2017.04.11

ツクモガミ 踊る猫又

00p2145778

【 踊る猫又 】

 猫は踊る。

 10年経て化けるというが、飼い猫は3年でよいらしい。ニャアニャア言うがほんとうは人語も喋れる。浮世絵などに、手拭を被って踊る猫又の姿がある。これは、人に化けようとしているのだ。先生はキツネなのだとか。髑髏を被って変身するのが本来のやり方で、葉っぱで代用することもある。

 弟子の猫は手拭を道具とするから、ほぼ化けられない。なので、ただ踊っているようにしかみえないらしい。しかし、まれに美少年や美女に化ける手練もいるようだ。

ーーーーーーーーーーーーーー

00p2145779 00p2145780 00p2145782

百鬼之図 .19

ツクモガミ 踊る猫又

製作 八木一文

粘土パテ原型 レジン複製品を組立て着色

高さ6cmくらい

この模型はワンダーフェスティバル2017冬で展示販売しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモガミ 三味線を弾く猫又

00p2145787

【 三味線を弾く猫又 】

 猫は化ける。

 妖怪変化した猫は、尻尾が二股に割れている。昔の話し、人に化けて酔っぱらって捕まった猫又がいたそうだ。尾の長さは四尺(約120cm)あり、先の七八寸(約24cm)くらいから二股に別れていたという。

 猫又は、愛くるしい子猫に化けることもあるらしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

00p2145788 00p2145789 00p2145793

百鬼之図 .20

ツクモガミ 三味線を弾く猫又

製作 八木一文

粘土パテ原型 レジン複製品を組立て着色

高さ5cmくらい

この模型はワンダーフェスティバル2017冬で展示販売しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモガミ 火 車 (かしゃ)

0p2145797

【 火 車 】

 葬式の棺桶が突風に飛ばされ、死体が無くなるという現象があるらしい。生前の悪業によって亡者の骸が地獄へ運ばれたのだという。それは火車という妖怪が迎えに来たせいだ。

 その正体は猫だという。昔話し「猫の恩返し」には、そんな騒動を仕組んむ猫の話しである。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

00p2145798 00p2145801

百鬼之図 .21    ツクモガミ 火 車

製作 八木一文

粘土パテ原型 レジン複製品を組立て着色

高さ6cm 全長cmくらい

この模型はワンダーフェスティバル2017冬で展示販売しました。

(イベント購入のお客様へ。 展示用台座を付属し忘れた商品があり申し訳ありません。ご希望の方は、お手数ですがこちらメールで問い合わせお願いいたします。郵送にて対応させていただきます。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.13

ツクモガミ お知らせ

広島中区袋町にある、ミニチュアショップ

「collectores shop AKANE(茜)」さんのショウケースに、SPICE・ツクモガミシリーズの展示棚を設けていただきました。
Dscn1361
新作ツクモガミの、「のぶすま」 「笙」も飾っていただいています。パッケージも店頭用に作り直してあります。展示品は販売もしてくださいますので、ご興味いただけましたら、ぜひお店まで。
怪獣トイやコレクションフィギュアいろいろ。
ミニカーもいっぱいなお店です。
Dscn1362_2
よろしくお願いします。     SPICE-Oningyohan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

情景百鬼之図 「ツクモガミ 化け提灯」

00p9305437_2

情景百鬼之図 「ツクモガミ 化け提灯」
製作 八木一文
  SPICE-Oningyohanで参加した模型イベントなどで展示販売した、ツクモガミフィギュアを使って情景作品としました。
 00p9305444 00p9305446
化け提灯は江戸時代に描かれた「化物婚礼絵巻」に登場する妖怪を模型としています。
00p9305447 00p9305452 00p9305459
器物百年を経て怪となす。・・・といわれても、この提灯お化けが暴れてもたかが知れてそう。気ままに遊ぶ姿でジオラマに。
水たまりで跳ねる提灯は、目を埋めて表情を変えて、手には蕗の葉を持たせてあげました。
00p9305461 00p9305466 00p9305471
ほぅら、ピョンピョンしているうちに転けちゃいました。あらら、火も着いて破れちゃったし・・・
でもだいじょうぶ、宿った精霊は抜けでて、またどこかで妖怪変化です。
                  製作  Yagi

ツクモガミ・フィギュアについての問い合わせは、メールでお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.03

情景百鬼之図 「ツクモガミ 竜頭亀」

00p9135342_2

情景百鬼之図 「竜頭亀」
製作 八木一文
SPICE-Oningyohanで展示販売したツクモガミ フィギュアを使ってジオラマにしました。
00p9135337 00p9135346 00p9135353
藤棚と太鼓橋のある風景です。
「竜頭亀」は長寿のカメが妖怪変化したもの、頭は竜に変身できたものの、まだまだ歳が足りないのか成り損なった感じがあります。
00p9135348 00p9135357 00p9135359
烏帽子カエルに使われてますし・・・
池の鯉もなにくわぬ顔で泳いでます。
ジオラマは葉書サイズ。
太鼓橋はバルサ材、池は透明レジンで作っています。
                 製作  Yagi


ツクモガミの問い合わせ、作品のご感想などありましたら、メールでお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.14

ツクモガミ 三味長老

00p2043830

ツクモガミ 三味長老(しゃみちょうろう)
粘土パテ原型  レジン複製品を組立て着色
模型サイズ 70mm  製作 八木一文
百鬼之図・ツクモガミシリーズ15作目
三味線の妖怪変化です。江戸時代の絵師・鳥山石燕「画図百鬼夜行」に描かれたものを元にアレンジして模型としました。
 歌比丘尼の弾いた三味線が妖怪変化したものとして、着物の色も法衣ではない薄黄色としました。
00p2043838 00p2043835 00p2043833
本体は三味線。首の周りにあるのは音緒。腰にあるのは胴掛です。
着物の裾は八百比丘尼とも重ねて、魚の尾をイメージして作ってみました。
       Pucephalas
00p2043837
このフィギュアは、ワンダーフェスティバル2016冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイス オニンギョハン)のブースで完成品販売をさせていただきました。
ご感想・問い合わせなどありましたら、こちらのメールまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツクモガミ 如意とんぼ

00p2043821_2

ツクモガミ 如意とんぼ
粘土パテ原型  レジン複製品を組立着色
模型サイズ 羽幅100mm 長80mm
製作者 八木一文
百鬼之図・ツクモガミシリーズの14作目。
僧が読経説法する際に手にする法具の如意(にょい)が妖怪変化したものです。江戸時代の絵師・土佐光信「妖怪絵巻・百鬼之図」などに描かれた付喪神です。
 その画をもとにアレンジして模型としました。
どんな偉いお坊さんも百を超えては生きられまい。百年を経て手から離れられた如意は空を飛ぶのも思うまま。
00p2043829_2 00p2043824_2
         Pucephalas   
このフィギュアは、ワンダーフェスティバル2016冬で、
SPICE-ONINGYOhan(スパイス オニンギョハン)のブースで完成品販売をさせていただきました。
ご感想・問い合わせなどありましたら、こちらのメールまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.17

新しいのを製作ちゅう

2月の模型イベントへ向けて、ツクモガミの新作を製作ちゅうです。

151213a 151213b
三味線の変化「三味長老」の原型が上がりました。
151213c 151213d
如意の変化「如意トンボ」の原型も上がりました。
・・・・・
このまま、複製に入ると部屋がますます散らかって、大掃除どころか正月気分も無くなるので、しばらくはツクモガミにおとなしくいてもらうとして、
もう1品、製作に入りました。久しぶりに縄文系を作ります!!
バタバタするのは、年明けてからでいい。
       Puce

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.22

情景百鬼之図「ツクモガミ・はがま」

00pb173293

情景百鬼之図「ツクモガミ・はがま」
ツクモガミ 羽釜 洛外の民家
SPICEツクモガミシリーズ  模型製作 八木一文

ツクモガミ羽釜を使ってジオラマとしました。
羽釜はSPICEアイテムをセルフアレンジしています。(羽釜の中の眼、手の笹など)
00pb173287 00pb173290 00pb173305
 建物は平安後期〜室町頃の洛外の民家をイメージして、バルサとプラ材で製作しました。
00pb173312 00pb173313 00pb173292
南天は紙製のジオラマ素材を加工して、実は造花の部品を流用。
干し柿はエポキシパテで作りました。
羽釜の中にビーズ玉を加工した眼をを仕込んだのですが、ほんど見えず無念(笑)
よい機会に、どこかで誰かに観ていただければ嬉しいな。
    製作 Pucephalas
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧