« けさらんぱさらん | トップページ | ツクモガミ 巾着 »

2020.03.16

龍頭亀

Ryuutoukame
【 龍頭亀 】
 百鬼夜行絵巻のひとつ「百鬼ノ図」などに描かれている妖怪。
齢九十九年を経れば、妖怪に化ける資格どんなモノにもある。
もともと長寿な亀ならば、それも容易いことであろう。玄武を真似たかの
ような龍面で化けた。

 烏帽子カエルに跨られたこの竜頭の亀と似た姿が「彦火火出尊絵巻」に描かれている。
それは海中の宮殿より戻る山幸彦に従う竜宮の使者が乗る亀だ。
カエルはこれを真似たのかもしれない。だいぶ悦にいっているよう。
絵巻は平安末期の作とされているので、これを模して百鬼ノ図に竜頭亀を登場させたことも考えられる。

神獣の玄武を出すまでもなく、亀は吉兆の動物として語られる。
なかにこんな話がある。
大阪・堺の薬問屋、その屋根に亀の木像が置かれていた。鋭い顔をして往来を睨む姿をしているので、近所の子供たちから怖がられいたという。ある時、町が火事に見舞われた。いまにも火が迫るという時、亀の木像が水を吐いて火の勢いを止めた。時を置いて、その木像は近所の寺にある蔵に収められたのだが、そこでまた火事が起こった。本堂など焼かれるなか、木造の亀の居る蔵だけは消失を逃れたという。
 誰かに想われているうちにモノが化ける。これこそツクモガミだ。

---------------------------------------------------
ジオラマを画像加工したものです。/ Yagi
 

« けさらんぱさらん | トップページ | ツクモガミ 巾着 »

ツクモガミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« けさらんぱさらん | トップページ | ツクモガミ 巾着 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ