« ワンフェスに参加してきました。 | トップページ | ツクモガミ 如意とんぼ »

2016.02.14

縄文土器・獣脚付深鉢

00p2043808

JOMONDOKI 獣脚付深鉢
ファンド原型・レジン複製品を着色
模型サイズ 100mm   製作者 八木一文
この土器は、新潟五丁歩遺跡で出土したもので縄文時代中期頃の製作とされています。(紀元前5000〜4000年頃)
 異形なカタチをしたさまは、象のようにも見えて愛らしくあります。
 ゾウの鼻のように突出した把手とその周辺、脚部が出土したらしく、後ろ半分は修復されています。
 調べてみるとよく似た文様の土器が山梨県でも発掘されており、同様の把手が反対側にも付いています。またこの時代は、人面・獣面を模したの大型把手が付けられた土器が多く観られるため、そのようなものが反対側にもあったと推測できます。
 この土器の文様を観てみると、マムシ文様が彫られとぐろを巻いているため、把手を尾っぽと見立てると反対側に面があったと推理していてもいいかもしれません。
 そういろいろ考えを巡らせるも、やはりいまの形がカワイイ!!のです。
 この姿で現れて、復元されたことが素晴らしいのだと思います。
           2016.02.05  模型製作者
00p2043805 00p2043810 00p2043811
この土器模型は、ワンダーフェスティバル2016冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイス オニンギョハン)のブースで完成品販売をさせていただきました。
ご感想・問い合わせなどありましたら、こちらのメールまで。
            Pucephalas

|

« ワンフェスに参加してきました。 | トップページ | ツクモガミ 如意とんぼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/63209274

この記事へのトラックバック一覧です: 縄文土器・獣脚付深鉢:

« ワンフェスに参加してきました。 | トップページ | ツクモガミ 如意とんぼ »