フォト

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017.10.31

猫又、もどる。

collectores shop 茜  (AKANE) に展示させてもらっていたネコマタ達が、家へ戻ってきました。

171031a
  来店されたお客様に猫又のジオラマを観ていただき、添えた物語も読んでくださった方もおられたとのこと。物語の場面を情景で眺めていただけたのは、作って書いた僕もとても嬉しく、ネコマタ達も喜んでるようで感謝しています。
  外看板を観てくださって、ふらり来られたお客様もおられたようで、妖怪達の姿はどう見えたろう・・・思い出して笑ってもらえたならいいけれど。
  模型に関係なくみていただける方に、挿絵的な作品配置とPOP作りがもっと丁寧にできたらよかったかな。これは、また次の機会があれば・・・ということで。
  ネコマタが、出しゃばりな悪戯もしてくれたし。いろいろ面白くさせていただきました。

  さてさて仕事休みの本日は、戻ってきた猫又たちを部屋に並べてみるも、窮屈そう。気ままに化けて遊ばれても困るので、箱に入っておいてもらうとしましょ。

  夕飯のおかずに使ったホルモンの余りを、カリカリに焼いてウィスキーのつまみにしていたらうつらうつら。気づけば夜も深まった・・・。

 製作中のツクモガミ「傘」も走り出す。
171029c
今夜はもう少し化けさせてあげるとしよう。
                       Pucephalas

2017.10.25

傘をツクッてます。

澁澤龍彦の没後30年回顧展が開催されている。

草案や自筆原稿、蔵書や書斎を飾ったオブジェなどが展示されているなか、河鍋暁斎とツクモガミについて書いた原稿も観れるようだ。
  家から東京までは遠いな、とおい。
171024a
  図録を眺めてウィスキーで、抑えておくしかないか・・・。
  なので、暁斎が描いたツクモガミ傘をツクッている。
00kyosai_kasa_211504 171022d
                Puce

2017.10.16

秋にお酒をしたくて、Club135で集まりました。

先週末はひさしぶりClub135で集ってお酒しました。

お刺身、兜煮、鯛の骨蒸、キス天などなど出る端からお魚を片付けて、ようやく空いたテーブルに作品が出ました。
00pa140276 00pa140267 00pa140260
Fさんの鉄道情景。1/150scaleで、セクションレイアウトとしています。
建物はトミックスのものを塗り替え。
00pa140271
この後、駐輪場や納屋などに小物を足して完成予定とのこと。フィギュアにストーリーを持たせているそうですので、完成が楽しみです。
酔っぱらった帰り道、作品を入れた箱を振りながら歩いていたのが、ちょっと心配・・・
00pa140288
Mさんは、1/35のロシア兵ヴィネットを持って来てくれました。
ファレホアクリルを使い、コントラストを強く付けたフィギュアが印象深く、足下に散らばる瓦礫や破壊されたキューベルワーゲンなど細かくじっくり観れる作品です。
00pa140287 00pa140294
珍しく ? 模型バナシで盛り上がった酒宴でした。
                    club135

2017.10.13

1/35 Aサイクル光線車

00p2025893

semiscratch  1/35  finished by YAGI
 お客様より依頼をいただいて製作しました。海洋堂のソフビキット・メーサー砲車を改造して、Aサイクル光線車としています。
  ゴジラ映画「怪獣大戦争」で、X星人に対抗する兵器として使用されました。
00p2025872 00p2025880 00p2025883
車体はメーサー車のもの。Aサイクル光線発射装置と、後部の拡声器はプラ材と金属線などで自作しました。
00p2025888
牽引車はプラ板などで製作。
00p2025860 00p2025840
                 製作 Pucephalas   (homepage→)

2017.10.06

気配も高まる

ほおずき人間 というモノが居るようだ。

江戸の浮世絵師・歌川国芳などが画に残している。
00hoozuki
この前、作ったジオラマ「猫の用心棒」に、それを登場させた。
妖気が高まっているひとつの現象としての変化の意味合い。
 「けっして自分に妖怪が見えて、それを創造しているわけでは無いのである。」
ーーーーーーーーーーーーーーー
京の都を闊歩した妖怪達、
都の北にある船岡山辺りに籠って、人に反乱したツクモガミ。
  それを話にまとめ、室町時代には絵師が姿を描いた。
  江戸になれば、佐脇嵩之や鳥山石燕が図鑑としてまとめ、歌川国芳、河鍋暁斎らが妖怪達を自由に筆で遊ばせた。

  それがあって面白いので、僕は模型にして遊ぶ。
  ホオズキ人間は、ここに居ます。
00p9063215
 情景の奥に配したチリトリにも1体が隠れているので、
 展示を観てくださる際には、どうぞ覗き込んで探してください。
 広島中区袋町 「ギャラリー茜 (あかね)」 で展示中。
さぁてさて、そろそろ妖怪の気配も上がってきた、新しい仲間を作り始めるとしよう。
せっかくの月夜が雨・・・傘のツクモガミを作ると決めた。
                       Puce

2017.10.02

中四国AFVの会・下関の作品レポートが掲載されました。

今春に下関で開催された、

 中四国AFVの会 のレポートが、公式ページに掲載されています。
参加作品すべて写真がありますので、ぜひご覧ください。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ