐あって、幽霊妖怪画展の図録のなかにソレを見つけた!!
 明治時代に活動した画家・水野香圃という人が描いたものだそう。
 当然、暁斎鈍画もみているだろうから、おひつ らしいモノもいる。その左斜め上にいる子供のような髪型で描かれているのが 羽釜 ではないか。
150609a
・・・・・これは・・・・ないなぁ・・・・

朝からツクモガミ羽釜の体を作っていたが、かわらず顔ナシである。
・・・・詰まった・・・・

しばらくコイツを忘れて出かけるとする。今日は休もう。
            puce
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.06

1/250 ムーンライトSY3号

00p4281648 00p4281649 00p4281654

ムーンライトSY3号
KAIYODO  1/250  finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。「怪獣総進撃」に登場した機体です。キットは20年以上前に海洋堂から発売されたソフビ製ガレージキット。
 主翼ほか翼部分はプラ板で、レーダーなどはプラ材と金属パイプなどで作り替えました。
 そして、
00p4281666 00p4281670 00p4281680
追加部品としてブースターユニットの製作をさせていただきました。本体部分はバルサの削り出し、翼はプラ板から、連結部分とエアインテークはバルサを芯にプラ板を積層して作ってあります。

 塗装は「特撮博物館」の図録にあった、ロケット打ち上げ時のプロップを参考にしています。

 ムーンライト号が50cmくらいあるので、全高は1メートルを超えるサイズとなりました。
     製作 Pucephalas

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.04

顔をみせてください

どうしよう?どうしよう?
迷うとぶらぶら散歩する癖があるので、最近は珍しくよく出歩いているのである。
よほどの運動不足だから、それもよいか。とも思う。
けれども、一昨日には酒のチカラで妙案解決だ!!と、店に寄ったらどうやって家に戻ったのか記憶がないのである。
 これはなんとか捻り出さねばならない。

 

悩みごとは、顔がみえないこと。

羽釜の・・・・

これは、
製作をしているツクモガミの話しなのだ。

室町中期頃に描かれた古い絵巻にすでに登場している羽釜の妖怪。
「河鍋暁斎」くらいなら向こうを張って正面から描いたものもあるだろう、そう思っていたのだが、どう探してもみんな後ろ向き。
「鳥山石燕」の鳴釜には顔がないじゃないかとも考えるが、あれは竃の下に鬼の首が埋まっているのだから別物だ。体も毛むくじゃらだし。
おひつ・おなべ・もくぎょに顔があって釜に顔が無いのもおかしい。
似た茶釜には顔が描かれているものが多い。
150604c 150604d
鳥山石燕 と 月岡芳年 の画
これはカワイクないなぁ・・・


悩みながら今夜も作るとしよう。
150604b
         puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »