« 猫踊りはトリオなのか? | トップページ | Club135メンバーへお知らせ。 »

2016.11.29

作り方もいろいろ

3ヶ月くらい前に、お客様より頼まれて組み立て塗装したフィギュアです。1/20スケールで大きさは8cmくらい 。ZBrushで3dデータを作り光造型プリンタで出力したものが原型となっているそう。レジン製で部品は3パーツ。

00pa205697 00pa205700 00pa205631
MK2  1/20scale  finished by YAGI
  細部の造形に表情、ポーズともすごく良いキットでした。
 さらには、銃器を持った兵士などを1/35スケール(5cmくらい)1部品で、プリンタ出力された商品もある。アメリカのレジンメーカーだそうで、兵装した人間をスキャンしているという。
サイトを観れば、樹脂で出力したものがそのまま商品となっているよう。
 できる人達の作るモノはオモシロい。



さてさて、こちらはだいぶアナログ。河鍋暁斎の画を脳内スキャンしてパテ盛りして削ってのくり返し。 使う道具は、デザインナイフに爪楊枝などだから、デジタルとはほど遠くて笑えてしまう。あぁ、リューターは使うので、ほんの少し電動。
 ツクモガミ「猫又」も、ようやく顔が見えてきました。 
161127a 161127c
 
  猫は忠義話しが多く。江戸時代の怪談集「耳袋」には、ある商家の娘を守り、大鼠と決闘して相果てた猫のことが語られている。
  ツクモガミ「猫又」へも、愛情深くツクってあげると、なにかいいことも起こるかな。
                            Puce
 

|

« 猫踊りはトリオなのか? | トップページ | Club135メンバーへお知らせ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/64559056

この記事へのトラックバック一覧です: 作り方もいろいろ:

« 猫踊りはトリオなのか? | トップページ | Club135メンバーへお知らせ。 »