« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020.03.30

ツクモガミ 猫又誕生

Nekomatatanjyou
【猫又誕生】
猫又に成るモノにも種類がある。老齢のヤマネコは妖怪となると凶暴で、人を喰らう。化けるのは下手なので、老婆を真似るのがせいぜいだ。狐に化けかたを教わった猫もいて、これも下手な化けざまである。
飼い主の生き血を啜ったり、臨終間際の精気を吸い込んだ猫はバケネコとなる。怨念に支配されているから仇討ちしてなお暴れる。
正統な猫又は、肥後国の根子岳で修行して術を得る。こいつらは化け上手で、美女や美少年に変じて美味しいものを頂戴してご機嫌だ。本来の役目は旧鼠を退治することである。
------------------------------------------
桜の樹下、ネコマタ誕生の場面をジオラマとして、画像加工をしたものです。
製作 Yagi

2020.03.25

ツクモガミ 巾着

0765bdc03ce94074ad44dd4b61dafc87
【付喪神 巾着】
麒麟は千年に一度出現するかどうかの神獣で、時代の大きな変わり目、とても優れた人物の現れる予兆に姿を見せるという。武術に秀でているがその力を使わず、争いを嫌い平和を愛す穏やかな性格とされる。
 さて、百鬼夜行絵巻にも描かれるこのツクモガミは、麒麟を真似たようで凛々しい。本当の姿は「鹿革の巾着」である。首周りの布がその実体だから、妖怪としてだいぶ化けたモノだ。
麒麟の角は一本とされることが多いので、やはり鹿より上のモノには成れなかったのだろう。
-----------------------------------------------------
「百鬼夜行絵巻」「鳥山石燕・画図百鬼夜行」などを参考に模型しました。
製作したフィギュアとジオラマを画像加工したものです。Yagi

2020.03.16

龍頭亀

Ryuutoukame
【 龍頭亀 】
 百鬼夜行絵巻のひとつ「百鬼ノ図」などに描かれている妖怪。
齢九十九年を経れば、妖怪に化ける資格どんなモノにもある。
もともと長寿な亀ならば、それも容易いことであろう。玄武を真似たかの
ような龍面で化けた。

 烏帽子カエルに跨られたこの竜頭の亀と似た姿が「彦火火出尊絵巻」に描かれている。
それは海中の宮殿より戻る山幸彦に従う竜宮の使者が乗る亀だ。
カエルはこれを真似たのかもしれない。だいぶ悦にいっているよう。
絵巻は平安末期の作とされているので、これを模して百鬼ノ図に竜頭亀を登場させたことも考えられる。

神獣の玄武を出すまでもなく、亀は吉兆の動物として語られる。
なかにこんな話がある。
大阪・堺の薬問屋、その屋根に亀の木像が置かれていた。鋭い顔をして往来を睨む姿をしているので、近所の子供たちから怖がられいたという。ある時、町が火事に見舞われた。いまにも火が迫るという時、亀の木像が水を吐いて火の勢いを止めた。時を置いて、その木像は近所の寺にある蔵に収められたのだが、そこでまた火事が起こった。本堂など焼かれるなか、木造の亀の居る蔵だけは消失を逃れたという。
 誰かに想われているうちにモノが化ける。これこそツクモガミだ。

---------------------------------------------------
ジオラマを画像加工したものです。/ Yagi
 

2020.03.11

けさらんぱさらん

Kesaranpasaran_20200311175701
袈裟羅婆裟羅は琵琶の精。
百鬼夜行絵巻にも描かれています。

その名、ケサランパサランは意味が定かではなく、
梵語であるとかポルトガル語であるとか、ケセラセラ(なるようになる)から来ているとか・・・
いろいろ。
「てんぱらばさら」「ヘイサラバサラ」とも読む人がある。
民俗学者で妖怪談義を記した柳田国男は、ヘイサラバサラと言ったとか。
これは和漢三才図にも載っている、動物体内でできる石のことだそうだ。

ケサランパサランは空中を漂う白い毛玉のようなモノ。
植物のアザミの冠毛に似ているが、鷹など猛禽類の吐き出した動物の毛の塊だとの説がある。
どちらも空から降ってくる。

これを妖怪とする説もある。
産み出すのは琵琶の樹とされ、
ケサランパサランを箱に白粉と一緒に入れると育つという。増殖するのだ。
その箱には空気穴をあけておかないといけない。そのままだと窒息して消失してしまう。
手にすれば幸運を呼ぶのだと、代々大切にしまわれている家があるらしい。
年に一度しか見てはならない、二度見ると幸運は逃げてしまうとの言い伝えもある。
江戸時代より、近くは1970年頃にも不思議な生き物として騒がれたのが面白い。

同様の現象は西洋にもあり、
ゴッサマー、エンゼルヘアとも呼ばれる。

なにやら正体はつかみ難いが、
百鬼夜行絵巻などに描かれている、白面行者包に琵琶の葉を被り、木兎の耳を持つこの妖怪を
ケサランパサランとして作って遊んでみました。

----------------------------------------------
ツクモガミ情景模型を画像加工したものです。/ Yagi

2020.03.07

ゴジラなどの作品ページを設けました。

00p1012020
過去に依頼製作させていただいた、ゴジラ・特撮系の作品画像を、プケファラス製作ブログのほうでまとめました。
怪獣好きの方に興味いただけましたらどうぞ。
ページリンク▼▼▼
    Pucephalas 製作ブログ・完成作品・特撮ページ  

00p_kessengod1500p_monstar08
「史上最大の決戦・ゴジラ」「怪獣大戦争・ゴジラ」
00p_gaigan0100angiras17
ガイガンやアンギラス、
00p_walk_kingodgi29
ジオラマ仕立てのレジンキットなども掲載しています。
▼▼▼プケファラス BLOG▼▼▼

2020.03.02

妖怪 あぶらすまし

Pa060413
【油すまし】
ボークス・プラキットを製作 / Yagi
ジオラマ 5cm×5cmサイズ フィギュア 1/35
Pa060406 Pa060410
柳田国男の妖怪談義にも記されている妖怪で、肥後・天草の
草隅峠に現れるとされる。
 峠道を歩いていたお婆さんが、孫に「昔、ここには油瓶を
提げたバケモノが出たそうじゃ」・・・と話すと。
「今も出るぞぉ」と声がした。
Pa060411
道端で出会う怪で、とくになにをするでもない。
浮世絵などに登場するものではなかったが、
その姿は、水木しげる が描いている。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ