フォト

« ツクモガミ 「きゅうそ」 | トップページ | ツクモガミ 「 ごとく猫 」 »

2018.02.25

ツクモガミ 「傘」

00p2161092_2

百鬼之図.24  【ツクモガミ 傘 】
粘土パテ原型  レジン複製品を着色  製作 八木一文
大きさ 12cmくらい
00p2161088 00p2161091 00p2161090

古道具が百年を経て化けたの付喪神。それがつらなり京の町を歩く百鬼夜行。その様子を描いた百鬼夜行絵巻に「傘」が登場する。

  傘にはこんな話もある。和歌山の寺に吊らされていた傘が風に舞い上がり、吹かれるままに肥前国まで飛んで行った。舞い降りたのは山奥の集落。村人は傘を見たことがなかったので、天より下ったこのモノを神と間違えた。拝み奉られるうち、傘に精霊が宿ったらしい。

 社殿を揺らし喋った。ツクモガミに変じたのである。

 『油虫(ゴキブリ)が我が内に入ってきた、お前らが台所の掃除をサボるから虫が湧くのだ。今後一切、村に油虫を出してはならぬ。それと、もうひとつ望みがある、斎女(神に仕える未婚の女性)を置け。約束を破れば、村を滅ぼす』

 しかしひとりの女によって、あっさりと退治された。傘にたいした力はないのである。     (井原西鶴「西鶴諸国話」より)

01p2161087  Pucephalas

河鍋暁斎の描いた傘の付喪神の画を参考に、立体化してみました。

_____________________________

この模型は、ワンダーフェスティバル2018 冬の、SPICE-Oningyohanブースで展示販売させていただいたものです。

« ツクモガミ 「きゅうそ」 | トップページ | ツクモガミ 「 ごとく猫 」 »

SPICE模型作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツクモガミ 「傘」:

« ツクモガミ 「きゅうそ」 | トップページ | ツクモガミ 「 ごとく猫 」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ