フォト

« 情景百鬼之図 「猫又誕生」 | トップページ | 本日より 「猫の用心棒」 始まりです。 »

2017.09.05

たまには物を書いてみる。

 猫又のジオラマ4作が仕上がって、今日の休みは模型に触らない、妖怪関係の本も開かないと決めた。といっても、ジオラマ展示に添える物語を書かないといけないので、下書きを推敲する。

 猫の怪異話しで創作してみた。

 家で猫を飼っていないので、猫を知るためには、友人にその様子を聞いたり、テレビのネコ番組を観たりしてほんの少しだけ可愛さが解った気になる。     散歩ちゅうに見かけた野良猫に近づくもすぐ逃げられる・・離れたところから眺めて、なんとなく面白がる。

 家の本棚から引っ張り出した猫に関してのもの、内田百閒の「ノラや」は何度読んでも切ない。行方知れずとなった飼い猫を、いつまでも待つ実小説だ。

柳田国男の「猫の島」は、怪異話しが生まれる元として楽しめる。

井伏鱒二の「庭前」は、飼い猫と一緒に作者がマムシ退治をする話し。前段では庭にいる小さな虫たちの行動が細かく描かれ、

 (この人がジオラマ作ったりしたら、巧いのだろうなぁ。作家の観察眼に感心させらる・・まてまて、だから小説家になれるのじゃぁないか)

 猫が蛇と闘う様が丁寧に書かれている。

 谷崎潤一郎?だったかな・・・猫の尻尾が自分についていれば、面倒な応対は寝転んだまま尻尾で応えることができるのに。そんなことを、書いていたのは。

 ほとんど部屋で寝っ転がってPC作業したり、本を読んでいたので、なんとも自分らしい一日。夕方に窓から入る風が涼しい。

 ニンニクを効かせたタレに鶏肉を漬け込んでいたのを取り出して、食事の支度。休日だ、早めのお酒でいい、氷を入れて焼酎を注ぐ。つけ合わせにオクラをバター炒めして、チーズを入れる。少し焦がして醤油で香ばしく仕上げ。

 もう湯割りでいいかとお酒を注いで、オクラの味見。わさび入チーズにしたのがよかったのか、いつもと味が違ってちょっと美味い。食卓に行く前に、3分の1は台所で酒の肴になってしまう。

 さぁて、あとは書類を印刷して今回の遊びは完了だ。

 

 こんなジオラマを作りました。

170905a

                       Puce

« 情景百鬼之図 「猫又誕生」 | トップページ | 本日より 「猫の用心棒」 始まりです。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すてきな、休日ですね。猫の御本を読んだり、
美味しそうな、お料理をしてお酒を飲んだり、
猫の御本はいろいろあるのですね。私は、浅田次郎さんの『民子』という挿絵の代わりに写真が使われている本が大好きです。何度読んでもウルッとしてしまいます。この度、ご紹介されている猫の御本は読んでみたくなりました。
このようにして、日々研究されてそれが猫又さんたちのような素晴らしい作品として生まれてくるのですね。これからも、素晴らしい作品を作ってください。
そして、是非拝見させてください。楽しみにしています。

極楽大夫様、ありがとうございます。

 小説家と猫の話しは、時間がゆっくりで、読後の余韻があるのがいいですね。浅田次郎の作品は好きで、よく読みます。
 
 今回、僕が作った情景は、猫の怪談から着想をしているものですが、怖くはないので、また機会がありましたら観てくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178893/65754899

この記事へのトラックバック一覧です: たまには物を書いてみる。:

« 情景百鬼之図 「猫又誕生」 | トップページ | 本日より 「猫の用心棒」 始まりです。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ