« 参加予定のイベント | トップページ | 情景百鬼之図 「ツクモガミ のぶすま」 »

2016.09.27

プラモって、難しい

プラモデルってこんなに難しかったっけ・・・・

そんな思いをしながら、製作ちゅう。
選んだキットはD社のの1/35 SU76i(ロシア改修版の3号突撃砲)です。
展示会にひとつ戦車ツクルかなぁ・・・と気楽に箱を開いたものの、
  ここからそこまで何センチを切りましょう。
  この穴を埋めましょう。
  この突起は要らないので、削り取りましょう。
  ボルトは削ぎ取って、ここに付けてください。
          などの指示・・・引くものが多いなぁ。自ら改造するなら、足していくから気持ちよいのだけどナァ。
  作りながら、 T社の3号戦車からプラ板改造すればよかったかも・・・とも思いつつ、こんなオモシロイ車輛をキット化したメーカーさんも、よいとこなんだ。と納得させて、進めて行く。
  3週間経って、ようやくカタチになったので、紹介です。
00p9185358   
  車体後方のドラム缶と、戦闘室脇の雑具箱には凹みを付けています。
00p9245388 00p9245389 00p9245400
ベースはスチレンボードで。
ついでに、完成まで95%というところで、数年放置の3突Gを出してきました。これも一緒に。
00p9245397 160927c
100均のレジンクラフトコーナーで、エッチング製の蝶々を発見したので、羽に薄い膜を貼って塗装。前に作った日本兵のジオラマに追加しておきました。
  こういう作業は、とても楽しい。
                      Pucephalas  



ついでに。。。眼鏡の日本兵ジオラマは、後ろに妖怪「塗壁」をさりげなく書いて貼っていたのですが、友人に見せても気づいてくれなかったので、目をエポパテで作って塗装をしました。
  これで、はっきり出現です。
160927d

|

« 参加予定のイベント | トップページ | 情景百鬼之図 「ツクモガミ のぶすま」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/64266802

この記事へのトラックバック一覧です: プラモって、難しい:

« 参加予定のイベント | トップページ | 情景百鬼之図 「ツクモガミ のぶすま」 »